シービーアールイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シービーアールイー株式会社
CBRE K.K.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
明治安田生命ビル
設立 1970年(昭和45年)2月21日
業種 不動産業
事業内容 国内及び外資系企業を対象とした事業用総合不動産サービス
代表者 坂口英治(代表取締役社長 兼 CEO)
資本金 7億7,100万円
売上高 284億2900万円(2018年12月31日時点)[1]
営業利益 41億6800万円(2018年12月31日時点)[1]
経常利益 73億3500万円(2018年12月31日時点)[1]
純利益 36億7900万円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 159億9600万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 397億9900万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 1,100名
外部リンク シービーアールイー株式会社
テンプレートを表示

シービーアールイー株式会社(英: CBRE K.K.)は、事業用不動産サービスの分野で世界最大手であるCBRE Groupの日本法人。

1970年に大阪で設立された生駒商事株式会社が前身となっている。

沿革[編集]

  • 1969年: 創業
  • 1970年: 生駒商事株式会社(現シービーアールイー株式会社)を大阪に設立
  • 1971年: 東京支社を開設
  • 1987年: 株式会社生駒データサービスシステム(現シービーアールイー株式会社に吸収)を設立
  • 1989年: 生駒ティビーエム株式会社(現シービーアールイー株式会社に吸収)を設立
  • 1990年: 生駒アメリカ社をニューヨークに設立
  • 1998年: 日本エフエムエージェンシー株式会社(現シービーアールイー株式会社に吸収)を設立
  • 1999年: CBREと資本提携し、生駒シービー・リチャードエリス株式会社に商号変更
  • 2006年: CBREが出資比率を22%から51%に引き上げたことによって子会社となり、シービー・リチャードエリス株式会社に商号変更[2]
  • 2010年: CBREの100%子会社となる
  • 2012年: シービーアールイー株式会社に商号変更
  • 2014年4月: 東京本社を港区浜松町のJEI浜松町ビルから千代田区丸の内の明治安田生命ビルへ移転し、日本橋、埼玉、新宿の各支店を統合

事業所[編集]

東京都千代田区丸の内の東京本社をはじめ、全国に10拠点を展開している[3]

東京本社、芝パーク支店、関西支社、仙台支店では同社が推進するABW(Activity Based Working アクティビティ・ベースド・ワーキング)が導入されている。

事業所名 所在地
東京本社 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル 17階および18階(受付18階)
芝パーク支店 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル B館 13階
関西支社 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 32階
札幌支店 札幌市中央区北2条西4丁目1 北海道ビル 1階
仙台支店 仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン 16階
横浜支店 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル 9階
金沢営業所 金沢市鞍月5-177 AUBEⅡ 7階
名古屋支店 名古屋市中区錦3-20-27 御幸ビル 4階
広島支店 広島市中区袋町3-17 シシンヨービル 6階
福岡支店 福岡市博多区博多駅前2-2-1 福岡センタービル 6階

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f シービーアールイー株式会社 第50期決算公告
  2. ^ 名を捨て実を取る経営統合、シービー・リチャードエリスと生駒”. 日経不動産マーケット情報. 日経BP (2006年1月20日). 2019年2月8日閲覧。
  3. ^ 営業拠点”. CBRE日本. 2019年2月7日閲覧。