シルバープリンセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルバープリンセス
SilverPrincess Hachinohe.JPG
八戸港に接岸するシルバープリンセス
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 川崎近海汽船
運用者 川崎近海汽船
建造所 三菱重工業下関造船所
信号符字 JD3309
IMO番号 9597616
MMSI番号 431003381
経歴
起工 2011年4月20日[1]
進水 2011年11月11日[2]
竣工 2012年4月5日[2]
就航 2012年4月8日
現況 就航中
要目
総トン数 10,536 トン
載貨重量 4,315 DWT
全長 150 m
全幅 20.7 m
機関方式 ディーゼル
主機関 JFE 12PC2-6B 2機
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸
航海速力 20.5ノット
旅客定員 500名
車両搭載数 トラック92台、乗用車30台
テンプレートを表示

シルバープリンセスは、川崎近海汽船が運航しているフェリー

概要[編集]

フェリーはちのへ (2代)の代船として三菱重工業下関造船所で建造され、2012年4月5日に竣工した。就航に先立ち、4月7日に八戸港、4月8日に苫小牧港で船内見学会が開催され、4月8日21時15分苫小牧発の便で八戸 - 苫小牧航路に就航した。

通常ダイヤでは、八戸8時45分発(苫小牧16時着)、苫小牧21時15分発(八戸翌4時45分着)の便に就航している。

船内[編集]

船内は「くつろぎ」と「プライバシー重視」をコンセプトにデザインされており、全席指定となっている[1]。船体側面のラインカラーはピンク+グレーである。

船室[編集]

  • 特等室 - 2名×5室、浴室・トイレ・洗面台付
  • 1等洋室 - 2名×28室、4名×16室、二段ベット、洗面台付、ペット同伴室あり
  • 1等和室 - 4名×5室
  • 2等寝台(個室型・2018年4月25日より「2等寝台A」) - 1名×30室
  • 2等室 - 240名、レディースルームあり
  • ドライバーズルーム - 80名

設備[編集]

  • エントランスホール
  • オートレストラン
  • 売店
  • 展望浴室
  • ベビールーム
  • キッズルーム
  • ゲームルーム
  • ペットルーム


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “シルバープリンセス命名進水式祝賀会 社長挨拶” (プレスリリース), 川崎近海汽船, (2011年11月11日), オリジナル2016年2月21日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160221093323/http://www.kawakin.co.jp/archive/news/111114/111114.pdf 2016年2月21日閲覧。 
  2. ^ a b “川崎近海、フェリー「シルバープリンセス」進水”. WEB CRUISE (海事プレス社). (2011年11月15日). http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20111115_03 2016年2月20日閲覧。