シンボラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
シンボラー
全国
ズルズキン - シンボラー(#561) - デスマス
イッシュ
ズルズキン - シンボラー(#067) - デスマス
基礎データ
英語名 Sigilyph
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第5世代
ポケモン学
分類 とりもどきポケモン
タイプ エスパー / ひこう
高さ 1.4m
重さ 14.0kg
特性 ミラクルスキン / マジックガード
かくれ特性 いろめがね
テンプレートを表示

シンボラーは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

「とりもどきポケモン」という分類通りそのシルエットこそは鳥のようだが、古代の象形文字等を彷彿とさせるような奇妙な姿をしている(ナスカの地上絵の「コンドル」に酷似している)。球体のような中央部の上にIの字型アンノーンのような黒い突起部分が鳥の頭部のような形で生え、一つ目のように見えるが、ポケモンミュージカルで眼鏡を付けようとすると、腹部の二つの円状の物の前に付く。

縄張りを巡回して侵入者をサイコパワーで撃退する、古代都市の守り神であったポケモン。当時の記憶が現代においても残っており、常に同じルートを巡回している。

ゲームでのシンボラー

ブラック・ホワイト』から登場。野生のものは「リゾートデザート」で出現する。レベルは10代後半から20程度。出現率はやや低い上、他にも5種類のポケモンが登場するため、遭遇する確率はかなり低い。

能力値はずば抜けて高いものはないが、「こうげき」以外が全体的に高めで特に「とくこう」と「すばやさ」に優れている。このように攻撃面が強い能力だが、「ぼうぎょ」「とくぼう」の両方を上昇させる「コスモパワー」や相手を眠らせる「さいみんじゅつ」など補助に関する変化技を豊富に覚え、後述の特性とともに防御面に優れた点も多く、様々な戦法を取ることができる。

特性の一つ、「マジックガード」は攻撃技以外ではダメージを受けないという強力な効果を持つ。そのため、この特性を持つ野生のシンボラーとのバトルではすなあらしの効果をこちらのみが受けるという状況になる。これを利用して、「かえんだま」や「どくどくだま」などを持たせて「サイコシフト」を使用し、相手に状態異常を及ぼすことができる。もう一つの「ミラクルスキン」という特性は「さいみんじゅつ」等の変化技が当たりにくくなるという効果を持つ。

ストーリー中では、プラズマ団のNや四天王のカトレアが使用する。

アニメでのシンボラー

ベストウイッシュ』64話で初登場。怒りで我を忘れ、デスカーンと共にサトシたちを攻撃したが、サトシたちの気持ちが伝わり助けた。使用技は「サイケこうせん」「サイコキネシス」「さいみんじゅつ」「オウムがえし」。

映画でのシンボラー

ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』でドレッドのポケモンとして登場。

ポケモンカードでのシンボラー

ポケモンカードゲームBW 拡張パック「ホワイトコレクション」で初登場。ゲーム同様「リフレクター」「テレキネシス」を使う。ゲームとは違い、「テレキネシス」には与えるダメージが存在する。

関連項目