シンキチ・タジリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Knot (1976), ロッテルダム

シンキチ・タジリShinkichi Tajiri、漢字:田尻 慎吉1923年12月7日2009年3月15日)は、オランダ国籍を持つ日系アメリカ人彫刻家。彫刻以外にも絵画写真映像などの多方面の芸術において活動している。

彼が生まれたのはカリフォルニア州ロサンゼルスにある労働者階級居住地区ワッツで、田尻隆吉と菊田芙蓉の間の7人の子供のうちの5番目の子供として生まれた。

父の隆吉は中国の皇帝劉邦を祖とする田尻氏の血筋である佐賀の士族であったが、明治維新の近代化の流れの中で武士の階級をはく奪され、長崎市自転車商を営んでいたものの将来を悲観して、1906年にアメリカへの移住を決めた。その妻の芙蓉は静岡県出身であり、士族出身の父親が木材業の仕事として渡米していたところ、夫となる隆吉と出会い縁談が進められ、1913年に入籍して渡米することになった。

1936年に家族でサンディエゴに引っ越すものの、1939年には父の隆吉が脳溢血により死亡した。サンディエゴでは彫刻家のドナル・ホールド (Donal Hordと知り合い、彫刻の手ほどきを受けた。このころ金を持っていなかったシンキチであったが、ドナルが庭作業をする代わりに無料でレッスンを受けさせてくれた。

2008年12月7日、オランダ国籍を取得した。翌2009年の3月15日、85歳にして死亡[1]

出典[編集]