シンガポール・オープン (ゴルフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Golf pictogram.svgSMBCシンガポールオープン
SMBC Singapore Open
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1961年
開催地 シンガポールの旗 シンガポール
開催コース セントーサゴルフクラブ セラポンコース
(Sentosa Golf Club, 2016年 - )
基準打数 Par71(2020年)[1]
ヤーデージ 7,397ヤード (6,764 m)(2020年)[1]
ツアー アジアンツアー
日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストローク
賞金総額 100万米ドル(2020年)
開催月 1月
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
アメリカ合衆国の旗 マット・クーチャー(2020年)[1]
テンプレートを表示

シンガポール・オープンは、毎年1月にシンガポールで開催されるアジアンツアー日本ゴルフツアーの合同大会。

概説[編集]

1961年に創設。2013年大会はスポンサー撤退のあおりを受け中止となり2015年まで中断。2016年から三井住友フィナンシャルグループがスポンサーとなり復活した[2]

かつてはバークレイズがスポンサーとなり、アジア最高額の賞金総額600万ドルの大会であったが、2016年大会以降は賞金総額100万米ドル、優勝賞金18万ドルに大幅減額されて行われている。2017年大会は前年に中止となったタイ・ゴルフ選手権の代わりとして全英オープンの予選シリーズとして実施された。この大会で有資格者を除く上位4名が当該年の全英オープンの出場権が獲得される。

2021年の開催について、2020年12月の段階では新型コロナウイルス感染拡大の影響により調整中とされていたが、2021年1月21日に日本ゴルフツアー機構は「世界的に感染拡大が収まらない」として開催断念を発表した[3]

歴代主な優勝者[編集]

日本ツアー共催
Tour[注釈 1] 優勝者 優勝スコア アンダーパー 2位との差 2位(タイ)
SMBC Singapore Open
2021年 ASA, JPN 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止
2020 ASA, JPN アメリカ合衆国の旗 マット・クーチャー英語版[1] 266 -18 3打差 イングランドの旗 ジャスティン・ローズ
2019 ASA, JPN タイ王国の旗 ジャズ・ジェーンワタナノンド[4] 266 -18 2打差 イングランドの旗 ポール・ケーシー
日本の旗 藤本佳則
2018 ASA, JPN スペインの旗 セルヒオ・ガルシア[5] 270 -14 5打差 日本の旗 小平智
南アフリカ共和国の旗 ショーン・ノリス英語版
2017 ASA, JPN タイ王国の旗 プラヤド・マークセン[6] 275 −9 1打差 タイ王国の旗 パチャラ・コンワットマイ英語版
フィリピンの旗 ジュビック・パグンサン英語版
南アフリカ共和国の旗 ジェイビー・クルーガー英語版
大韓民国の旗 宋永漢英語版(ソン・ヨンハン)
2016 ASA, JPN 大韓民国の旗 宋永漢[7] 272 −12 1打差 アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・スピース

1 天候不良の影響で月曜決着。

  • 2013–15 No tournament
欧州ツアー共催
Year 優勝者 出身国 優勝スコア アンダーパー 2位との差 2位(タイ)
Barclays Singapore Open
2012 マッテオ・マナセロ イタリアの旗 イタリア 271 −13 Playoff 南アフリカ共和国の旗 ルイ・ウェストヘーゼン英語版
2011 ゴンザロ・フェルナンデス=カスターニョ英語版 スペインの旗 スペイン 199* −14 Playoff フィリピンの旗 ジュビック・パグンサン
2010 アダム・スコット (3) オーストラリアの旗 オーストラリア 267 −17 3打差 デンマークの旗 アンダース・ハンセン英語版
2009 イアン・ポールター イングランドの旗 イングランド 274 −10 1打差 中華人民共和国の旗 梁津萬英語版(リャン・ウェンチョン)

* 2011年大会は天候不良で54ホールに短縮

  1. ^ ASA – Asian Tour (formerly Asian PGA/Omega/Davidoff Tour); AGC – Asia Golf Circuit; ANZ – PGA Tour of Australasia; EUR – European Tour; JPN – Japan Golf Tour

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “クーチャー優勝、木下稜介6位で全英オープン出場権獲得 シンガポールOP”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年1月19日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/01/19/kiji/20200119s00043000268000c.html 2020年1月19日閲覧。 
  2. ^ Singapore Open to return in 2016”. Asian Tour (2015年1月31日). 2015年4月28日閲覧。
  3. ^ “男子ゴルフ・シンガポールOP コロナ感染拡大で中止「苦渋の決断」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2021年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/01/22/kiji/20210121s00043000459000c.html 2021年1月22日閲覧。 
  4. ^ “J・ジェーンワタナノンドが開幕戦V 藤本佳則が2位T、昨年覇者S・ガルシアは7位T、石川遼は47位Tで終戦”. ALBA.net. (2019年1月20日). https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=115786?tourid=92885&cat=0 2019年1月20日閲覧。 
  5. ^ “ガルシアが独走V 小平智2位タイ 石川遼は16位”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2018年1月21日). https://news.golfdigest.co.jp/jgto/6198/article/72314/5/?car=top_nw_t01 2018年1月21日閲覧。 
  6. ^ “50歳の鉄人マークセンが17年初戦を制す 20歳・星野が2打差6位”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年1月22日). http://news.golfdigest.co.jp/jgto/5532/article/66939/5/ 2017年1月23日閲覧。 
  7. ^ “月曜決着はソン・ヨンハンが逃げ切りで初優勝 スピース1打差2位”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2016年2月1日). http://news.golfdigest.co.jp/jgto/5397/article/61219/5/ 2016年2月4日閲覧。