シンタシュタ文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤がシンタシュタ文化の領域である(オレンジはアンドロノヴォ文化の最大領域)

シンタシュタ文化(Sintashta culture)またはシンタシュタ・ペトロフカ文化[1]シンタシュタ・アルカイム文化[2]青銅器時代ユーラシアステップ北部(東ヨーロッパ中央アジア)に紀元前2100-1800年に栄えた考古文化である[3]

シンタシュタ文化は一般にインド・イラン語派原郷と考えられている。最古のチャリオットが見つかっており、当時の戦闘技術の最先端を生み出し、旧世界まで拡散させる、揺籃の地であったことが示唆される[4] 。シンタシュタ文化の集落は、銅鉱業と銅冶金の強さが顕著であるが、これは草原の文化にとっては珍しいことである。[5]

脚注[編集]

  1. ^ Koryakova 1998b.
  2. ^ Koryakova 1998a.
  3. ^ Anthony 2009.
  4. ^ Kuznetsov 2006.
  5. ^ Hanks & Linduff 2009.

文献[編集]

関連項目[編集]