シンク・タンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シンク・タンク
ブラースタジオ
リリース
録音 2001年11月 – 2002年11月
ジャンル オルタナティヴ・ロックエクスペリメンタル・ロックアラブ音楽北アフリカ音楽
時間
レーベル パーロフォンEMI
プロデュース ベン・ヒリアー、ノーマン・クック、ウィリアム・オービット、ブラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス)
  • 3位(アイルランド)
  • 4位(イタリア)
  • 8位(ドイツ)
  • 9位(スイス、ベルギー・フランデレン地域)
  • 11位(フランス、デンマーク)
  • 14位(日本)
  • 15位(フィンランド)
  • 18位(ノルウェー)
  • 19位 (オーストリア、ベルギー・ワロン地域)
  • 27位 (ニュージーランド)
  • 28位(ポルトガル)
  • 30位(オーストラリア)
  • 31位(スペイン)
  • 44位(スゥエーデン)
  • 52位(オランダ)
  • 56位(アメリカ)
  • ブラー アルバム 年表
    13
    (1999年)
    シンク・タンク
    (2003年)
    『シンク・タンク』収録のシングル
    1. 「アウト・オブ・タイム」
      リリース: 2003年4月14日
    2. 「クレイジー・ビート」
      リリース: 2003年7月7日
    3. 「グッド・ソング」
      リリース: 2003年10月6日
    テンプレートを表示

    シンク・タンク(Think Tank)は、イギリスのイギリスオルタナティヴ・ロックバンドブラーの7枚目のスタジオ・アルバム。全英1位を記録。

    概要[編集]

    2001年2002年にかけてロンドン、デヴォン、モロッコのマラケシュでレコーディングが行われた。当初、プロデューサーにファットボーイ・スリム(ノーマン・クック)を据え、後にベン・ヒリアー、ウィリアム・オービットらが加わる。レコーディングのさなか、ギタリストのグレアム・コクソンがバンドを脱退。

    モロッコでの経験から、サウンドはアフリカ音楽に加えアラブ音楽への傾倒も見せ、また同時にデーモン・アルバーンの反イラク戦争の活動を通じて、歌詞も政治的色彩を色濃くしている。

    アルバムアートワークには覆面芸術家バンクシーのグラフィティが使用されている。このオリジナルグラフィティは2006年にオークションで販売され£62,400で落札された。

    NMEが発表した「トップ100グレーテスト・アルバム・オブ・ザ・ディケード」では20位にランクインしている。

    グレアムの脱退に伴い、アルバム発表後のツアーでは元ザ・ヴァーヴのサイモン・トングがサポートライブ・ギタリストとして参加した。

    収録曲[編集]

    作詞・アルバーン、特筆のない限り作曲・アルバーン、アレックス・ジェームスデイヴ・ロウントゥリー。特筆のない限り、ベン・ヒリアー、ブラーによるプロデュース。

    1. ミー・ホワイト・ノイズ - Me, White Noise - 6:48
      シークレット・トラック。フィル・ダニエルズがヴォーカルで参加。
    1. アンビュランス – Ambulance - 5:09
    2. アウト・オブ・タイム – Out of Time - 3:52
      グレアムが脱退して3人編隊になってから最初のシングル曲。全英5位。プロモーション・ビデオではアメリカ海兵隊所有の戦艦を舞台に航空母艦から戦場へ向かう女性兵士が描かれている。
    3. クレイジー・ビート – Crazy Beat - 3:15
      シングル曲。ノーマン・クックによるプロデュース。
    4. グッド・ソング – Good Song - 3:09
      シングル曲。
    5. オン・ザ・ウェイ・トゥ・ザ・クラブ – On the Way to the Club - 3:09
      3人に加え、ジェームス・ドリングが作曲者にクレジットされている。
    6. ブラザーズ・アンド・シスターズ – Brothers and Sisters - 3:47
    7. キャラヴァン – Caravan - 4:36
    8. ウィーヴ・ガット・ア・ファイル・オン・ユー – We've Got a File on You - 1:03
    9. モロッコ人の革命的ボウルズ・クラブ – Moroccan Peoples Revolutionary Bowls Club - 3:03
    10. スウィート・ソング – Sweet Song - 4:01
      ウィリアム・オービットによるプロデュース。
    11. ジェッツ – Jets - 6:25
      3人に加え、マイク・スミスが作曲者にクレジットされている。
    12. ジーン・バイ・ジーン – Gene by Gene - 3:49
      ノーマン・クックによるプロデュース。
    13. バッテリー・イン・ユア・レッグ – Battery in Your Leg - 3:20
      3人に加え、アルバム中グレアムが作曲者に唯一クレジットされている曲。
    日本版ボーナストラック
    1. アウトサイダー - Outsider - 5:14

    脚注[編集]

    1. ^ AllMusic Review
    2. ^ Future, Andrew (2003年5月7日). “Blur - Think Tank”. Drowned in Sound. 2011年2月16日閲覧。
    3. ^ Rob Brunner (2003年5月9日). “Think Tank Review”. Entertainment Weekly. 2011年2月16日閲覧。
    4. ^ Alex Needham (2005年9月12日). “Album Reviews - Blur: Think Tank”. NME. 2011年2月16日閲覧。
    5. ^ Brent DiCrescenzo (2003年5月5日). “Blur: Think Tank”. Pitchfork Media. 2012年11月25日閲覧。
    6. ^ Devon Powers (2003年5月9日). “Blur: Think Tank”. PopMatters. 2011年2月16日閲覧。
    7. ^ Greenwald, Andy (2003年6月15日). “Blur, 'Think Tank' (Virgin)”. Spin. 2011年2月16日閲覧。
    8. ^ Sam Bloch (2003年9月1日). “Blur - Think Tank - Review”. Stylus Magazine. 2011年2月16日閲覧。
    9. ^ Walters, Barry (2003年4月22日). “Think Tank”. Rolling Stone. 2012年5月25日閲覧。
    10. ^ Uncut Review”. Metacritic.com. 2011年2月16日閲覧。