シークレット・メッセージ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シークレット・メッセージ
エレクトリック・ライト・オーケストラシングル
初出アルバム『『シークレット・メッセージ』』
B面 ビルディング・ハブ・アイズ
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル テクノポップ
時間
レーベル ジェット・レコード(イギリスの旗
作詞・作曲 ジェフ・リン
プロデュース ジェフ・リン
チャート最高順位
エレクトリック・ライト・オーケストラ シングル 年表
ロックン・ロール・イズ・キング
(1983年)
シークレット・メッセージ
(1983年)
フォー・リトル・ダイアモンド
(1983年)
テンプレートを表示

シークレット・メッセージ」 (Secret Messages) は、エレクトリック・ライト・オーケストラ1983年に発表した楽曲。同名アルバムの一曲目に収録されている。

概要[編集]

ギターとシンセサイザーが豊富に使われたハイテンポのテクノポップ。曲中にモールス符号のようなクリック音が走っている。

ミュージックビデオはジョドレルバンク天文台の前で撮影された。宇宙通信を可能とする電波望遠鏡があることで知られている。

秘密のメッセージ[編集]

  • シングルバージョンではカットされているが、アルバムバージョンではこの曲の前に幕間が挿入されている。それはこの曲のイントロというより、アルバムそのもののイントロというべきもので、分厚いエフェクトがかかった男性の声が多数聴こえる。適宜逆再生を掛け、注意して聞くと、「Secret Messages」「Welcome to the show」「and again」と言っているのがわかる。また、バックで流れるシンセサイザーの上昇音は、同アルバムの最終曲になる予定だった没楽曲「ハロー・マイ・オールド・フレンド」の中間部と同一のものである。
    • 現在では、もはやこの幕間はこの曲の一部として扱われ、ベスト盤などではセットで収録されている。
    • 同様の幕間がアルバム最終曲の「ロックン・ロール・イズ・キング」の後にも挿入されているが、こちらは曲の一部として扱われることはない。
  • 歌詞は「秘密のメッセージ」について様々に描写しているが、具体的に何のことなのかは分からない。ジェフ曰く「慎重に言葉を発しても、逆再生すると全く違う風になるだろう?この曲はそんなナンセンスに感化されたものなんだ。
  • なお、前述の通り、曲中にモールス符号のような音が入れられている。これを解読すると「E L O」となるとする文献もあるが、実際は意味をなさないただのアレンジの一環である(モールス符号にするには二種類の長さのノーツが必要だが、この曲に流れるノーツは一種類のみ)。

その他[編集]

  • アルバムでは次曲の「落日の王国」とクロスフェードする形で収録されている。
  • アローン・イン・ザ・ユニバースツアーにてセットリスト入りした。アルバムバージョンのイントロがステージに流され、本編はアコースティックギターを前面に押し出したアレンジとなっている。

出典[編集]

http://www.jefflynnesongs.com/jlworks8.php

脚注[編集]