シートン動物記 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三井不動産アニメワールド > シートン動物記 (アニメ)
シートン動物記 > シートン動物記 (アニメ)
シートン動物記
アニメ
原作 アーネスト・T・シートン
監督 白土武
脚本 翁妙子伊東恒久山崎晴哉 ほか
音楽 大谷幸
製作 エイケンSSC
放送局 日本テレビ
放送期間 1989年10月14日 - 1990年12月22日
話数 全45話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

シートン動物記』(シートンどうぶつき)は、日本テレビアニメ作品。全45話。

概要[編集]

集英社から発売された『シートン動物記・完訳版』(原著者 - アーネスト・トンプソン・シートン)を原作とする、一話完結型のテレビアニメである。エイケンとサンシャインコーポレーション・オブ・ジャパン(SSC、現・サンシャインコーポレーション)の共同製作。

本作は、1989年10月14日から1990年12月22日まで日本テレビの『三井不動産アニメワールド』枠で放送されていた。しかし、同時期にプロ野球ナイター中継の開始時刻が土曜日のみ18:30に早まった上に、巨人戦が余程の事がない限りは休止にならない東京ドームで行われていたため、ナイターシーズン中にはたびたび放送休止になっていた。全45話の作品であるのにもかかわらず、1年以上にわたって放送されていたのはこのためである。特に1990年8月中には1回も放送されなかった。

なお、『三井不動産アニメワールド』枠の作品でエイケンとSSCが携わったのは本作のみで、次作の『おちゃめなふたご クレア学院物語』以降は東京ムービー新社(現:トムス・エンタテインメント)作品となる。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「生命あるもの」
作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 佐伯博志 / 編曲 - 大谷幸 / 歌 - ドリーミング
エンディングテーマ「ユートピア」
作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 佐伯博志 / 編曲 - 大谷幸 / 歌 - ドリーミング
これらは作品本編での使用が予定されていた挿入歌とともに、バップから発売された『シートン動物記 オリジナルサウンドトラック』に収録されている。

各話リスト[編集]

サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 ちび犬チンク 翁妙子 白土武 丸山政次 1989年
10月14日
2 タラク山の熊王 伊東恒久 石川康夫 新田義方 新井豊 10月21日
3 少年とオオヤマネコ 山崎晴哉 川瀬敏文 岡部英二 鈴木英二 10月28日
4 ギザ耳うさぎ 伊東恒久 新田義方 渡辺慎一 大戸幸子 11月4日
5 伝書鳩アルノー 富田祐弘 岡部英二 大庭秀昭 敷島博英 11月11日
6 裏町の野良猫 水城ゆう 渡部英雄 新田義方 新井豊 11月18日
7 だく足の野生馬 翁妙子 石川康夫 11月25日
8 小さな軍馬ウサギ 山崎晴哉 新田義方 岡部英二 福田鷹志 12月2日
9 イノシシのあぶく坊や 伊東恒久 山崎健一 伊東政雄 大戸幸子 12月9日
10 峰の王者・羊のクラッグ 富田祐弘 岡部英二 大庭秀昭 敷島博英 12月16日
11 ウィニペグの狼 翁妙子 白土武 伊東政雄 小林一三 12月23日
12 キツネ犬ワリー 山崎晴哉 石川康夫 栗山美秀 新井豊 1990年
1月6日
13 赤えりウズラの冒険 翁妙子 岡部英二 神宮慧 1月13日
14 白いトナカイの伝説 富田祐弘 新田義方 川端蓮司 鄭雨英 1月20日
15 りっぱになった犬ビリー 山崎晴哉 棚沢隆 宇田忠順 1月27日
16 サンドヒルの雄ジカ 伊東恒久 村田昌一 岡部英二 上村栄司 2月3日
17 狼王ロボ(前編) 山崎晴哉 白土武 大戸幸子 2月10日
18 狼王ロボ(後編) 石川康夫 白土武 新井豊 2月17日
19 名犬ビンゴ 翁妙子 大庭秀昭 敷島博英 2月24日
20 キルダー川のあらいぐま 棚沢隆 川端蓮司 上村栄司 3月3日
21 カラスの隊長 シルバースポット 富田祐弘 秦泉寺博 木下ゆうき 3月10日
22 暴れ猿ジニー 翁妙子 森田浩光 本木久年 3月17日
23 子熊のジョニー 山崎晴哉 白土武 伊東政雄 大戸幸子 3月24日
24 スプリングフィールドのキツネ 大庭秀昭 新井豊 3月31日
25 暴れ馬コーリー・ベィ 伊東恒久 石川康夫 敷島博英 4月28日
26 勇気ある子犬スナップ 富田祐弘 村田昌一 岡部英二 上村栄司 5月5日
27 アナグマと少年 山崎晴哉 木下ゆうき 雄谷将仁 相澤昌弘 5月12日
28 マガモ親子の冒険旅行 翁妙子 森田浩光 本木久年 5月26日
29 歌うスズメの冒険 山崎晴哉 石川康夫 新井豊 6月23日
30 灰色熊ワーブの一生(前編) 伊東恒久 白土武 大戸幸子 7月14日
31 灰色熊ワーブの一生(後編) 7月21日
32 立派になったコヨーテ 富田祐弘 大庭秀昭 敷島博英 9月1日
33 イエローストーンの銀ギツネ 翁妙子 村田昌一 成川武千嘉 山本清 9月29日
34 森の妖精コウモリの冒険 山崎晴哉 葛谷直行 上村栄司 10月6日
35 すばらしき鹿の仲間たち 富田祐弘 石川康夫 新井豊 10月13日
36 バッドランドの狼 翁妙子 大庭秀昭 敷島博英 10月20日
37 ウィンディゴールの雁 白土武 葛谷直行 上村栄司 10月27日
38 おもしろい灰色熊 山崎晴哉 村田昌一 石川康夫 新井豊 11月3日
39 ポプラの森のビーバー 富田祐弘 白土武 伊東政雄 大戸幸子 11月10日
40 踊るカンガルーネズミ 翁妙子 昆進之介 星野寛満 金子勲 11月17日
41 秋に歌うコガラたち 伊東恒久 白土武 城檀 上村栄司 11月24日
42 大きな森の小さなスカンク 富田祐弘 伊東政雄 大戸幸子 12月1日
43 大平原のプレリードッグ 山崎晴哉 大雷太 兵頭敬 12月8日
44 荒野に生きる猛牛バイソン 大庭秀昭 上村栄司 12月15日
45
(最終回)
森を守る小さなアカリス 翁妙子 白土武 伊東政雄 大戸幸子 12月22日
※製作形式:カラー、NTSC、16ミリフィルム製作、モノラル。
※放送マザー:D-2デジタルVTRによるクリアビジョン放送、16ミリシネテープ音声(磁気音声)付き(本放送、同時ネットのみ)

関連項目[編集]

日本テレビ 土曜18:30枠
【本番組から三井不動産アニメワールド
前番組 番組名 次番組
ニュースプラス1 土曜版
(1989年4月8日 - 1989年9月30日)
【土曜18:00枠へ移動】
シートン動物記
(1989年10月14日 - 1990年12月22日)
おちゃめなふたご クレア学院物語
(1991年1月5日 - 1991年11月2日)