シンドゥ・プサルラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シンドゥ・プサルラ
NAC Jewellers Honors Olympic Silver Medalist PV Sindhu.jpg
基本情報
生年月日 (1995-07-05) 1995年7月5日(24歳)[1]
性別
国籍 インドの旗 インド
出身地 テランガーナ州ハイデラバード県ハイデラバード[1]
身長 177cm
選手情報
利き腕
種目 女子シングルス(WS)
主な戦績
世界ランク(最高) 2位
 
獲得メダル
女子バドミントン
インドの旗 インド
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 女子シングルス
世界選手権
2019 バーゼル 女子シングルス
2017 グラスゴー 女子シングルス
2018 南京市 女子シングルス
2013 広州市 女子シングルス
2014 コペンハーゲン 女子シングルス
ユーバー杯
2014 ニューデリー 女子団体
2016 崑山市 女子団体
アジア大会
2018 ジャカルタ 女子シングルス
2014 仁川市 女子団体
アジア選手権
2014 金泉市 女子シングルス
BWFプロフィール

シンドゥ・プサルラ(Pusarla Venkata Sindhu、P.V.シンドゥ1995年7月5日 - )は、インドハイデラバード出身の女子バドミントン選手。プサルラ(Pusarla)はではなく父称である。

2012年9月にはわずか17歳でBWF世界ランキングのトップ20に入って国際的な注目を集めた[2]。2013年に中国広州市で開催された世界選手権では銅メダルを獲得し、世界選手権シングルスでメダルを獲得したインド初の女性バドミントン選手となった。2015年3月にはインドで4番目に高い民間人名誉勲章であるパドマ・シュリ英語版を受章している[3]。2016年にブラジルリオデジャネイロで開催された夏季オリンピックでは銀メダルを獲得し、サイナ・ネワールに次いでオリンピックバドミントン競技でメダルを獲得したインド2番目の選手になるとともに、オリンピックで銀メダルを獲得した初のインド人女性となった。また、オリンピックの個人競技でメダルを獲得したインド最年少の競技者でもある。2017年と2018年の世界選手権では2年連続で準優勝した。2019年世界選手権で優勝し、世界一に輝いた。

経歴[編集]

幼少期[編集]

1995年にインド南部のテランガーナ州ハイデラバード県ハイデラバードに生まれた[4]。両親は全国レベルのバレーボール選手であり、父親のラマナ・プサルラは1986年に韓国・ソウルで開催されたアジア大会で銅メダルを獲得したインド代表のメンバーだった[5]。シンドゥの姉のディヴィヤ・プサルラは全国レベルのハンドボール選手だったが、ハンドボールを続けることなく医者になった。シンドゥは2001年の全英オープンで優勝したパレラ・ゴピチャンドに惹かれ[6]、8歳の時にバドミントンを始めた[5]

2010-2012[編集]

2010年にメキシコのメキシコシティで開催された世界ジュニア選手権ではベスト8となった[7]。同年のユーバー杯(国別対抗戦)ではインド代表の一員となった[8]

2012年7月に韓国の金泉市で開催されたアジアユースU19選手権では、決勝で日本の奥原希望を破って優勝した[9]。中国勢が安全上の理由で同年9月のジャパンオープン出場を回避したため、ジャパンオープンでは優勝の期待が高まったが[10]、2回戦で韓国のペ・ヨンジュンに敗れた[11]。同年11月の中国オープンではロンドンオリンピック金メダリストの李雪ゼイを破って準決勝に進出したが[12]、準決勝で中国のJiang Yanjiaoに敗れている[13]。同年12月にインドのラクナウで開催されたサイード・モーディ国際では準優勝し[14]、世界ランキングで15位に浮上した[15]

2013-2016[編集]

2013年のマレーシア・マスターズでは決勝でシンガポールの顧娟に勝利し、BWFグランプリ大会初優勝を飾った[16]。18歳で迎えた同年8月に中国の広州市で開催された世界選手権では、ベスト16で第2シードの中国の王儀涵を破った。準々決勝では中国の王適嫻を破り、準決勝で敗れたものの銅メダルを獲得した。世界選手権シングルスでメダルを獲得した初のインド人女子バドミントン選手となった。同年12月のマカオオープンでは、決勝でカナダの李文珊を破って優勝した。

