シンクロのシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シンクロのシティ
愛称 シンクロ
放送方式 生放送
放送期間 2010年10月4日 -
放送時間 毎週月 - 木曜 15:00 - 16:50(110分)
放送局 TOKYO FM
パーソナリティ 堀内貴之
MiO
voice収集隊
ジャイアント麗子
サニー
テーマ曲 口ロロ/TOKYO
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

シンクロのシティ』は、TOKYO FM2010年10月4日から月曜日から木曜日15:00-16:50に放送されているラジオ番組である。

開始当初の番組名は『シンクロノシティ』と全てカタカナ表記だったが[1]2012年4月より「ノ」がひらがなに改められた。

番組概要[編集]

TOKYO FMにおいて開局40周年記念番組として2010年4月にスタートした『4ROOMS』の終了に伴ってスタート。放送開始の2010年10月から2013年3月までは渋谷スペイン坂スタジオでの公開生放送、2013年4月よりTOKYO FM本社スタジオアースギャラリーからの生放送となる。なお、2016年1月4日から2016年3月14日まで本社スタジオのリニューアル工事に伴い、渋谷スペイン坂スタジオからの公開生放送となる。

番組コンセプトは、「東京の声とシンクロ(同期)する」。事前に収録した街の声と、生放送中に届くリスナーからのメッセージとを織り交ぜながら、リスナー同士のシンクロニシティを生むことが狙い。

2015年9月1日放送のオープニングにて同年9月末をもって番組が終了するとの告知をしたところ、多くのリスナーからTOKYO FM宛に番組存続を要望するメッセージが届いたことから、番組制作部と上層部の話し合いにより、同年10月以降も継続されることが決まった。番組終了決定の撤回は異例であり、TOKYO FMにおいては開局45年以来初めてのことである。

2018年8月13日よりGinza Sony Park Studioからの公開生放送となる。[2]

パーソナリティ[編集]

現在[編集]

メイン[編集]

アシスタント[編集]

VOICE収集隊[編集]

  • ジャイアント麗子
  • サニー - 「ショクバのシティ」

過去[編集]

アシスタント[編集]

  • 川瀬良子 - 16時から出演[3]。(Mioの産休期間のアシスタント代演・堀内の休暇に伴うパーソナリティー代演)
  • 古賀涼子(TOKYO FM アナウンサー)- 「シンクロ★週間天気予報」アシスタント(2016年4月-8月 月曜日16:05-16:15)
  • 村田睦(TOKYO FM アナウンサー)- 「シンクロ★週間天気予報」アシスタント(2016年9月-12月 月曜日16:05-16:15)

VOICE収集隊[編集]

  • 入澤ハナコ(ハナコ)
  • 橿棒 純(かしぼー)
  • 井手美穗(デミ)
  • 青山祥子(さっちゃん)
  • 鈴山紗丘(もんろー)
  • 安竜うらら(うらら)
  • あじむ

放送時間[編集]

現在[編集]

  • 月 - 木 15:00 - 16:50

※祝日の場合、TOKYO FM ホリデースペシャルが編成され、番組が休止となる場合がある。

過去[編集]

  • 月 - 木 15:00 - 16:40(2016年8月8日 - 2016年8月22日)- リオデジャネイロ五輪開催期間中、16:40-16:50に民放ラジオ統一番組「リオデジャネイロオリンピックハイライト」を放送するため10分短縮
  • 月 - 木 15:00 - 16:50(2014年4月 - 2016年8月4日)
  • 月 - 木 15:00 - 17:00(2013年4月 - 2014年3月)
  • 月 - 木 16:00 - 18:45(2011年4月 - 2013年3月)
  • 月 - 木 16:00 - 19:00(2010年10月 - 2011年3月)

番組テーマソング[編集]

現在
オープニングテーマ
  • TOKYO / 口ロロ(シンクロのシティ・オリジナルバージョン[4]
間奏では堀内がその日のテーマのプロローグ的フリートーク[5]をする。
エンディングテーマ
  • はじまりの毎日 / The eskargot miles(2013年7月 - 現在)
過去
エンディングテーマ
  • 君と笑えば / The eskargot miles(2012年4月- 2013年3月)

タイムテーブル[編集]

(2019年2月現在)

番組コーナー[編集]

現在[編集]

VOICE OF TOKYO〜東京の声〜
番組の核となるコーナー。番組スタッフであるvoice収集隊が、その日のテーマについて東京都内各地で行った街頭インタビューの様子を、リスナーから寄せられたメッセージと共に紹介し、東京で暮らす人の"本音"を探る。
番外として、東京以外の街を特集することもある[6]
東京地元めし
(毎週月曜日)「東京ボイスマップ」を派生させた、2014年10月期スペシャルウィーク企画「東京地元めしMAP」を、同年11月よりレギュラーコーナー化したもの。
voice収集隊と中継を結び、リスナーから寄せられた情報を元に、東京近郊の沿線[7]にある、おすすめ地元めしを紹介する。
また、「東京ボイスマップ」を引き継ぎ、リスナーから寄せられた地元めし情報を収集した沿線マップを作成する。
夕焼けのシティ
(毎週月曜日)番組AD星太郎くんがtwitterへ投稿された夕焼け写真と共に夕焼けソングを紹介。
トーキョーイングリッシュ
(毎週火曜日)「こんな状況で使えたら!」「こんな言葉が知りたい!」というリスナーからの英語のお悩みをMIOが紹介。文教大学の阿野幸一先生に教えてもらうコーナー。
東京花暦
(毎週水曜日)その日の番組テーマと関連した様々な時代の文化を紹介する。
街角プレイリスト
(毎週水曜日)東京のサウンドトラック「街角プレイリスト」街角で集めた"ラジオから流れてきて欲しい曲"をミックス感覚でつなぐ世代フリーの音楽賛歌。
東京ローカルニュース
(毎週木曜日)東京23区から1ヶ月ごとに1つの区にフォーカスしその区の今にフォーカス。
Nescaféアンバサダー Presents ショクバのシティ
(毎週木曜日)サニーちゃんとNescaféスタッフが企業を訪問し、コーヒーブレイクしながら、職場や仕事の事について話を伺う。
ウラレポ(不定期)
voice収集隊のウララが中継形式で伝える、インフォマーシャルコーナー。

