シルバークイーン (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シルバークイーン(初代)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
韓国の旗 韓国
インドネシアの旗 インドネシア
所有者 シルバーフェリー
運用者 シルバーフェリー
建造所 楢崎造船第800番船
母港  八戸
航行区域  沿海
船級  JG
IMO番号 7320186
経歴
起工 1972年9月13日
進水 1973年1月17日
竣工 1973年4月5日
就航 1973年4月25日
運航終了 1982年
現況 インドネシアの旗 インドネシアで就航中
要目
総トン数 3,774 トン
排水量  5,295kt
全長 109.0 m
垂線間長  100.0m
全幅 17.4 m
型深さ 6.2 m
満載喫水  4.15m
機関方式 ディーゼル
ボイラー  川崎重工 V-SR18E
主機関 2基 新潟鉄工
推進器 1軸
出力 8,000馬力
最大出力  4000PS×2
定格出力  3400PS×2
最大速力 19.0ノット
航海速力 17.0ノット
航続距離  2660NM
旅客定員 520名
乗組員 41名
車両搭載数 トラック40台、乗用車50台
テンプレートを表示

シルバークイーンは、シルバーフェリー(現・川崎近海汽船)が運航していたフェリー。本項目では1973年就航の初代を取り扱う。

概要[編集]

シルバーフェリーの第一船として楢崎造船で建造され、1973年4月25日に就航した。 1982年シルバークイーン2の就航により引退した。

その後、海外売船され、韓国DONG YANG EXPRESS FERRY NO.5として就航した。 韓国にて船尾に客室が増設されている。また船体カラーリングは、ファンネルと船体のSilverferryを消しシルバーフェリーカラーリングをそのまま使用していた

2002年に一度日本に帰国し、長崎のハヤシマリンカンパニー経由でインドネシアPT. DHARMA LAUTAN UTAMAに売却され、KIRANA IIとしてスンダ海峡を連絡する航路に就航している。

航路[編集]

シルバーフェリー

就航当初は本船のみで1日1便、フェリーはちのへ (初代)の就航後は2隻で2便が運航されていた。

設計[編集]

船首 バウバイザー 船尾斜行ランプウエイ フィンスタビライザー タンクスタビライザー(アンチローリングタンク)

脚注[編集]

[ヘルプ]