ショーワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社ショーワ
SHOWA CORPORATION
SHOWA Corporation company logo.svg
Showa Corporation Head Office.JPG
ショーワ本社
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
361-8506
埼玉県行田市藤原町一丁目14番地1
設立 1938年10月28日
業種 輸送用機器
法人番号 8030001086904 ウィキデータを編集
事業内容 自動車部品
代表者 代表取締役社長 杉山伸幸
資本金 126億98百万円(2017年3月31日現在)
発行済株式総数 76,020,019
売上高 連結:2,866億9,200万円
単体:1,110億3,500万円
(2019年3月期)
営業利益 連結:301億4,200万円
単体:71億6,500万円
(2019年3月期)
総資産 連結:2,102億7,500万円
単体:1,220億1,400万円
(2019年3月期)
従業員数 連結:12,615人
単体:2,710人
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 本田技研工業 33.50%
主要子会社 (株)ホンダカーズ埼玉北
外部リンク www.showa1.com
特記事項:売上高等の数値はIFRS
テンプレートを表示

株式会社ショーワ: Showa Corporation)は、大手自動車部品メーカー。本社は埼玉県行田市東証一部上場。

概要[編集]

二輪・四輪車向けショックアブソーバー(緩衝器)およびパワーステアリングシステムを主力製品とし、輸送用機器の精密機能部品などを製造。本田技研工業のグループ企業だが、日本国内外のメーカーにも部品を供給している。

モータースポーツ活動からフィードバックしたショックアブソーバーと、専用スプリングをセットし一般ユーザー向けの自動車用自社ブランド、『SHOWA TUNING』がある。

本田技研工業は2019年10月30日に、ショーワ、ケーヒン日信工業の3社の株式を株式公開買付けで取得することを発表。3社は株式公開買付け成立後に本田技研工業の完全子会社となった後に、日立オートモティブシステムズを存続会社とした経営統合を実施し、ショーワは解散する予定[1]。なお、子会社であるホンダカーズ埼玉北の株式は、2020年5月15日テイ・エス テックへ譲渡される予定[2][3]

沿革[編集]

  • 1938年 - 昭和航空精機株式会社として東京都板橋区に設立。
  • 1946年 - 本社を東京都王子区(現・北区)に移転。商号を株式会社昭和製作所に変更。
  • 1953年 - 2輪車用ショックアブソーバの製造を開始。
  • 1958年 - スーパーカブ用サスペンションの量産を開始。
  • 1959年 - 2輪レース用ショックアブソーバーの供給を開始(マン島TTレース)。
  • 1960年 - 愛知県春日井市に名古屋工場を設立。二輪車用ショックアブソーバ(フロントフォーク、リヤクッション)を製造。
  • 1962年 - 4輪車用ショックアブソーバーの生産を開始。
  • 1964年 - F1用ショックアブソーバーの供給開始。
  • 1965年 - 埼玉県行田市に埼玉工場を設立。四輪車用ショックアブソーバを製造。
  • 1972年 - シビック用ショックアブソーバーの量産開始。
  • 1974年 - 海外2輪メーカーにショックアブソーバーの供給を開始。静岡県袋井市に浅羽工場を設立。二輪車用フロントフォークを製造。
  • 1976年 - アコード用ショックアブソーバーの量産を開始。
  • 1978年 - インドネシアにピー・ティー・ショーワ・インドネシア・マニュファクチャリングを設立。
  • 1981年 - ブラジルにショーワ・ド・ブラジル・リミターダを設立。
  • 1982年 - モトクロスアメリカ4タイトル独占、WGP500初タイトル獲得(ショーワ製ショックアブソーバーを装着)。
  • 1986年 - インドにムンジャル・ショーワ・リミテッドを設立。
  • 1988年 - 倒立フロントフォークを初めて導入(NS250R
  • 1988年1991年 - マクラーレン・ホンダ、F1の4年連続総合優勝を達成(ショーワ製ショックアブソーバーを装着)。
  • 1990年 - 栃木県芳賀郡芳賀町に栃木研究所(現・栃木開発センター)を設立。
  • 1991年 - 本社を埼玉県行田市に移転。
  • 1993年 - 精機技研工業株式会社と合併し、商号を株式会社ショーワに変更。パワーステアリングの製造が加わる。タイにサミット・ショーワ・マニファクチャリング・カンパニー・リミテッドを設立。
  • 1994年 - 米国の子会社3社(ショーワ・アメリカン・インコーポレイテッド、サンベリー・コンポーネント・インダストリーズ・インコーポレイテッド、ブランチェスター・エフシーエム・インコーポレイテッド)が合併、同時に商号をアメリカン・ショーワ・インコーポレイテッドと変更。
  • 1997年 - 世界初ラック・アシスト電動パワーステアリングの量産化に成功。
  • 2001年 - 北米最高峰のオープンホイールカテゴリー、CARTにTeam KOOL Greenを通じ初参戦(ショーワ製ショックアブソーバを装着)。
  • 2002年 - WGPをはじめ、世界各地の2輪レースでショーワ製ショックアブソーバー搭載車がタイトルを席巻。
  • 2003年 - カスタマイズ市場へオリジナルブランド SHOWA TUNING を投入。
  • 2005年 - B・A・RホンダにF-1用ショックアブソーバーを供給。
  • 2020年 - 株式会社ホンダカーズ埼玉北の全株式をテイ・エス テックへ譲渡する予定。

生産拠点[編集]

日本国内[編集]

開発拠点[編集]

  • 4輪開発センター・埼玉 - 埼玉県行田市
  • 4輪開発センター・栃木 - 栃木県芳賀郡芳賀町
  • 2輪開発センター・浅羽 - 静岡県袋井市

生産技術拠点[編集]

  • 生産技術本部・埼玉

関係会社[編集]

  • 株式会社九州ショーワ
  • 株式会社ショーワ精工
  • 株式会社ホンダカーズ埼玉北[4]

日本国外[編集]

アジア[編集]

  • Kaifa Industry Co,Lid.
  • 上海昭和汽車配件有限公司
  • 広州昭和汽車零部件有限公司
  • 広州昭和汽車零部件有限公司 武漢分公司
  • 成都寧江昭和汽車零部件有限公司
  • Summit Showa Manufacturing Co,Ltd.
  • P.T Showa Indonesia Manufacturing
  • Machino Auto-Parts Co,Ltd.
  • Munjal Showa Ltd.
  • SHOWA AUTOPARTS (THAILAND) CO.,LTD.
  • SHOWA INDIA PVT. LTD.

ヨーロッパ[編集]

  • Showa UK Ltd.

北アメリカ[編集]

  • American Showa, Inc. Sunbury Plant&Head Office
  • American Showa, Inc. Los Angeles Office
  • American Showa, Inc. Milwaukee Office
  • American Showa, Inc. Blanchester Plant
  • Showa Canada Inc.
  • Showa AUTOPARTS MEXICO, S.A. de C.V.

南アメリカ[編集]

  • Showa DO Brasil Ltda.
  • Showa Industria Comercio Ltda.

関連項目[編集]

脚注[編集]