2014年7月にスコットランドグラスゴーで開催されたコモンウェルスゲームズでは、準決勝でカナダの李文珊に敗れた[17]。同年8月にデンマークのコペンハーゲンで開催された世界選手権では、準々決勝で中国の王適嫻を破り、準決勝でスペインのカロリーナ・マリンに敗れたものの、2年連続で銅メダルを獲得した。

2015年10月のデンマーク・オープンでは、台湾の戴資穎、中国の王儀涵、スペインのカロリーナ・マリンと、3人のシード選手を倒して決勝に進出したが、決勝では前回大会優勝の中国の李雪ゼイに敗れた[18]。同年11月のマカオ・オープンでは、決勝で日本の三谷美菜津を破り、3年連続での優勝を果たした[19]

2016年1月のマレーシア・マスターズでは、決勝でスコットランドのカースティ・ギルモアを破り、3年ぶりに優勝した[20]。同年8月にブラジルのリオデジャネイロで開催されたオリンピックでは、グループリーグを2連勝で通過し[21][22][23]、ラウンド16では台湾の戴資穎[24]、準々決勝で第2シードの中国の王儀涵[25]、準決勝で日本の奥原希望に勝利した[26]。決勝ではスペインのカロリーナ・マリンに敗れたが、初出場のオリンピックで銀メダルを獲得した[27][28][29][30]

2017-2020[編集]

2017年8月にスコットランドのグラスゴーで開催された世界選手権では、決勝で日本の奥原希望に敗れたが銀メダルを獲得した。同年の韓国オープンでは決勝で奥原希望を破って優勝し、韓国オープンで優勝した初のインド人選手となった[31]

2018年3月にイギリスのバーミンガムで開催されたイングランド・オープンでは、準決勝で日本の山口茜に敗れた[32]。オーストラリアのゴールドコーストで開催されたコモンウェルスゲームズでは、混合団体で金メダルを獲得し、女子シングルスで銀メダルを獲得した。同年に中国の南京市で開催された世界選手権では、決勝でスペインのカロリーナ・マリンに敗れたが、2年連続で銀メダルを獲得した[33]

2019年にスイスのバーゼルで開催された世界選手権では3大会連続で決勝に進出。決勝では奥原希望を破って初優勝した。

成績[編集]

モディ首相とプサルラ

国際大会決勝結果[編集]

優勝(10回)[編集]

# 大会 決勝対戦相手 スコア
1 2011 インドネシア国際 インドネシアの旗 Fransisca Ratnasari 21–16, 21–11[34]
2 2013 マレーシア・マスターズ シンガポールの旗 顧娟 21–17, 17–21, 21–19
3 2013 マカオ・オープン カナダの旗 李文珊 21–15, 21–12
4 2014 マカオ・オープン 大韓民国の旗 キム・ヒョジンミン 21–12, 21–17
5 2015 マカオ・オープン 日本の旗 三谷美菜津 21–9, 21–23, 21–14
6 2016 マレーシア・マスターズ スコットランドの旗 カースティ・ギルモア 21–15, 21–9
7 2016 中国オープン 中華人民共和国の旗 孫瑜 21–11, 17–21, 21–11
8 2017 サイード・モーディ国際 インドネシアの旗 グレゴリア・マリスカ 21–13, 21–14
9 2017 インド・オープン スペインの旗 カロリーナ・マリン 21–19, 21–16
10 2017 韓国オープン 日本の旗 奥原希望 22–20, 11-21, 21–18
    世界バドミントン選手権大会
    BWFスーパーシリーズプレミア
    BWFスーパーシリーズ
    BWFグランプリ・ゴールド
    BWFグランプリ

脚注[編集]

