シーナ・イーストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sheena Easton
シーナ・イーストン
SheenaEaston.jpg
シーナ・イーストン(2009年)
基本情報
出生名 Sheena Shirley Orr
生誕 (1959-04-27) 1959年4月27日(59歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランド・ベルズヒル
職業 歌手
活動期間 1979年 -

シーナ・イーストン(Sheena Easton, 1959年4月27日 - )は、イギリススコットランド出身の歌手[1]

略歴[編集]

シーナ・イーストンは、シーナ・シャリー・オール (Sheena Shirley Orr) として1959年4月27日グラスゴー郊外のベルズヒルで生まれた。

10代の頃バーブラ・ストライサンドに興味を持ち、スターとなるため、ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマ(現:ロイヤル・コンセルバトワール・オブ・スコットランド英語版)で学ぶようになる。その後、イギリスのBBCが製作したドキュメンタリーでスター志望の女の子が歌手を目指す過程を追う番組『ザ・ビッグ・タイム英語版』のヒロインに選ばれたのをきっかけに、1979年5月1日、EMIレコードと契約した。さらに翌月、イーストンはロイヤル・スコティッシュ・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマを卒業し、演劇学教師の資格を取得する。その後1980年に『モダン・ガール(Modern Girl)』でデビューした。デビューアルバムの『モダン・ガール』は日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1981年6月1日付から2週連続1位を獲得した[2]

さらに続く『9 to 5 (モーニング・トレイン)(Morning Train (Nine to Five))』は、ビルボード(Billboard)誌で、1981年5月2日に週間ランキング第1位を獲得した。1981年ビルボード誌年間ランキングは、第22位。同年には『007 ユア・アイズ・オンリー』の主題歌「ユア・アイズ・オンリー」を歌い、タイトル・バックにも登場した。翌1982年には、第24回グラミー賞で主要4部門の一つである最優秀新人賞を受賞する。1984年には、中南米ツアーとスペイン語のアルバム「スペインの休日」の製作を行い、第27回グラミー賞でラテン部門を受賞する。その他、テレビアニメガーゴイルズで初の声優を務めている。バンシー役を演じた際にはその美声をオペラのような奇声として披露した。

私生活では4回の結婚と離婚を経験している。「イーストン」という姓は20歳で最初の結婚をした時の夫の姓で、結婚生活は8ヶ月で終焉したものの、それ以来芸名として使用している。実子はいないが、2人の男女を養子として迎え入れている。1992年アメリカ合衆国市民権を取得しており、2009年の時点では米国ネバダ州ラスベガス在住。

2008年には、ソフトバンクの携帯電話のCMに『9 To 5 (モーニング・トレイン)』が使用され話題となり、着うたがヒットした[3]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 『モダン・ガール』 - Modern Girl (1980年)
  • 『9 To 5 (モーニング・トレイン)』 - Morning Train (9 to 5) (1980年) (2005年にサントリーチューハイ『カロリ』,2008年ソフトバンクモバイルSoftBank_825SH PANTONE SlideのCMソング)
  • 『ワン・マン・ウーマン』 - One Man Woman (1980年)
  • 『テイク・マイ・タイム』 - Take My Time (1981年)
  • 『眩しすぎる貴方』 - When He Shines (1981年)
  • 『ユア・アイズ・オンリー』 - For Your Eyes Only (1981年) 映画「007 ユア・アイズ・オンリー」主題歌
  • 『涙のブロークン・ハート』 - Just Another Broken Heart (1981年)
  • 『遠いさよなら』 - You Could Have Been With Me (1981年)
  • 『マシーナリー』 - Machinery (1982年) ノエビアのCM(リトルテンダネスも使用されていた)
  • 『ベッグ・フォー・ウォーター』 - I Wouldn't Beg For Water (1982年)
  • 『愛・ひととき』(ウィズ・ケニー・ロジャース)- We've Got Tonight(w/Kenny Rogers) (1983年)
  • 『TELEPHONE(テレフォン)』 - Telefone (Long Distance Love Affair) (1983年)
  • 『悲しみ色に染めて』 - Almost Over You (1983年)
  • 『素敵な悪魔』 - Devil In A Fast Car (1984年) 宝酒造の宝焼酎「純」CMソング
  • ストラット』 - Strut (1984年) 宝酒造の宝焼酎「純」CMソング
  • 『シュガー・ウォールズ』 - Sugar Walls (1984年)
  • 愛の誓い』 - Swear (1985年)
  • 『愛にDO IT』 - Do It For Love (1985年)
  • ジミー・マック』 - Jimmy Mack (1986年)
  • 『ソー・ファー・ソー・グッド』 - So Far So Good (1986年)
  • 『ラヴァー・イン・ミー』 - The Lover In Me (1988年)
  • 『デイズ・ライク・ディス』 - Days Like This (1989年)
  • 『101』 - 101 (1989年)
  • 『ホワット・カムズ・ナチュラリー』 - What Comes Naturally (1991年)
  • 『愛はミラクル』 - The Miracle Of Love (1993年)
  • 『マイ・シェリー』 - My Cherie (1995年)
  • 『トゥー・マッチ・イン・ラブ』 - Too Much In Love (1995年)
  • 『モダン・ガール'97』 - Modern Girl '97 (1997年) 「モダン・ガール」のセルフカバー
  • フリーダム』 - Love Me With Freedom (1997年)
  • 『ホエン・ユー・スピーク・マイ・ネーム』 - When You Speak My Name(1997年)
  • 『キャリー・ア・ドリーム』 - Carry a Dream (1999年)
  • 『マイ・トレジャー・イズ・ユー』 - My Treasure is You (1999年)
  • 君の瞳に恋してる』 - Can't Take My Eyes Off You (2001年) フランキー・ヴァリのカバー。テレビドラマ「たのしい幼稚園」主題歌。

アルバム[編集]

  • 『モダンガール』 - Take My Time (1981年)
  • 『涙のブロークン・ハート』 - You Could Have Been With Me (1981年)
  • 『マシーナリー』 - Madness, Money & Music (1982年)
  • 『秘密』 - Best Kept Secret (1983年)
  • 『スペインの休日』 - Todo Me Recuerda a Ti (1984年)
  • 『プライベート・ヘブン』 - A Private Heaven (1984年)
  • 『DO YOU』 - Do You (1985年)
  • 『ノー・サウンド・バット・ア・ハート』 - No Sound But A Heart (1987年)
  • 『ラヴァー・イン・ミー』 - The Lover In Me(1988年)
  • 『ホワット・カムズ・ナチュラリー』 - What Comes Naturally (1991年)
  • 『ノー・ストリングス』 - No Strings (1993年) JAZZスタンダードナンバーのカバー
  • 『マイ・シェリー』 - My Cherie (1995年)
  • 『フリーダム』 - Freedom (1997年)
  • 『HOME』 - Home (1999年)
  • 『ファビュラス』 - Fabulous (2001年)

主な出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

  • 宝酒造」に和服姿にて出演(1983年・1984年)CMコピーは「日、出ヅル国ノ、宝物。」中谷典久作[4]

日本公演[編集]

11月10日 中野サンプラザ、11日 NHKホール
12月3日 中野サンプラザ、4日 東京厚生年金会館、6日 福岡サンパレス、7日 神戸国際会館、8日 京都会館、10日 大阪厚生年金会館、11日 名古屋市民会館、13日,14日 中野サンプラザ
  • 2014年
6月9日 ビルボードライブ大阪、6月11日~12日 ビルボードライブ東京[5]

注釈・出典[編集]