シーホーク2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
シーホーク2
基本情報
船種 高速船
船籍 日本の旗 日本
所有者 東海汽船
運用者 東海汽船
建造所 三菱重工業下関造船所
経歴
竣工 1980年5月15日
要目
総トン数 520トン
全長 48.3m
8.2m
喫水 1.5m
機関方式 ディーゼル×2基 
推進器 2軸
出力 4,840馬力
最大速力 30.0ノット
旅客定員 401名
テンプレートを表示

シーホーク2は、東海汽船甑島商船が運航していた高速船である。

概要[編集]

大型軽合金製高速旅客船の草分けであるシーホークの代船として建造された船で、耐蝕アルミ合金製の単胴高速船である。稲取東伊豆町)と伊豆大島を結ぶ航路を主要航路とし、夏季ダイヤ及び椿まつりの期間には熱海と伊豆大島航路、伊東と伊豆大島航路にも使用された。モノクラスで定員401人であった。

1986年11月21日三原山噴火による伊豆大島全島避難の際には、4往復で約1200名を稲取および熱海へ脱出させた。

脚注[編集]

関連項目[編集]