シヴァピテクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シヴァピテクス(英:Sivapithecus)は、中期から後期の中新世南アジアに存在したヒト上科の生物である。

13.5myaから12myaにドリオピテクスから進化したものが、その当時陸続きであったアフリカからトルコを経て南アジアに到達した。70から150パウンドと大型で,広い頬骨が特徴である[1]

脚注[編集]

  1. ^ Jurmain, Robert.. Introduction to physical anthropology. Kilgore, Lynn., Trevathan, Wenda., Ciochon, Russell L., Bartelink, Eric J. (Fifteenth edition ed.). Boston. ISBN 1337099821. OCLC 957184894. https://www.worldcat.org/oclc/957184894.