  1. ^ a b bwf world superseries – P V Sindhu Profile”. 世界バドミントン連盟. 2018年11月23日閲覧。
  2. ^ “Sindhu breaks into world top 20 ranking”. The Hindu. (2012年9月21日). http://www.thehindu.com/sport/other-sports/article3918416.ece 2012年9月21日閲覧。 
  3. ^ Who is PV Sindhu – India's badminton heroine in Rio”. The Hindu. 2016年8月20日閲覧。
  4. ^ PV Sindhu will keep hopes of all Indians high, says her father PV Ramana” (2016年8月19日). 2016年8月21日閲覧。
  5. ^ a b “Boys and girls with golden dreams”. Deccan Chronicle. (2009年12月30日). http://www.deccanchronicle.com/node/98758/print 2010年10月20日閲覧。 
  6. ^ V. V., Subrahmanyam (2008年4月10日). “Aiming for the stars”. The Hindu. http://www.hindu.com/mp/2008/04/10/stories/2008041050140300.htm 2010年10月20日閲覧。 
  7. ^ “India won two bronze in Junior World Badminton c'ships”. Zee News. (2010年4月29日). http://www.zeenews.com/news622914.html 2010年10月20日閲覧。 
  8. ^ “Sindhu, emerging star on badminton horizon”. Deccan Chronicle. (2010年7月27日). http://www.deccanchronicle.com/tabloids/sindhu-emerging-star-badminton-horizon-957 2010年10月20日閲覧。 
  9. ^ P. V. Sindhu – Result”. 世界バドミントン連盟. 2016年8月22日閲覧。
  10. ^ China pull out players from Japan Open”. NDTV (2012年9月18日). 2018年11月23日閲覧。
  11. ^ “Sindhu falls in Japan Open”. Times of India. (2012年9月21日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-09-21/badminton/34001764_1_pv-sindhu-ajay-jayaram-indian-squad 
  12. ^ PV Sindhu stuns Olympic gold medallist Xuerui in China Masters”. ZeeNews. 2012年9月14日閲覧。
  13. ^ “Fighter PV Sindhu bows out of China Masters”. The Times Of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-09-15/badminton/33862110_1_china-masters-smashes-exhaustion 
  14. ^ Sindhu loses in finals of India GPG”. Business Standard (2012年12月23日). 2018年11月23日閲覧。
  15. ^ “Kashyap becomes world No.6”. The Hindu. (2013年4月25日). http://www.thehindu.com/sport/other-sports/kashyap-becomes-world-no6/article4653832.ece 
  16. ^ “Sindhu wins Malaysia Grand Prix”. The Hindu. (2013年5月4日). http://www.thehindu.com/sport/other-sports/sindhu-wins-malaysia-grand-prix/article4683735.ece 2013年5月5日閲覧。 
  17. ^ “Glasgow 2014: PV Sindhu lost in semifinal”. Patrika Group (2 August 2014). http://www.patrika.com/news/glasgow-2014-p-kashyap-enters-into-mens-singles-final/1021413 2014年8月2日閲覧。 
  18. ^ “Sindhu ends runner-up at Denmark Open Super Series”. The Times of India. (2015年10月18日). http://timesofindia.indiatimes.com/sports/badminton/Sindhu-ends-runner-up-at-Denmark-Open-Super-Series/articleshow/49442453.cms 2016年1月24日閲覧。 
  19. ^ “PV Sindhu completes hat-trick of Macau Open titles”. Hindustan Times. (2015年11月29日). http://www.hindustantimes.com/other-sports/pv-sindhu-completes-hat-trick-of-macau-open-titles/story-nsllSEcnUJLw33nwZKC71M.html 2016年1月24日閲覧。 
  20. ^ PV Sindhu starts 2016 with a bang, wins Malaysia Masters”. SportsCafe.in. 2016年2月10日閲覧。
  21. ^ “Saina Nehwal seeded fifth, PV Sindhu gets ninth seed for Rio Games”. Indian Express. (2016年7月26日). http://indianexpress.com/sports/rio-2016-olympics/badminton-draw-saina-nehwal-seeded-fifth-pv-sindhu-gets-ninth-seed-for-rio-games-2937313/ 2016年8月20日閲覧。 
