シーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
シーマー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1944年3月22日
死没 不明(1972年廃用)
セフト
秀調
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 新冠御料牧場
馬主 島田幸次郎
調教師 新堂捨蔵
競走成績
生涯成績 20戦7勝
獲得賞金 642,890円
テンプレートを表示

シーマーは、日本競走馬種牡馬である。当時は重賞が少なかったこともあり、重賞勝ち鞍は天皇賞(春)だけだが、種牡馬としては同期のマツミドリを超える成功を収めた。

馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

経歴[編集]

1947年3月23日に競走馬としてデビューしたが、4歳時のクラシックでは精彩を欠き、9戦3勝の成績で滑り込み出走した農林省賞典四歳馬(現・菊花賞)で、ブラウニー(サラ系牝馬)の5着が目立つ程度であった。

だが、古馬になって本格化を果たし、1948年5月16日開催の天皇賞(春)で大波乱の立役者となった。6頭立ての5番人気の低評価であったが、有力馬の体調不良にも助けられ最低人気のカツフジを鼻差で振り切り、レコードタイムでの逃げ切りで天皇賞優勝を果たした。その後は、次走こそカツフジに天皇賞の借りを返されたものの、引退レースでは3馬身差で勝利し、有終の美を飾り競走馬引退となった。

種牡馬となったシーマーは、早くも2年目の産駒からダイナナホウシユウタカオーの2頭が天皇賞馬となり、同競走親子制覇を成し遂げた。天皇賞馬の産駒から複数の天皇賞馬が輩出された例はいまだにシーマーとその産駒(ダイナナホウシユウ・タカオー)だけである。母の父としてもニットエイトが菊花賞・天皇賞(秋)を制覇している。

長く種牡馬として供用されていたが、老齢のために1972年に廃用となっている。

血統表[編集]

シーマー血統ヘロド系 / Sierra=Sainfoin5×5=6.25% Ayrshire5×5=6.25%(父系)) (血統表の出典)

*セフト
Theft
1932 鹿毛
Tetratema
1917 芦毛
The Tetrarch Roi Herode
Vahren
Scotch Gift Symington
Maund
Voleuse
1920 鹿毛
Volta Valence
Agnes Velasques
Sun Worship Sundridge
Doctorine

秀調
1936 黒鹿毛
大鵬
1929 黒鹿毛
*シアンモア
Shian Mor
Buchan
Orlass
*フリッパンシー
Flippancy
Flamboyant
Slip
英楽
1930 栗毛
*チャペルブラムプトン
Chapel Brampton
Beppo
Mesquite
慶歌 *ダイヤモンドウェッディング
第四キーンドラー F-No.1-o
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典