シルバーエイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルバーエイト
Silver Eight(2017.5.6).jpg
苫小牧港を出港するシルバーエイト(2017年5月)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
津軽海峡フェリー
運用者 川崎近海汽船
建造所 内海造船瀬戸田工場
IMO番号 9667265
MMSI番号 431004622
経歴
起工 2012年
進水 2013年3月12日
竣工 2013年6月27日[1]
就航 2013年6月30日[1]
現況 就航中
要目
総トン数 9,483 トン
全長 142.59 m
全幅 23.40 m
機関方式 ディーゼル
航海速力 20.5ノット
旅客定員 600名
車両搭載数 トラック68台、乗用車30台
テンプレートを表示

シルバーエイトは、川崎近海汽船が運航しているフェリー

概要[編集]

べが (2代)」の代船として内海造船瀬戸田工場で建造され、2013年6月27日に竣工した。就航に先立ち、6月29日に苫小牧港、6月30日に八戸港で船内見学会が開催され、6月30日22時八戸発の便で八戸 - 苫小牧航路に就航した[1]。本船は津軽海峡フェリー鉄道建設・運輸施設整備支援機構の共有船として建造され、川崎近海汽船が傭船して運航している。

通常ダイヤでは、八戸22時発(苫小牧翌6時着)、苫小牧9時30分発(八戸18時着)の便に就航している。

2015年7月3日から、北海道発着のフェリーとして初めて電気自動車用の船内充電設備の運用を開始した[2]

船内[編集]

船内は「やすらぎ」と「だんらん」をコンセプトにデザインされており、全席指定となっている[1]。船体側面のラインカラーはグリーン+グレーである。

船室[編集]

  • 特等室(ツイン) - 2名×4室、トイレ・浴室付
  • 一等室 - 2名×10室、4名×20室
    • 一等洋室 - 2段ベッド、洗面台付、ペット同伴室あり
    • 一等和室
  • 二等寝台(個室型・2018年4月25日より「2等寝台A」) - 2名×80室、2段ベッド
  • 二等室(一般)- 40-44名×8室
  • 二等室(女性専用) - 20名×2室
  • ドライバー室 - 1名×44室

設備[編集]

  • エントランスホール
  • オートレストラン
  • 売店
  • PCブース
  • ゲームコーナー
  • 展望浴室
  • ベビールーム
  • ペットルーム

脚注[編集]

[ヘルプ]