シリリッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グスタフ・ハーンによって描かれた流星群の絵画

シリリッド(Cyrillids)とは、1913年2月9日に発生した流星群である。地球に落下する流星としては、特殊な軌道を持っていたと考えられている。

現象と原因[編集]

アメリカ合衆国の北東部からカナダの南東部で、1913年2月9日の午後9時頃に60個余りの赤い火玉が、北西の空から南西の空へ向かって飛行する様子が目撃された[1][2]。翌日2月10日の午前2時20分頃、前日の現象から5時間あまり後に今度は小規模な現象が確認された[1]。この現象は世界各地で確認された[3][4]。カナダの天文学者クラレンス・チャントにより、これらの流星の軌道が分析された結果、地球を周回する軌道だったと判明した。地球を周回する軌道を持つ天体としては、が知られている。シリリッドは、その月とは別に、新たに地球の重力圏に小惑星が捕捉され、一時的に天然の衛星となった後、それが地球周回軌道から地球の大気圏へと突入して、分解したために発生した流星群であるとする説が有力である[5][1]

ところで、月を除くと、21世紀現在、地球を周回する軌道を取ることがある物体の中には、しばしば人工物も混じっている。例えば、一時的に小惑星と見られる物体が地球の衛星となった例も観測されたものの、そのような天体の中にはJ002E3のように人工物であったと判明した物体が存在する。他にも、2000 SG344のように恐らく人工物であろうと疑われている物もある。ただ、中には2006 RH120のように、本当に小惑星であった事例もあった。さらに、1913年時点において、人工物が宇宙に打ち上げられた記録は存在しておらず、世界初のロケットは1926年に打ち上げられたとされており、1913年に地球に落下してきた天体は天然の小惑星であったと考えられる。

名称について[編集]

1913年2月9日に北アメリカ大陸の一部地域で見られた、この天文現象は聖シリルの日(St. Cyril's day))に因んで、"シリリッド"(Cyrillids)と名付けられた[6]

関連項目[編集]

出典[編集]

文献[編集]