  22. ^ “PV Sindhu wins first group game: As it happened”. Indian Express. (2016年8月14日). http://indianexpress.com/sports/rio-2016-olympics/live-pv-sindhu-india-badminton-score-women-singles-streaming-video-result-day-6-2968458/ 2016年8月20日閲覧。 
  23. ^ “PV Sindhu, Rio 2016 Olympics: PV Sindhu clinches win in second group clash”. Indian Express. (2016年8月14日). http://indianexpress.com/sports/rio-2016-olympics/live-badminton-score-pv-sindhu-women-singles-medal-day-9-2975058/ 2016年8月20日閲覧。 
  24. ^ “PV Sindhu enters badminton quarter-final: As it happened”. Indian Express. (2016年8月16日). http://indianexpress.com/sports/rio-2016-olympics/pv-sindhu-live-badminton-women-singles-pre-quarter-final-match-india-medal-result-video-streaming-day-10-2977530/ 2016年8月20日閲覧。 
  25. ^ Sukhwant, Basra (2016年8月17日). “PV Sindhu enters Rio 2016 semis, defeats World No. 2 Wang Yihan”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/sports/indian-shuttler-pv-sindhu-enters-rio-2016-semis-defeats-world-no-2-wang-yihan/story-nV1oIgf25iOAIKsDc3xRqJ.html 2016年8月20日閲覧。 
  26. ^ Shirish, Nadkarni (2016年8月19日). “How PV Sindhu stunned Nozomi Okuhara with a badminton blitzkrieg”. Firstpost. http://www.firstpost.com/sports/rio-olympics-2016-how-pv-sindhu-stunned-nozomi-okuhara-with-a-badminton-blitzkrieg-2964664.html 2016年8月20日閲覧。 
  27. ^ “I'll give my heart for gold: PV Sindhu after her Rio 2016 semifinal victory”. Hindustan Times. (2016年8月19日). http://www.hindustantimes.com/olympics/i-ll-give-my-heart-for-gold-pv-sindhu-after-her-rio-2016-semifinal-victory/story-DG0Y1oJDVuDKwkjVGaTD4N.html 2016年8月20日閲覧。 
  28. ^ “Carolina Marin stamps class as the World No.1”. DD News (Doordarshan). (2016年8月20日). http://ddinews.gov.in/Sports/Sports%20-%20Top%20Story/Pages/WorldNo1.aspx 2016年8月20日閲覧。 
  29. ^ “As it happened: Sindhu first Indian woman to win Olympic silver”. The Hindu. (2016年8月20日). http://www.thehindu.com/sport/other-sports/live-day-14-rio-olympcs-2016-pv-sindhu-in-badminton-final-aditi-ashok-in-womens-golf/article9008253.ece 2016年8月20日閲覧。 
  30. ^ Ashim, Sunam (2016年8月19日). “Rio Olympics 2016 badminton final as it happened: PV Sindhu wins silver, Marin clinches gold in thrilling contest”. IB Times. http://www.ibtimes.co.in/pv-sindhu-vs-carolina-marin-final-live-score-updates-rio-olympics-2016-final-live-blog-690396 2016年8月20日閲覧。 
  31. ^ “Korea Open Superseries: PV Sindhu Outlasts Nozomi Okuhara To Clinch Title – NDTV Sports” (英語). NDTVSports.com. https://sports.ndtv.com/badminton/korea-open-superseries-pv-sindhu-outlasts-nozomi-okuhara-to-clinch-title-1751342 
  32. ^ “All England Open: PV Sindhu loses to Akane Yamaguchi in epic semi-final”. The Times of India. https://timesofindia.indiatimes.com/sports/badminton/all-england-open-pv-sindhu-loses-to-akane-yamaguchi-in-epic-semi-final/articleshow/63349500.cms 2018年4月15日閲覧。 
  33. ^ Participants: Venkata Pusarla”. gc2018.com. 2018 Gold Coast. 2018年4月15日閲覧。
  34. ^ VICTOR INDONESIA INTERNATIONAL CHALLENGE 2011: Matches”. Tournament Software. 2015年10月18日閲覧。