ショーン・ヒル (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショーン・ヒル
Shawn Hill
Shawn Hill on September 29, 2012.jpg
トロント・ブルージェイズ時代
(2012年9月29日)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州ミシサガ
生年月日 (1981-04-28) 1981年4月28日(37歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト6巡目(全体165位)でモントリオール・エクスポズから指名
初出場 2004年6月29日 フィラデルフィア・フィリーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2004年
WBC 2013年
プレミア12 2015年
獲得メダル
男子 野球
カナダの旗 カナダ
パンアメリカン競技大会
2015 野球

ショーン・リチャード・ヒルShawn Richard Hill, 1981年4月28日 - )は、カナダ連邦オンタリオ州ミシサガ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はフリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カナダ連邦オンタリオ州トロント郊外のミシサガで生まれる。

1999年のMLBドラフト33巡目(全体1012位)でサンディエゴ・パドレスから指名されたが、契約には至らなかった。

エクスポズ / ナショナルズ時代[編集]

2000年ドラフト6巡目(全体165位)でモントリオール・エクスポズから指名され、6月16日に契約。

2004年6月29日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。2度目の登板となった7月4日トロント・ブルージェイズ戦で初勝利を挙げたが、7月9日の登板を最後にマイナーへ降格した[1]。8月にはアテネオリンピック野球カナダ代表に選出された。予選のイタリア戦と準決勝のキューバ戦に先発した。準決勝ではキューバを6回2失点に抑えたが、カナダは8回に逆転され決勝進出を逃した(最終順位は4位)[2]

2005年トミー・ジョン手術のため全休した。

2007年は自己最多の16試合97.1回を投げ、防御率3.42、WHIP1.14という好成績を残した。

2008年は防御率5点台と振るわず、9月に右肘の骨棘除去手術を受けた。

パドレス時代[編集]

2009年3月18日に放出され、3月23日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。4月に3試合に先発登板したが、右肘の故障が再発して戦線を離脱。6月に2度目のトミー・ジョン手術を受け、10月8日にパドレスから解雇された。

ブルージェイズ時代[編集]

2010年1月22日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[3]。11月15日に放出された。

2011年1月29日フロリダ・マーリンズとマイナー契約を結んだが、4月2日に放出された。

レボリューション時代[編集]

2012年独立リーグであるアトランティックリーグヨーク・レボリューションと契約を結んだ。

ここでは、7試合に登板し2勝0敗、防御率2.43だった。

ブルージェイズ復帰[編集]

2012年6月18日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[4]

9月11日に第3回WBC予選のカナダ代表が発表され[5]代表入りした[6][7]。同大会では9月20日イギリス戦で1失点7奪三振の好投で勝利投手になった[8]。その直後の9月24日にメジャー昇格し[9]、帰国した。オフの10月10日にFAとなった。

タイガース傘下時代[編集]

2012年11月12日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[10]

2013年1月17日に第3回WBC本戦のカナダ代表が発表され[11]、代表入りした[12][13]

シーズンでは、AAA級トレド・マッドヘンズで26試合に登板し、4勝14敗、防御率5.51だった。11月5日にFAとなった。

2度目のブルージェイズ復帰[編集]

2014年3月24日に古巣・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

レボリューション復帰[編集]

2015年は古巣の独立リーグであるアトランティックリーグのヨーク・レボリューションと契約を結んだ。

6月17日に2015年パンアメリカン競技大会の男子野球カナダ代表に選出されたことが発表され[14]代表入りしている[15][16][17]。チームは2大会連続2度目の優勝を果たし[18]、金メダルを獲得した。

オフの10月20日に第1回WBSCプレミア12のカナダ代表に選出されたことが発表され[19]代表入りしている[20]

選手としての特徴[編集]

全投球の7割近くを速球(平均急速は89マイル程度)が占める。メジャーデビュー当時はカーブを投げることが多かったが、近年はチェンジアップの比率が増えている[21]

カナダのオンタリオ州トロントに本拠地を置くトロント・ブルージェイズ、かつてカナダのケベック州モントリオールに本拠地を置いていたモントリオール・エクスポズ(現在は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.に本拠地を移転しワシントン・ナショナルズとして存在している)に在籍していた経験をもつカナダ人選手のうちの一人(ヒルの他には、デニス・ブーシェロブ・デューシーマット・ステアーズがいる)。

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 MON
WSH
3 3 0 0 0 1 2 0 0 .333 51 9.0 17 1 7 0 1 10 0 0 16 16 13.00 2.67
2006 6 6 0 0 0 1 3 0 0 .250 51 36.2 43 2 12 2 3 16 1 0 20 19 4.66 1.50
2007 16 16 0 0 0 4 5 0 0 .444 399 97.1 86 9 25 2 5 65 2 0 42 37 3.42 1.14
2008 12 12 0 0 0 1 5 0 0 .167 296 63.1 88 5 23 2 1 39 2 1 47 41 5.83 1.75
2009 SD 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 56 12.0 15 1 3 0 1 7 0 0 7 7 5.25 1.50
2010 TOR 4 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 91 20.2 24 1 4 0 1 14 1 0 8 6 2.61 1.36
2012 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 11 3.0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.67
MLB:7年 45 44 0 0 0 10 18 0 0 .357 1067 242.0 273 19 76 6 12 151 6 1 140 126 4.69 1.44

背番号[編集]

  • 49 (2004年)
  • 41 (2006年 - 2008年)
  • 34 (2009年)
  • 54 (2009年)
  • 31 (2010年)
  • 45 (2012年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Shawn Hill Game Log: 2004,ESPN.com(英語),2010年9月13日閲覧
  2. ^ 第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ) 試合結果 (決勝トーナメント) - 日本野球機構オフィシャルサイト
  3. ^ Jordan Bastian(2010-01-22),Jays sign Hill to Minor League contract,bluejays.com(英語),2010年9月13日閲覧
  4. ^ http://www.mlbtraderumors.com/2012/06/blue-jays-sign-shawn-hill.html
  5. ^ Baseball Canada announces World Baseball Classic Qualifier roster Baseball Canada (2012年9月11日) 2015年2月19日閲覧
  6. ^ 2012 World Baseball Classic Qualifier Roster Baseball Canada 2015年2月19日閲覧
  7. ^ 2012 Qualifier Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ Blue Jays Roster Moves”. MLB.com Blue Jays Press Release (2012年9月24日). 2014年2月12日閲覧。
  10. ^ Minor Moves: Rangers, Bourgeois, Hill
  11. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (英語) (2013年1月17日) 2015年2月19日閲覧
  12. ^ 2013 World Baseball Classic Provisional Roster Baseball Canada (英語) 2015年2月19日閲覧
  13. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月19日閲覧。
  14. ^ CANADIAN MEN'S BASEBALL TEAM NOMINATED FOR TORONTO 2015 PAN AM GAMES Baseball Canada (英語) (2015年6月17日) 2015年7月20日閲覧
  15. ^ Provisional Athletes List Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月20日閲覧 (PDF)
  16. ^ Baseball - Athlete Profile Canada Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) 2015年7月20日閲覧
  17. ^ Canadian Men's Baseball Team - 2015 Pan American Games Baseball Canada (英語) 2015年7月20日閲覧 (PDF)
  18. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年4月8日閲覧
  19. ^ Baseball Canada announces roster for inaugural Premier12™ Baseball Canada (英語) (2015年10月20日) 2015年10月24日閲覧
  20. ^ 2015 Baseball Canada Premier 12 Roster Baseball Canada (英語) 2015年10月24日閲覧 (PDF)
  21. ^ Shawn Hill » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball

関連項目[編集]