ショーン・リードフォーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショーン・リードフォーリー
Sean Reid-Foley
トロント・ブルージェイズ #54
Sean Reid-Foley 2016.jpg
A級ランシング・ラグナッツ時代
(2016年4月22日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 グアムの旗 グアム準州アガニャ・ハイツ
生年月日 (1995-08-13) 1995年8月13日(23歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 MLBドラフト2巡目
初出場 2018年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ショーン・イアン・リードフォーリーSean Ian Reid-Foley, 1995年8月13日 - )は、アメリカ合衆国グアム島アガニャ・ハイツ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ所属。

経歴[編集]

2014年MLBドラフト2巡目(全体49位)でトロント・ブルージェイズから指名され、プロ入り。6月27日に傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズでプロ初登板を果たした。9月3日にプレーオフに進出したA-級バンクーバー・カナディアンズに昇格した。だが、本人はプレーオフに出場していない。

2015年はA級ランシング・ラグナッツとA+級ダニーデン・ブルージェイズでプレーし、2球団合計で25試合に先発登板して4勝10敗・防御率4.22・125奪三振の成績を残した。

2016年もA級ランシングとA+級ダニーデンでプレーし、2球団合計で21試合に先発登板して10勝5敗・防御率2.81・130奪三振の成績を残した。

2017年はAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツでプレーし、27試合に先発登板して10勝11敗・防御率5.09・122奪三振の成績を残した。

2018年は開幕をAA級ニューハンプシャーで迎えた。AAA級バッファロー・バイソンズを経て8月13日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。メジャーデビューとなった同日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では、先発して5回3失点で敗戦投手となった[2]。なお、この試合ではバッテリーを組んだ捕手のダニー・ジャンセンもメジャーデビューした。先発出場のバッテリーが同時にメジャーデビューしたのは、アメリカンリーグでは1967年ボストン・レッドソックスビリー・ロア英語版ラス・ギブソン英語版のコンビ以来、51年ぶりだった[3]。9月2日のマイアミ・マーリンズ戦で、7回1失点で10奪三振を記録し、メジャー初勝利投手になった[4]。9月15日に、球団初となる5先発で31奪三振を記録し、新人としても球団2回目となる2桁奪三振を記録した選手となった[5]。レギュラーシーズンでは、7先発で33回と1/3回を投げ、2勝・4敗・42奪三振を記録する一方で、21四球と制球難も露呈した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 TOR 7 7 0 0 0 2 4 0 0 .333 150 33.1 31 6 21 0 1 42 3 0 23 19 5.13 1.56
MLB:1年 7 7 0 0 0 2 4 0 0 .333 150 33.1 31 6 21 0 1 42 3 0 23 19 5.13 1.56
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2018 TOR 2 0 0 0 0 ----
通算 2 0 0 0 0 ----
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 54(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Gregor Chisholm (2018年8月12日). “Solarte to DL; 2 top prospects join Blue Jays” (英語). MLB.com. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ Toronto Blue Jays at Kansas City Royals Box Score, August 13, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ Robert Falkoff (2018年8月14日). “Reid-Foley has learning curve in loss to KC” (英語). MLB.com. 2018年8月14日閲覧。
  4. ^ Dorsey, Steve (2018年9月2日). “Reid-Foley earns 1st career win on 10 K's”. MLB.com. 2018年9月30日閲覧。
  5. ^ Bell, Mandy (2018年9月15日). “Reid-Foley fans 10 as bullpen holds off Yankees”. MLB.com. 2018年9月30日閲覧。

関連項目[編集]