シーノ大宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シーノ大宮
Sino Omiya
Japanese Musashino Bank head office.jpg
左:シーノ大宮ノースウィング
右:シーノ大宮サウスウィング
(中央は武蔵野銀行本店)
シーノ大宮の位置(埼玉県内)
シーノ大宮
シーノ大宮
施設情報
所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-17
座標 北緯35度54分19.1秒 東経139度37分6.6秒 / 北緯35.905306度 東経139.618500度 / 35.905306; 139.618500座標: 北緯35度54分19.1秒 東経139度37分6.6秒 / 北緯35.905306度 東経139.618500度 / 35.905306; 139.618500
状態 完成
竣工 2004年平成16年)2月
用途 事務所店舗図書館ホール
地上高
高さ 89.68m
各種諸元
階数 地上20階地下2階 塔屋3階
敷地面積 11,223
延床面積 81,139.35 容積率723%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造
駐車台数 77台
関連企業
設計 三菱地所
施工 大成建設
デベロッパー 大宮鐘塚A地区市街地再開発組合
テンプレートを表示
シーノ大宮ノースウィング
Sino Omiya North Wing
施設情報
座標 北緯35度54分20.6秒 東経139度37分5.2秒 / 北緯35.905722度 東経139.618111度 / 35.905722; 139.618111 (シーノ大宮ノースウィング)
状態 完成
竣工 2004年(平成16年)2月
用途 事務所
地上高
高さ 89.68m
各種諸元
階数 地上20階地下2階 塔屋3階
敷地面積 3,083.98
延床面積 30,227.21 容積率980%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造
関連企業
所有者 日本ビルファンド投資法人
テンプレートを表示
シーノ大宮サウスウィング
Sino Omiya South Wing
施設情報
座標 北緯35度54分18.1秒 東経139度37分8秒 / 北緯35.905028度 東経139.61889度 / 35.905028; 139.61889 (シーノ大宮サウスウィング)
状態 完成
竣工 2004年(平成16年)2月
用途 事務所店舗
地上高
高さ 86.57m
各種諸元
階数 地上19階地下2階 塔屋1階
敷地面積 2,959.76
延床面積 29,952.42 容積率1012%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造
テンプレートを表示
シーノ大宮アトリウム
Sino Omiya Atrium
(管理棟)
情報
用途 事務所
設計者 三菱地所
施工 大成建設
構造形式 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)
敷地面積 2,366.04 m²
延床面積 385.79 m² (容積率16%)
座標 北緯35度54分18.9秒 東経139度37分6.8秒 / 北緯35.905250度 東経139.618556度 / 35.905250; 139.618556 (シーノ大宮アトリウム)
テンプレートを表示

シーノ大宮(シーノおおみや)は、埼玉県さいたま市大宮区にある再開発地区である。

概要[編集]

名前の由来は、ポルトガル語で「鐘」を表す「sino」に、「さいたま(桜木町)・インテリジェント・ニュー・オフィス」の頭文字を当てはめたものである。

大宮ソニックシティ西側、三橋中央通りと国道17号に面した約1.4ヘクタールの地区に、民間業務棟(オフィスビル)である「シーノ大宮ノースウィング」(20階建て)「シーノ大宮サウスウィング」(19階建て)、公共公益棟である「シーノ大宮センタープラザ」(10階建て)、駐車場棟の4棟の建物と、アトリウムが整備された。大宮駅西口からペデストリアンデッキにて直結している。

当地はもともと旧国鉄官舎と民家が軒を連ねており、旧大宮市日本国有鉄道清算事業団が「大宮鐘塚A地区第一種市街地再開発事業組合」を組成して土地整理を行った。1990年代後半にはほとんど更地となっていたが、バブル崩壊によるオフィス需要の低迷から、2000年に日本国有鉄道清算事業団の清算事業を継承した日本鉄道建設公団によって、ようやく着工した[1]。その後、日本鉄道建設公団を継承した鉄道建設・運輸施設整備支援機構によって、2004年(平成16年)2月に竣工した。2004年から2006年にかけてREIT上場の日本ビルファンド投資法人が、ノースウィングの区画所有権と土地を買収している。

シーノ大宮ノースウィング[編集]

シーノ大宮ノースウィングは、民間業務棟として建設された。業務棟と管理棟にて構成される。現在は日本ビルファンド投資法人が100%所有する。

主なテナント(大手企業の大宮・北関東地区の支店・営業所中心):アデコマンパワー・ジャパンジャックスKDDI三洋電機クレジット大成有楽不動産など。

シーノ大宮センタープラザ[編集]

シーノ大宮センタープラザは、公共公益棟として建設された。さいたま市の生涯学習総合センター(7階〜10階)、さいたま市桜木公民館(5階・6階)、さいたま市立桜木図書館(4階)、男女総合参画推進センター(パートナーシップさいたま、3階)などが入居している。また、7階からはさいたま市街地や、遠く富士山までが一望でき、関東の富士見百景に選出されている。

構造[編集]

シーノ大宮サウスウィング[編集]

シーノ大宮サウスウィングは、民間業務棟として建設された。低層階には、エイチ・アイ・エスサイゼリヤステーキのどんプロントファミリーマートTAC大宮校など店舗が入居している。

主要テナント:鉄道建設・運輸施設整備支援機構東日本地区国鉄清算事業本部、東京海上日動火災保険アイダ設計会議室など。

交通アクセス[編集]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ さいたま新都心住宅・都市整備公団等への売却後に開発されたため、大宮地域の民間用地として唯一旧清算事業団が手がけた物件である。