過去(2010年10月 - 2015年9月)[編集]

PARCO Tokyo Beats
渋谷スペイン坂スタジオにゲストを迎えて話を伺う。
2013年3月終了。企画自体は後番組「Skyrocket Company」内「PARCO Hot Seminar」に引き継がれている。
1分のミゾ
約1分間堀内とMioが井戸端会議をするコーナー。
2013年3月終了。2013年12月31日の拡大スペシャルで9ヶ月振りに復活。
Cheer up station Road to Victry コレカラのソチ
2014年2月開催のソチオリンピックにむけて、競技情報やソチの現地情報、選手のインタビューなど、最新情報を紹介。
東京ボイスマップ
東京近郊の沿線[7]の街からvoice収集隊と中継を結び、街の平均家賃相場等の地域情報を紹介しながら、制限時間内でその日の番組テーマについて街頭インタビューを行う。また、リスナーから寄せられた街の情報を収集し、沿線マップを作成する。
「東京地元めし」へ発展させた形で、終了。
コレカラのシティ
番組が発見した、"これから楽しめる"街の情報(レジャースポットやイベント等)を紹介する。
2013年6月までは、地域ニュースサイト「みんなの経済新聞ネットワーク」とのコラボレーションで、各地の経済新聞記者からの情報を紹介していた。
「ウラレポ」放送時は休止。また、「コレカラのソチ」放送期間も休止していた。
コソダテのシティ
子育てに関する話題を紹介する
ボイス収集隊★収集後記
ボイス収集隊の誰かが今週一週間のテーマを振り返る。
シンクロ★週間天気予報
(毎週月曜日)今後一週間の天気予報をMIOが紹介。
トウキョウハナコマチ
その日の番組テーマと関連した江戸明治初期にかけての文化を紹介する。通称「お江戸のコーナー」。
2013年6月末からのタイトルコールは、7代目 市川染五郎が担当していた。2018年12月終了。

受賞[編集]

  • 2011年日本民間放送連盟賞ラジオ生ワイド番組部門優秀賞[8]
  • 2012年第50回ギャラクシー賞ラジオ部門奨励賞[9]
  • 2018年第55回ギャラクシー賞ラジオ部門奨励賞[10]

脚注[編集]

  1. ^ TOKYO FM 2010年10月改編のご案内 開局40周年記念イヤーの秋の新プログラム続々スタート! (PDF)”. TOKYO FM (2010年9月29日). 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ シンクロのシティ [@tfmcity]. "TOKYO FM Ginza Sony Park Studioから生放送初日!" (ツイート). Retrieved 2018年8月13日 – via Twitter.
  3. ^ 「あぐりずむ」パーソナリティとして、予告のため15:48頃にも出演
  4. ^ サビ部分の「築地市場」がTOKYO FM本社の最寄駅である「半蔵門」に変更されている等、歌詞の一部がラジオやTOKYO FMに関するものに差し替えられている。
  5. ^ 主にその日のテーマに関する市場調査の結果や、番組スタッフ間のエピソード等を紹介。
  6. ^ 信州横浜など。東日本大震災特別企画として、東北地方(岩手・宮城・福島)でも行われている。
  7. ^ a b JR東日本京浜東北線大宮 - 横浜)、常磐線上野 - 松戸)、京葉線東京 - 新浦安)、中央線全駅、総武本線快速 東京・各駅停車 御茶ノ水 - 市川)、埼京線池袋 - 大宮)、武蔵野線府中本町 - 北朝霞)、東武鉄道東武東上本線(池袋 - 和光市)、東武亀戸線全駅、西武鉄道西武新宿線西武池袋線西武新宿・池袋 - 所沢)、京王電鉄京王線京王井の頭線全駅、小田急電鉄小田急小田原線町田まで)、東京急行電鉄東急田園都市線渋谷 - たまプラーザ)、東急東横線東急目黒線東急池上線東急大井町線東急世田谷線全駅、京浜急行電鉄京急本線京急川崎まで)、京成電鉄京成本線江戸川まで)、京成押上線京成金町線全駅、都電荒川線東京臨海高速鉄道りんかい線ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線全駅。
  8. ^ 日本民間放送連盟賞/2011年(平成23年)入選・事績
  9. ^ 第50回奨励賞受賞作品
  10. ^ 第55回奨励賞受賞作品
TOKYO FM 月 - 木曜 15:00 - 16:00の番組
前番組 番組名 次番組
シンクロのシティ
(2014年4月 - )
-
TOKYO FM 月 - 木曜 16:00 - 16:50の番組
シンクロのシティ
(2010年10月 - )
-
TOKYO FM 月 - 木曜 16:50 - 17:00の番組
4ROOMS
シンクロのシティ
(2010年10月 - 2014年3月)
TOKYO FM 月 - 木曜 17:00 - 18:45の番組
4ROOMS
シンクロノシティ
(2010年10月 - 2013年3月)
TOKYO FM 月 - 木曜 18:45 - 19:00の番組
4ROOMS
シンクロノシティ
(2010年10月 - 2011年3月)