シリル・ラマポーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
シリル・ラマポーザ
Cyril Ramaphosa
2019 Reunião Informal do BRICS - 48142657142 (cropped).jpg
シリル・ラマポーザ(2018年)

任期 2018年2月15日 –
副大統領 デービッド・マブザ

任期 2014年5月26日 – 2018年2月15日
元首 ジェイコブ・ズマ

任期 2020年2月9日 – 2021年2月6日

任期 2017年12月18日 –

出生 (1952-11-17) 1952年11月17日(68歳)
南アフリカの旗 南アフリカ連邦、トランスヴァ―ル州ヨハネスブルグソウェト
政党 アフリカ民族会議
出身校 リンポポ大学
南アフリカ大学
配偶者 ホープ・ラマポーザ(1978 - 1989)
Nomazizi Mtshotshisa(1991 - 1993)
Tshepo Motsepe (1996 - )
子女 6

マタメーラ・シリル・ラマポーザ英語: Matamela Cyril Ramaphosa, 1952年11月17日 - )は、南アフリカ共和国政治家実業家大統領(第12代)、アフリカ民族会議議長(第14代)である。

副大統領(第7代)、2020年度アフリカ連合議長[1]国民議会議員(2期)などを歴任した。

沿革[編集]

青年期[編集]

ヨハネスブルグソウェトに生まれる。父のサミュエルは警察官で、母のエルドマスとの間の第2子である[2]。ソウェトのツィリッツィ小学校とセカノ・ントアン中学校に通学した。

南アフリカ北東部に位置するバントゥースタンであるヴェンダ共和国シバサのムパプリ高校に入学し、1971年、学生キリスト教運動の代表に選出された。高校卒業後、1972年にリンポポ州の北部大学法学部に入学[3]

大学在学中、学生運動に関わり、南アフリカ学生機構(SASO)と黒人条約(BPC)に参加した。 1974年、テロリズム法違反容疑で逮捕され、11ヶ月間独房に拘禁された。1976年、ソウェト蜂起を受けて再び逮捕・拘束され、6ヶ月間拘禁された。釈放後、ヨハネスブルグの弁護士事務所に法律事務職で採用され、1981年に南アフリカ大学法学部を卒業した[4]

組合活動[編集]

在学中に弁護士資格を取得し大学卒業後、南アフリカ労働組合評議会(CUSA)に法務部門のアドバイザーとして参加。1982年、鉱山労働者の労働組合、全国鉱山労働者連合(NUM)を発足させ第一書記に就任した。しかしラマポーザは、地元の治安判事によって禁止されていたナマクゲールでの会議を組織または計画した容疑で、レボワで逮捕された。ラマポーザが指導者としての間に、組合員は1982年の6,000人から1992年には30万人に増加し、南アフリカの鉱山業において、黒人労働力全体の半分近くが加入するまでに成長した。

1985年、CUSAを拡充した南アフリカ労働組合会議(COSATU)を結成し、結成大会で基調講演を行った[5]

政治活動[編集]

COSATUはアフリカ民族会議(ANC)に参画し、ピーター・ウィレム・ボータ率いる国民党政府に対する反アパルトヘイト運動である統一民主戦線(UDF)と協力した政治運動であると大衆民主運動(MDM)を主導した[6]

1990年、国民党政府は政治囚を釈放されした。ラマポーザは、ネルソン・マンデラの釈放と国内での歓迎集会の開催を調整した。1991年にはラマポーザはANC事務総長に選出され、またスタンフォード大学の客員教授に就任した[7]

事務総長に就任後、国民党政府とアパルトヘイト終結に向けてANCの交渉責任者となり、平和的なアパルトヘイト廃止に向けて交渉力を発揮した。1994年の総選挙で国民議会議員に当選し、憲法制定会議の議長に選出されマンデラの側近として国民統一政府の中心人物として活躍した。

マンデラは次期大統領にラマポーザを考えていたが、1997年のANC議長選挙で副大統領のタボ・ムベキに敗れたことから、公的役職をすべて辞任した。

実業界へ[編集]

1997年、投資企業であるニュー・アフリカ・インベストメンツ・リミテッドの取締役に就任を皮切りに。多国籍通信企業のMTNグループ取締役会長、ロンミン取締役など南アフリカの代表的な経営者として活動し64億ランド(約400億円)に上る資産を形成した[8][9]

政界復帰・副大統領[編集]

