ショーン・ゲラエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショーン・ゲラエル
基本情報
国籍  インドネシア
生年月日 (1996-11-01) 1996年11月1日(22歳)
出身地 ムハンマド・ショーン・リカルド・ゲラエル
Muhammad Sean Ricardo Gelael
 インドネシア
同・ジャカルタ
過去参加シリーズ
2012
2012
2013-14
2013-14
2015
2015-16
2017
フォーミュラ・アバルト
フォーミュラ・ピロータ チャイナ
イギリス・フォーミュラ3
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ
GP2シリーズ
FIA フォーミュラ2選手権

ムハンマド・ショーン・リカルド・ゲラエルMuhammad Sean Ricardo Gelael, 1996年11月1日 - )は、中華系インドネシア人のレーシングドライバー

経歴[編集]

カート[編集]

カート時代に挙げた上位の成績としては、2011年の「アジアン・カーティング・オープン・チャンピオンシップ - フォーミュラ125・シニア・オープン」で総合3位を記録している。

アジアン・シリーズ[編集]

2012年中国マレーシアで開催される、「フォーミュラ・ピロータ チャイナ」(Formula Pilota China)へ参戦する。同シリーズのアジア人を対象とするランキング、「ベスト・アジアン・ドライバー・トロフィー」で首位のパース・ゴールパデー英語版に次ぐ2位となる。総合順位でも4位と上位につけた。同年、ゲストドライバーとしてBVM(BVM)から「フォーミュラ・アバルト」(Formula Abarth)にエントリーする。モンツァ・サーキットで行われた最終戦に出場した。

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

F3参戦時のゲラエル。
ホッケンハイムリンクにて。2014年)

2013年は、ダブル・R・レーシング英語版から「FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」へ参戦する。翌年は、カーリン(Carlin)へ移籍してシーズンに挑んだ。2年目の第3戦パウ・サーキット(Pau Circuit)で10位に入り初入賞を果たす。最終的に25ポイントを獲得して、総合18位となった[1]

イギリス・フォーミュラ3選手権[編集]

2013年、「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」と同じダブル・R・レーシングから「イギリス・フォーミュラ3選手権」に参戦した。チームメイトはアントニオ・ジョヴィナッツィ。開幕戦シルバーストン・サーキットレース1・2で3位に入りいきなり表彰台を獲得した。その後も安定した走りを続け、総合8位でシーズンを終えた。

マスターズ・オブ・フォーミュラ3[編集]

2013年7月7日に開催された、「マスターズ・オブ・フォーミュラ3」に参戦する。決勝レースはリタイアで終えた[2]

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ[編集]

2015年1月20日、カーリンから「フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ」に参戦することを発表。トム・ディルマン英語版とタッグを組んだ。

GP2シリーズ[編集]

2015年、シーズン中盤の第6戦ハンガロリンクで「GP2シリーズ」デビューを果たす。フィーチャーレースを18位、スプリントレースを20位で終えた[3]

翌年はプルタミナ・カンポス・レーシング(Pertamina Campos Racing)へ移籍し、ミッチ・エバンス英語版と共にフルシーズン挑むことになった。第4戦レッドブル・リンクのフィーチャーレースでは、チームメイトのエバンスに続く2位に入り1-2フィニッシュを飾る[4]。同時にこれがゲラエルの「GP2シリーズ」初表彰台となった。

F1[編集]

2017年3月、トロ・ロッソとテストドライバーの契約を結んだことを発表した[5]。2018年もトロ・ロッソでテストドライバーを務める[6]2019年も同職に留まる[7]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2012 フォーミュラ・ピロータ チャイナ ユーラシア・モータースポーツ 18 1 1 2 6 132 4位
フォーミュラ・アバルト BVM 3 0 0 0 0 0 NC
2013 イギリス・フォーミュラ3選手権 ダブル・R・レーシング 12 0 0 1 3 78 8位
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 30 0 0 0 0 0 28位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 0 NC
2014 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 カーリン 33 0 0 0 0 25 18位
イギリス・フォーミュラ3選手権 3 0 0 0 3 0 NC
2015 フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ 17 0 0 0 0 7 19位
GP2シリーズ 9 0 0 0 0 0 30位
2015-16 アジアン・ル・マン・シリーズ ユーラシア 2 2 1 0 2 51 3位
2016 GP2シリーズ プルタミナ・カンポス・レーシング 22 0 0 0 1 24 15位
ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ SMPレーシング 1 0 0 0 0 10 24位
FIA 世界耐久選手権 - LMP2 エクストリーム・スピード・モータースポーツ 3 0 0 0 1 40 12位
2017 FIA フォーミュラ2選手権 プルタミナ・アーデン 22 0 0 0 0 17 15位
フォーミュラ1 スクーデリア・トロ・ロッソ テストドライバー
2018 FIA フォーミュラ2選手権 プルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング 23 0 0 0 1 29 15位
フォーミュラ1 レッドブル・トロ・ロッソ・ホンダ テストドライバー
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント
2013年 ダブル・R・レーシング MNZ
1

