シルビア・クリステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シルビア・クリステル
Sylvia Kristel
シルビア・クリステル Sylvia Kristel
シルビア・クリステル(1973年撮影)
生年月日 (1952-09-28) 1952年9月28日
没年月日 (2012-10-17) 2012年10月17日(60歳没)
出生地 ユトレヒト
国籍 オランダの旗 オランダ
主な作品
エマニエル夫人チャタレイ夫人の恋人
1990年のカンヌ映画祭にて
シルビア・クリステル(2009年撮影)

シルビア・クリステル(Sylvia Kristel、1952年9月28日[1] - 2012年10月17日[2])は、オランダユトレヒト出身の映画女優で、モデル。

来歴[編集]

両親はオランダユトレヒトで宿屋を経営していた[3]。妹と弟が1人ずついる。2006年にフランスで出版された自叙伝「Nue」(英語の「Nude」) によると9歳の時に宿泊客にレイプされた。両親は仕事に忙しく、子供に酒を与えて寝かしつけていた。自叙伝ではドラッグやアルコールに溺れた生活や、歳の離れた男性に惹かれてしまう性癖が記されている。さらには11歳の頃からヘビースモーカーであった。14歳の時に父親が家を出ていき両親は離婚。17歳でモデルの仕事を始めた。1973年にはミスコンテスト「Miss TV Europe」で優勝している。IQが164もあり[要出典]、小学校では4学年を飛び級という経験もしている。言葉は、オランダ語英語フランス語ドイツ語イタリア語も話せるという、マルチリンガルな才能を持つ。1970年代半ばを通して、ベルギー作家で27歳年長のフーゴ・クラウスと交際していた。1972年に『処女シルビア・クリステル/初体験』で映画デビュー[1]

1973年エマニュエル・アルサンの小説『エマニュエル』が大ヒットし、翌年それを映画化したソフトコア映画『エマニエル夫人』に出演し、世界的な名声を獲得する。

彼女は自らエマニュエルのような役を自分のはまり役と考え、しばしばこのような役を演じている。例としてチャタレイ夫人第一次世界大戦での女性スパイ、マタ・ハリなどが挙げられる[1]

彼女には、フーゴ・クラウスとの間に1975年に生まれたアルチュールという息子が1人おり、彼もまた映画俳優になっている[4]。彼女は映画で共演したイアン・マクシェーンとともに、息子のアルチュールを残して、アメリカ・ロサンゼルスに移住。アメリカでの女優としての成功を目指した。しかし、イアンとの5年間の同棲は結局破綻した。この間にコカインを覚えた。その後、2度の結婚を経験。相手はアメリカ人ビジネスマン(5ヶ月で離婚)と次は映画プロデューサーであったが、破産により関係も破綻。その後、ベルギーのラジオ番組のプロデューサーと10年間ほど暮らした。10代前半からの喫煙の影響か、2002年喉頭癌2004年には肺癌の手術を受けている。

2008年9月、SMAP×SMAPにゲスト出演している[4]

晩年はオランダのアムステルダムに居住。年下の男性と同棲し、絵を描くことに没頭して暮らした。2012年6月に咽頭癌の手術を受け、その後に脳卒中で倒れてアムステルダムの病院に入院していた[4]。同年10月17日、入院先の病院で死去[5]。60歳没。

主な出演作品[編集]

  • 処女シルビア・クリステル/初体験 FRANK AND EVA/FRANK EN EVA 81分 (1972)
  • エマニエル夫人 EMMANUELLE 91分 (1974)
  • 卒業試験 ES WAR NICHT DIE NACHTIGALL/DER LIEBESSCHULER/IT WAS NOT THE NIGHTINGALE 85分 (1974)
  • 続エマニエル夫人 EMMANUELLE, L'ANTI VIERGE/EMMANUELLE: THE JOYS OF A WOMAN 91分 (1975)
  • 夜明けのマルジュ LA MARGE 93分 (1976)
  • 華麗な関係 UNE FEMME FIDELE 94分 (1977)
  • さよならエマニエル夫人 GOOD-BYE EMMANUELLE 98分 (1977)
  • エアポート'80 The Concorde ... Airport '79 113分 (1979)
  • 0086笑いの番号 The Nude Bomb 94分 (1980)
  • プライベート・レッスン Private Lessons 87分 (1981)
  • チャタレイ夫人の恋人 Lady Chatterley's Lover 103分 (1982)
  • プライベイトスクール Private School 97分 (1983)
  • エマニュエル EMMANUELLE 4 93分 (1984)
  • 魔性の女スパイ Mata Hari 108分 (1985、日本未公開)
  • ドラキュラ・ウィドー DRACULA'S WIDOW 86分 (1986)
  • エマニュエル~媚薬の香り La revanche d'Emmanuelle (1992-93) TVシリーズ ※ビデオタイトルはエマニュエル・ザ・ハード
  • Forgive me - Cyrus Frisch 01(2001)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Full Biography”. ニューヨーク・タイムズ. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ 時事ドットコム”. 時事通信社. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ Biography”. filmreference.com. 2012年10月7日閲覧。
  4. ^ a b c FRIDAY 2012年7月20日号(7月6日発売)96-97頁 脳卒中に倒れた『エマニエル夫人』は幸せだったのか
  5. ^ エマニエル夫人…シルビア・クリステルさん死去 読売新聞 2012年10月18日閲覧