ANCの全国執行委員会委員としての活動は継続し、2012年に実施したANCの副議長選挙に出馬し、大統領でANC議長のジェイコブ・ズマの支持を得て、ムプマランガ州元首相のマシューズ・フォサやハウテン州元首相のトーキョー・セックスウェールを抑え選出された[10][11]

2014年5月、ズマの大統領再選に伴い副大統領に就任した。憲法の規定に基づき国民議会に対する政府代表に任命されるとともに翌6月には国家計画委員会委員長に任命された。

2017年、ANC議長選挙に出馬し、出身母体であるCOSATU、NUMなどの労働組合や、北ケープ、東ケープ、ハウテン州の党地方組織や反ズマ派の党有力者の支援を受け、ズマ大統領の元妻であるヌコサザナ・ドラミニ・ズマを破りANC議長に選出された[12][13]

大統領[編集]

2018年2月、汚職容疑の高まりを受けてANCより辞職勧告を受けていたズマが大統領を辞任した。2月15日に国民議会はラマポーザを大統領に選出した[14]

脚注[編集]

  1. ^ “PRESIDENT RAMAPHOSA OFFICIALLY ASSUMES CHAIR OF AU FOR 2020”. Eyewitness News. (2020年2月9日). https://ewn.co.za/2020/02/09/president-ramaphosa-officially-assumes-chair-of-au-for-2020 2020年2月10日閲覧。 
  2. ^ Butler, Anthony (2011). Cyril Ramaphosa. Johannesburg: Jacana. p. 1. ISBN 9781431401840.
  3. ^ www.lesideesnet.com, Les Idées Net -. “African Success : Biography of Cyril RAMAPHOSA”. africansuccess.org. 2017年8月12日閲覧。
  4. ^ KAUMBI, UAZUVA. “The curious case of Comrade Cyril – Windhoek Observer”. http://www.observer.com.na/index.php/opinions/item/782-the-curious-case-of-comrade-cyril 2017年8月12日閲覧。 
  5. ^ PressReader.com – Connecting People Through News”. pressreader.com. 2017年12月20日閲覧。
  6. ^ Spector, J Brooks (2013年8月22日). “The UDF at 30: An organisation that shook Apartheid's foundation”. The Daily Maverick. https://www.dailymaverick.co.za/article/2013-08-22-the-udf-at-30-an-organisation-that-shook-apartheids-foundation/ 2019年11月8日閲覧。 
  7. ^ President Cyril Ramaphosa: Profile”. www.dpme.gov.za. 2019年11月8日閲覧。
  8. ^ Here are the 20 richest people in South Africa”. BusinessTech. 2018年2月17日閲覧。
  9. ^ “Ramaphosa declares ownership of 31 properties”. https://www.businesslive.co.za/rdm/politics/2017-02-22-ramaphosa-declares-ownership-of-31-properties/ 2017年8月12日閲覧。 
  10. ^ “Cyril Ramaphosa: the return of Nelson Mandela's chosen one”. The Guardian. (2012年12月20日). https://www.theguardian.com/world/2012/dec/20/cyril-ramaphosa-return-nelson-mandela 2019年11月8日閲覧。 
  11. ^ Subramany, Deshnee (2012年12月18日). “Mangaung: The ANC's newly elected top six”. Mail & Guardian. https://mg.co.za/article/2012-12-18-mangaung-the-ancs-newly-elected-top-six 2019年11月8日閲覧。 
  12. ^ Burke, Jason (2017年12月18日). “Cyril Ramaphosa chosen to lead South Africa's ruling ANC party”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2017/dec/18/cyril-ramaphosa-chosen-to-lead-south-africas-ruling-anc-party 2017年12月18日閲覧。 
  13. ^ Cyril Ramaphosa wins ANC presidential race”. 2017年12月18日閲覧。
  14. ^ “Cyril Ramaphosa has been elected president of South Africa”. https://www.timeslive.co.za/politics/2018-02-15-cyril-ramaphosa-has-been-elected-president-of-south-africa/ 2018年6月8日閲覧。 
公職
先代:
ジェイコブ・ズマ
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国大統領
第12代:2018 -
次代:

(代行→昇格)
先代:
カレマ・モトランテ
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国副大統領
第7代:2014 - 2018
次代:
デービッド・マブザ
党職
先代:
ジェイコブ・ズマ
Flag of the African National Congress.svg アフリカ民族会議議長
第14代:2018 -
次代:
(現職)
外交職
先代:
アブドルファッターフ・アッ=シーシー
アフリカ連合議長
第18代:2020 - 2021
次代:
フェリックス・チセケディ