ショート・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ショート・ブラザーズ (Short Brothers plc) は、イギリス航空機メーカー。 ほとんどの場合、ショート、あるいはショーツ (Shorts) と省略される。現在、北アイルランドベルファストに拠点を置く。現在は航空機の製造を止め、ボンバルディア・エアロスペースの傘下で、ナセル・システム、胴体とフライト・コントロールを設計、製造している。

1908年に創立され、ショート・ブラザーズは世界で最初の生粋な航空機メーカーとなった。1920年代から1930年代にかけての間と第二次世界大戦を通して著名な飛行艇のメーカーであった。戦後から間もない期間には、イギリス軍の依頼を受けていくつかの実験機を製作した。

1913年には艦載機フォールダーのため折り畳み翼機構を開発して特許を取得した[1]

1960年代から、それまで主力になっていた飛行艇の製造から貨物機の製造に切り替えた。1989年に同社は、カナダボンバルディアに買収された。

ショート・ブラザーズは北アイルランドにおける最大規模の製造系企業である。今日、同社の製品は、親会社であるボンバルディア・エアロスペースはもちろん、ボーイングロールス・ロイス・ホールディングス傘下のロールス・ロイス・ドイッチュラントゼネラル・エレクトリックプラット・アンド・ホイットニーなど他社向けに航空機のコンポーネントやエンジン・ナセルを製造している。

製造していた航空機[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Patents secured by Short Brothers including patents nos. 1792/13, 15727/13 and 28610/13, 5290/14, 20537/14 and 9276/15, see Barnes and James, pp. 92, 110