14
MNZ
2

16
MNZ
3

17
SIL
1

24
SIL
2

16
SIL
3

18
HOC
1

21
HOC
2

27
HOC
3

Ret
BRH
1

23
BRH
2

22
BRH
3

Ret
RBR
1

22
RBR
2

17
RBR
3

20
NOR
1

Ret
NOR
2

21
NOR
3

15
NÜR
1

20
NÜR
2

18
NÜR
3

13
ZAN
1

17
ZAN
2

20
ZAN
3

20
VAL
1
Ret
VAL
2
21
VAL
3
Ret
HOC
1

25
HOC
2

24
HOC
3

13
28位 0
2014年 カーリン SIL
1

15
SIL
2

20
SIL
3

NC
HOC
1

13
HOC
2

20
HOC
3

22
PAU
1

10
PAU
2

Ret
PAU
3

Ret
HUN
1

10
HUN
2

21
HUN
3

13
SPA
1

18
SPA
2

13
SPA
3

13
NOR
1

9
NOR
2

17
NOR
3

6
MSC
1

17
MSC
2

17
MSC
3

11
RBR
1

12
RBR
2

7
RBR
3

10
NÜR
1

16
NÜR
2

21
NÜR
3

11
IMO
1

10
IMO
2

16
IMO
3

Ret
HOC
1

10
HOC
2

18
HOC
3

8
18位 25

(key)

  •  : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2015年 カーリン ALC
1

Ret
ALC
2

15
MON
1

8
SPA
1

15
SPA
2

12
HUN
1

15
HUN
2

Ret
RBR
1

Ret
RBR
2

Ret
SIL
1

Ret
SIL
2

10
NÜR
1

15
NÜR
2

16
BUG
1

16
BUG
2

17
JER
1

16
JER
2

9
19位 7

(key)

GP2/FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2015年 カーリン BHR
FEA
BHR
SPR
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA

18
HUN
SPR

20
SPA
FEA

20
SPA
SPR

21
MNZ
FEA
MNZ
SPR
SOC
FEA

19
SOC
SPR

21
BHR
FEA

23
BHR
SPR

15
YMC
FEA

Ret
YMC
SPR

C
30位 0
2016年 プルタミナ・カンポス・レーシング CAT
FEA

17
CAT
SPR

13
MON
FEA

13
MON
SPR

Ret
BAK
FEA

7
BAK
SPR

Ret
RBR
FEA

2
RBR
SPR

Ret
SIL
FEA

21
SIL
SPR

18
HUN
FEA

22
HUN
SPR

10
HOC
FEA

Ret
HOC
SPR

Ret
SPA
FEA

18
SPA
SPR

15
MNZ
FEA

DSQ
MNZ
SPR

16
SEP
FEA

16
SEP
SPR

Ret
YMC
FEA

Ret
YMC
SPR

21
15位 24
2017年 プルタミナ・アーデン BHR
FEA

17
BHR
SPR

17
CAT
FEA

15
CAT
SPR

16
MON
FEA

13
MON
SPR

12
BAK
FEA

14
BAK
SPR

10
RBR
FEA

10
RBR
SPR

11
SIL
FEA

9
SIL
SPR

16
HUN
FEA

14
HUN
SPR

10
SPA
FEA

15
SPA
FEA

17
MNZ
FEA

5
MNZ
SPR

6
JER
FEA

16
JER
SPR

16
YMC
FEA

15
YMC
SPR

14
15位 17
2018年 プルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング BHR
FEA

7
BHR
SPR

16
BAK
FEA

10
BAK
SPR

Ret
CAT
FEA

Ret
CAT
SPR

6
MON
FEA

2
MON
SPR

Ret
LEC
FEA

Ret
LEC
SPR

18
RBR
FEA

13
RBR
SPR

Ret
SIL
FEA

Ret
SIL
SPR

15
HUN
FEA

13
HUN
SPR

11
SPA
FEA

16
SPA
SPR

Ret
MNZ
FEA

11
MNZ
SPR

Ret
SOC
FEA

DNS
SOC
SPR

12
YMC
FEA

17
YMC
SPR

Ret
15位 29

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 ランク ポイント
2016年 SMPレーシング LMP2 BRエンジニアリング・BR01 日産・VK45DE 4.5 L V8 SIL
5
IMO RBR LEC SPA EST 24位 10

(key)

FIA 世界耐久選手権[編集]

エントラント クラス 車両 エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ランク ポイント
2016年 エクストリーム・スピード・モータースポーツ LMP2 リジェ・JS P2 日産 VK45DE 4.5 L V8 SIL SPA LMN NÜR MEX COA FUJ
4
SHA
2
BHR
5
12位 40

(key)

F1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2017年 トロ・ロッソ STR12 トロ・ロッソ 1.6 V6 t AUS CHN BHR RUS ESP MON CAN AZE AUT GBR HUN BEL ITA SIN
TD
MAL
TD
JPN USA
TD
MEX
TD
BRA ABU - -
2018年 STR13 ホンダ RA618H 1.6 V6 t AUS BHR CHN AZE ESP MON CAN FRA AUT GBR GER HUN BEL ITA SIN RUS JPN USA
TD
MEX BRA ABU - -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014 European Formula Three Championship standings”. GP UPDATE.NET. 2017年4月5日閲覧。
  2. ^ Race results - Masters of Formula 3: Circuit Park Zandvoort 2013”. GP UPDATE.NET. 2017年4月5日閲覧。
  3. ^ GP2 Series 2015 Results - Hungaroring, Hungary”. GP2 SERIES™. 2017年4月5日閲覧。
  4. ^ GP2 Series 2016 Results - Red Bull Ring, Austria”. GP2 SERIES™. 2017年4月5日閲覧。
  5. ^ トロロッソ、F2ドライバーのショーン・ジェラエルをインシーズンテストに起用へ”. AUTO SPORT web (2017年3月25日). 2017年4月5日閲覧。
  6. ^ ショーン・ゲラエル「今年もトロロッソ・ホンダのテストドライバーを務める」”. TOPNEWS (2018年1月10日). 2018年10月16日閲覧。
  7. ^ 【トロロッソ・ホンダ】ゲラエル「150周もしたよ!たくさんのデータ収集ができた」”. www.topnews.jp (2018年11月29日). 2018年11月29日閲覧。