シンプソン・ストリート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シンプソン・ストリート駅
Simpson Street
NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-5.svg
ニューヨーク市地下鉄
Simpson Street Station.jpg
駅を下の通りから見る
駅情報
住所 Simpson Street & Westchester Avenue
Bronx, NY 10459
ブロンクス区
地区 フォックスハースト, ロングウッド
座標 北緯40度49分26秒 西経73度53分35秒 / 北緯40.824度 西経73.893度 / 40.824; -73.893座標: 北緯40度49分26秒 西経73度53分35秒 / 北緯40.824度 西経73.893度 / 40.824; -73.893
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTホワイト・プレーンズ・ロード線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      5 Stops all times except rush hours in the peak direction (深夜帯およびラッシュ時混雑方向を除く終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: Bx4, Bx4A, Bx5, Bx11, Bx19, Bx27, Bx35
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 3線
その他の情報
開業日 1904年11月26日(114年前) (1904-11-26 (3番街線バーゲン・アベニュー・バイパス)
1905年7月10日(113年前) (1905-07-10 (ホワイト・プレーンズ・ロード線)
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017)2,965,807[1]減少 2.7%
順位 172位
次の停車駅
北側の隣駅 フリーマン・ストリート駅: 2 Stops all times 5 Stops all times except rush hours in the peak direction
南側の隣駅 インターベール・アベニュー駅: 2 Stops all times 5 Stops all times except rush hours in the peak direction


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス 東180丁目駅: 2 Stops all times 5 Stops all times except rush hours in the peak direction
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス 3番街-149丁目駅: 2 Stops all times 5 Stops all times except rush hours in the peak direction

シンプソン・ストリート地下鉄駅・変電所#18 (IRT)
Simpson Street Subway Station and Substation #18 (IRT)
IRT Substation 18 (South Side).JPG
地下鉄駅から北に1ブロックほどの1043 シンプソン・ストリートにあるIRT変電所#18。
座標 北緯40度49分26秒 西経73度53分35秒 / 北緯40.82389度 西経73.89306度 / 40.82389; -73.89306
複合資産 New York City Subway System MPS
NRHP登録番号 04001027[2]
NRHP指定日 2004年9月17日

シンプソン・ストリート駅 (Simpson Street) はニューヨーク市地下鉄IRTホワイト・プレーンズ・ロード線の駅である。ブロンクス区フォックスハーストとロングウッドに跨がるシンプソン・アベニューとウェストチェスター・アベニューの交差点に位置し、2系統が終日、5系統が深夜とラッシュ時を除く終日停車する。

駅構造[編集]

P
ホーム階
相対式ホーム、右側扉が開く バリアフリー・アクセス
南行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きインターベール・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-5.svg 平日:フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きインターベール・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-5.svg 週末:ボウリング・グリーン駅行きインターベール・アベニュー駅
混雑方向急行線 NYCS-bull-trans-5.svg ラッシュ時混雑方向:通過 →
北行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg ウェイクフィールド-241丁目駅行きフリーマン・ストリート駅
NYCS-bull-trans-5.svg 夕ラッシュ時及び深夜帯を除く終日:イーストチェスター-ダイアー・アベニュー駅行きフリーマン・ストリート駅
相対式ホーム、右側扉が開く バリアフリー・アクセス
G 地上階 出入口
バリアフリー・アクセス (シンプソン・ストリートとウェストチェスター・アベニュー交差点南西、北西にエレベーター)
雪の積もった駅構内

駅は1904年11月26日にIRTホワイト・プレーンズ・ロード線のジャクソン・アベニュー駅 - 180丁目-ブロンクス・パーク駅間の開業と共に開業した。駅は相対式ホーム2面と緩行線2線・急行線1線を有した2面3線の高架駅で、中央の急行線はラッシュ時に急行運転を行う5系統が使用している。駅は2000年初めに改装され、2004年9月17日にIRT変電所#18と共にアメリカ合衆国国立史跡に指定されている[3]

駅には2006年にリサ・アモヴィッツにより製作されたアートワーク『What We Build is Not Permanent』が飾られている。これはホームの壁に飾られたステンドグラスで構成されており、死亡または倒れた物の更新または再建をテーマにしている。

出口[編集]

当駅は高架駅であるが高架橋の高さが低いため中間階を作らずにホームと同じ階に改札口が設けられている。なお、改札内で南北ホーム間を行き来することはできない。南行ホーム側の改札口には終日駅員が配置され、回転式改札機、きっぷ売り場、シンプソン・ストリートとウェストチェスター・アベニューの交差点北西への階段が1つ、同交差点北東への階段1つとエレベーター1機がある[4]

北行ホームの改札口には、3つの回転式改札機、シンプソン・ストリートとウェストチェスター・アベニューの交差点南東への階段が1つ、同交差点南西への階段1つとエレベーター1機がある[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]