シリンゴル盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中華人民共和国 内モンゴル自治区 錫林郭勒盟
エレンホト口岸
エレンホト口岸
内モンゴル自治区の中のシリンゴル盟の位置
内モンゴル自治区の中のシリンゴル盟の位置
簡体字 锡林郭勒
繁体字 錫林郭勒
拼音 Xīlínguōlè
カタカナ転写 シーリングオォールー
モンゴル文字 ᠰᠢᠯᠢ ᠶᠢᠨ
ᠭᠣᠣᠯ
ᠠᠶᠢᠮᠠᠭ
モンゴル語キリル文字 Шилийн Гол аймаг
モンゴル語ローマ字転写 Sili-yin ɣoul ayimaɣ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
行政級別
面積
総面積 202,580 km²
人口
総人口(2003) 93 万人
経済
電話番号 0479
郵便番号 026000
ナンバープレート 蒙H
行政区画代碼 152500
公式ウェブサイト http://www.nmxlgl.lss.gov.cn/

シリンゴル盟(シリンゴルめい、錫林郭勒盟、モンゴル語ᠰᠢᠯᠢ ᠶᠢᠨ
ᠭᠣᠣᠯ
ᠠᠶᠢᠮᠠᠭ
 Sili-yin ɣoul ayimaɣ)は中華人民共和国内モンゴル自治区に位置する。行政公署はシリンホト市(錫林浩特市)にある。

行政区画[編集]

2県級市・1・9を管轄する。

年表[編集]

シリンゴル盟[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国内モンゴル自治区シリンゴル盟が成立。東部連合旗中部連合旗西部連合旗ソニド左旗ソニド右旗が発足。(5旗)
  • 1952年6月6日 - 中部連合旗が西部連合旗に編入。(4旗)
  • 1955年2月16日 - ソニド右旗の一部が平地泉行政区チャハル右翼後旗に編入。(4旗)
  • 1956年1月25日 - 平地泉行政区チャハル右翼後旗の一部がソニド右旗に編入。(4旗)
  • 1956年6月14日 (5旗)
  • 1957年1月 - ソニド右旗の一部が分立し、エレン鎮が発足。(5旗1鎮)
  • 1957年7月19日 - エレン鎮がエレンホト鎮に改称。(5旗1鎮)
  • 1958年9月26日 - チャハル(察哈爾)盟ドロンノール県化徳県正藍旗商都鑲黄旗正鑲白旗タイブス旗を編入。(2県9旗1鎮)
  • 1960年9月13日 (1県9旗1鎮)
    • 化徳県が商都鑲黄旗に編入。
    • 商都鑲黄旗が鑲黄旗に改称。
  • 1963年4月13日 - 鑲黄旗の一部が分立し、化徳県が発足。(2県9旗1鎮)
  • 1963年10月23日 - アバグ旗・西ウジムチン旗の各一部が合併し、アバハナル(阿巴哈納爾)旗が発足。(2県10旗1鎮)
  • 1966年1月18日 - エレンホト鎮およびソニド右旗の一部が合併し、エレンホト市が発足。(1市2県10旗)
  • 1969年11月 - エレンホト市・ソニド右旗・化徳県がウランチャブ盟に編入。(1県9旗)
  • 1980年5月8日 - ウランチャブ盟エレンホト市ソニド右旗を編入。(1市1県10旗)
  • 1982年12月 - アバハナル旗がアバグナル(阿巴嘎納爾)旗に改称。(1市1県10旗)
  • 1983年10月10日 - アバグナル旗が市制施行し、シリンホト市となる。(2市1県9旗)

チャハル盟[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国内モンゴル自治区チャハル盟が成立。正藍旗商都鑲黄連合旗正鑲白連合旗タイブス左旗ミンガン(明安)・タイブス右(太僕寺右)連合旗が発足。(5旗)
  • 1950年5月 (3県5旗)
  • 1951年4月24日 - 宝昌県の一部が察哈爾省察北専区張北県に編入。(3県5旗)
  • 1956年9月11日 (2県4旗)
    • タイブス左旗がタイブス旗に改称。
    • 正鑲白連合旗が正鑲白旗に改称。
    • 商都鑲黄連合旗が商都鑲黄旗に改称。
    • ミンガン・タイブス右連合旗・宝昌県の各一部が正藍旗に編入。
    • 宝昌県の一部がタイブス旗に編入。
    • ミンガン・タイブス右連合旗の残部・宝昌県の残部が正鑲白旗に編入。
    • 正鑲白旗の一部が商都鑲黄旗に編入。
  • 1958年2月13日 - 化徳県の一部が商都鑲黄旗に編入。(2県4旗)
  • 1958年9月26日 - ドロンノール県・化徳県・正藍旗・商都鑲黄旗・正鑲白旗・タイブス旗がシリンゴル盟に編入。