ショーン・ラビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショーン・ラビット
Sean Rabbitt
Figure skating pictogram.svg
基本情報代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国生年月日 (1990-04-08) 1990年4月8日(29歳)出生地 カリフォルニア州 オレンジ選手情報コーチ タミー・ギャンビル
リチャード・ドーンブッシュ元コーチ ジャスティン・ディロン
ピーター・オペガード振付師 ショーン・ラビット元振付師 シンディ・スチュアート
ジャスティン・ディロン
カレン・クワン=オペガード
ショーン・ラビット
ピーター・オペガード所属クラブ Glacier Falls FSCISU パーソナルベストスコアトータルスコア 195.83 2018 CSネペラ杯
(209.66 2016 CS USクラシック)ショート 70.98 2018 CSネペラ杯
(72.45 2016 CS USクラシック)フリー 124.85 2018 CSネペラ杯
(137.21 2016 CS USクラシック)■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ショーン・ラビット英語: Sean Rabbitt, 1990年4月8日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2015年スケートカナダオータムクラシック3位。

人物[編集]

マンゴーアレルギーである。

1歳年上の兄は日本人女性と結婚しており、自身も大学で日本語を学んだ経験がある[1]

経歴[編集]

2002年に全米選手権の予選であるリージョナル選手権に出場し始めた。ペアスケーターとしては2003年と2004年にジュブナイルクラスで全米選手権に出場したが、その後シングルに専念した。

2009-2010シーズン、ジュニアクラスでシングルのスケーターとして初めて全米選手権の本戦に出場し11位だった。翌シーズンにシニアクラスへ上がり、全米選手権では20位に入った。

2011-2012シーズン、全米選手権の予選であるパシフィックコーストセクショナル選手権で5位となった。そこで上位4位以内に入ることができなかったため、本戦への出場はならなかった。シーズン終了後にピーター・オペガードからタミー・ギャンビルにコーチを変更し、練習拠点をリバーサイドへ移した。

2015-2016シーズン、自身初の国際大会であるオータムクラシックで銅メダルを獲得した。

主な戦績[編集]

大会/年 2009
-10
2010
-11
2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
全米選手権 11 J 20 19 14 12 9 8 14 8 TBD
CS ネペラ杯 7
CS USクラシック 7 8
CSゴールデンスピン 15
オータムクラシック 3

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 9
68.60
7
135.86
8
204.46
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月14日-22日 全米フィギュアスケート選手権カンザスシティ 11
73.41
7
154.61
8
228.02
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 7
72.45
7
137.21
7
209.66
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月15日-24日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 9
66.71
10
125.92
9
192.63
2015年12月2日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 15
54.34
12
119.75
15
174.09
2015年10月12日-15日 2015年スケートカナダオータムクラシックバリー 4
64.75
3
136.95
3
201.70
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月17日-25日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 11
71.39
12
139.85
12
211.24
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 15
60.58
14
122.76
14
183.34
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 15
62.87
18
118.79
19
181.66
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 21
51.42
19
104.29
20
155.71
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(スポケーン 10
50.94
10
97.61
11
148.55

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS
2016-2017 テレビドラマ『エデンの東』より
作曲:リー・ホールドリッジ
振付:ショーン・ラビット
マンボメドレー
演奏:ペレス・プラード
振付:シンディ・スチュアート
2015-2016 バッカナール 歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ジャスティン・ディロン
ヘ調の協奏曲
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:シンディ・スチュアート
2014-2015 シング・シング・シング パート2 ミュージカル『フォッシー』より
作曲:ルイ・プリマ
振付:シンディ・スチュアート
2013-2014 リヴ・フォーエヴァー
作曲:ブライアン・メイ
振付:ジャスティン・ディロン
2012-2013 One Mint Julep 映画『恋は邪魔者』サウンドトラックより
演奏:ザビア・クガート
振付:シンディ・スチュアート
ダフニスとクロエ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:かワン・クワン=オペガード
2011-2012 映画『ラストサムライ』より
作曲:ハンス・ジマー
映画『SAYURI』より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
振付:ショーン・ラビット、ピーター・オペガード
2010-2011 今夜はビート・イット
スリラー
曲:マイケル・ジャクソン
The Offspring of the Dragons
作曲:侯德健
2009-2010 タンゴ・デ・ロス・エクシラドス
演奏:ヴァネッサ・メイ
バレエ『ガイーヌ』より
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
歌劇『サロメ』より
作曲:リヒャルト・シュトラウス

脚注[編集]

  1. ^ Interview With Sean Rabbitt

参考文献[編集]