シンジケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

シンジケート英語: syndicateドイツ語: Syndikat)とは、製品の共同販売に関する独占形態のひとつで、共同販売カルテルの発展した形態[1]シンジケーション英語: syndication)。

概要[編集]

通常のカルテルの場合は、価格・数量協定を組みはするものの、そのなかでは各企業が競争を行うが、シンジケートは、こうした競争を避けるため、製品の販売を個別企業から共同販売機関にあらかじめ移しておき、生産割当てや合理化などを指導しつつ、市場支配力を強化しようとして企業組合を組織する[1]。ただし、販売に関して有する拘束力に比べて生産段階に対しての強制力は相対的に小さいものであり、その面における企業の独自性は保たれているのがシンジケートである[1]

その他[編集]

企業による協定、連携など
コンテンツ等の配給
犯罪シンジケート

作品[編集]

ここでは「シンジケート」という言葉がタイトルとなっている作品やシンジゲートに関する内容を持つ作品について触れていく。

  • ジョン・ガードナー著、宮祐二訳『シンジケート』(1973)[2]
  • リシャール・ベルダン著、山崎淳訳『マルセイユ・シンジケート』(1975)[3]
  • 穂村弘『シンジケート』(1990)[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]