シーメンスSD-100形・SD-160形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シーメンス SD-100
シーメンス SD-160
San Diego Trolley Santee Trolley Town Center.JPG
基本情報
運用者 デンバー地域交通局(SD-100、SD-160)
サンディエゴ都市交通システム英語版(SD-100)
ユタ交通公社(SD-100、SD-160)
カルガリー交通局英語版(SD-160)
ETS英語版(SD-160)
製造所 シーメンス
製造年 1993年 - 1999年(SD-100)
2000年 - 2014年(SD-160)
主要諸元
編成 2車体連接車
軸配置 B'2'B'
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600 - 750 V
架空電車線方式
備考 主要数値は[1][2][3][4][5][6][7]に基づく。
テンプレートを表示

SD-100形およびSD-160形は、鉄道車両メーカーのシーメンスアメリカ合衆国カナダライトレール向けに製造する連接式電車である。2019年現在5つの都市に導入されており、搭載する電動機の種類によって形式が分かれている[1][2]

概要[編集]

1987年サクラメント地域交通局英語版ライトレール路線(SCRT)英語版向けに製造したU2A形電車を基に、北アメリカのライトレール向けに設計が行われた形式。編成は2車体連接式で、最大4両編成まで総括制御が可能である。床上高さは985 mmで、低床式プラットホームを有する路線に導入された車両は可動式ステップが設置されている。1993年デンバー地域交通局向け車両を皮切りに製造が行われたSD-100形は直流電動機を搭載する一方、2000年から生産が実施されているSD-160形はVVVFインバータ制御方式IGBT素子)によって制御される誘導電動機に変更されている[1][2][8][9]

運用[編集]

2019年の時点で、SD-100形・SD-160形が導入されている事業者は以下の通りである[2][3][4][6]

SD-100[編集]

SD-100 主要諸元
事業者 デンバー地域交通局 MTS英語版
(サンディエゴ・トロリー)
UTA
(TRAX英語版)
都市 デンバー サンディエゴ ソルトレイクシティ
形式 SD-100
製造年 1993-2002 1993-96 1998-99
製造数 49両 52両
2001-2052
23両
1001-1023
軌間 1,435mm
最高速度 88.5km/h
定員 着席64人
立席121人
着席64人
立席96人
車椅子スペース - - -
全長 24,820mm 24,799mm
全幅 2,654mm 2,652mm
全高 3,786mm[注1 1] 3,779mm[注1 1]
床上高さ 985mm
プラットホーム 高床式・低床式
重量 40.6t 36.3t
電動機 直流電動機
電動機出力 145kw
出力 480kw 550kw
参考 [1][6][7] [1][3] [1][4][5]
脚注
  1. ^ a b 集電装置を含んだ値。

SD-160[編集]

SD-160 主要諸元
事業者 UTA
(TRAX英語版)
カルガリー交通局英語版
(Cトレイン)
RTD ETS英語版
(エドモントンLRT)
都市 ソルトレイクシティ カルガリー デンバー エドモントン
形式 SD-160 SD-160 SD-160NG SD-160 SD-160
製造年 2001,03 2001-08 2010 2006-14 2008,12
製造数 17両
1024-1040
72両
2201-2272
38両
2301-2338
123両 57両
1038-1094
軌間 1,435mm
最高速度 105km/h 80km/h 88.5km/h 80km/h
加速度 1.25m/s2 1.34m/s2 1.34m/s2 1.07m/s2
常用減速度 1.34m/s2 1.34m/s2 1.34m/s2 1.31m/s2
非常減速度 2.2m/s2 3.0m/s2 2.75m/s2 2.63m/s2
定員 着席56人
立席184人
着席60人
立席140人
着席56人
立席170人
着席64人
立席121人
着席60人
立席130人
車椅子スペース 4箇所 - 4箇所
全長 24,820mm
全幅 2,650mm 2,650mm 2,654mm
全高 3,840mm[注2 1] 3,786mm[注2 1] 3,840mm[注2 1]
床上高さ 985mm
プラットホーム 高床式・低床式 高床式 高床式・低床式 高床式
重量 45t 42t 40.6t 41.5t
電動機 交流電動機(IGBT素子)
電動機出力 145kw
出力 480kw
参考 [4][5][11] [12][13] [13] [6][7][14] [15][16]
脚注
  1. ^ a b c 集電装置を含んだ値。

関連項目[編集]

  • S200 - SD-100形・SD-160形を基に最新技術を導入した発展形式[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Vehicle Lines - ウェイバックマシン(2012年4月2日アーカイブ分)
  2. ^ a b c d McCormick Rankin Corporation (2005年5月). “North-South Corridor LRT Project(Rideau Center to Barrhaven Town Centre) Overview Assesement of Rail and Bus Technologies” (英語). 2019年11月9日閲覧。
  3. ^ a b c Metropolitan Transit System San Diego Trolley Light Rail Vehicles”. San Diego Metropolitan Transit System (2015年2月). 2019年11月9日閲覧。
  4. ^ a b c d SD Overhaul”. UTA. 2019年11月9日閲覧。
  5. ^ a b c TRAX Light Rail Cars”. http://utahrails.net/. 2019年11月9日閲覧。
  6. ^ a b c d RTD’s Light Rail Vehicles (LRVs)”. FastTracks. 2019年11月9日閲覧。
  7. ^ a b c Reinventing Union Station”. FastTracks. 2019年11月9日閲覧。
  8. ^ Roy Bonn (2015). The Transfer. 20. Oregon Electric Historical Society. pp. 1. http://oregontrolley.com/transfer/documents/The_Transfer_Newsletter_Winter_2015.pdf 2019年11月9日閲覧。. 
  9. ^ SD-160 Light Rail Vehicle Salt Lake City, UT - ウェイバックマシン(2006年1月5日アーカイブ分)
  10. ^ タイトル一覧対象誌の概要”. 鉄道総合技術研究所. pp. 42,53 (2009年12月1日). 2019年11月9日閲覧。
  11. ^ SD-160 Light Rail Vehicle Salt Lake City, UT - ウェイバックマシン(2006年1月5日アーカイブ分)
  12. ^ SD-160 Light Rail Vehicle Calgary, Canada - ウェイバックマシン(2006年1月5日アーカイブ分)
  13. ^ a b LRT TECHNICAL DATA - ウェイバックマシン(2014年7月14日アーカイブ分)
  14. ^ SD160 Light Rail Vehicle Denver, Colorado - ウェイバックマシン(2012年10月28日アーカイブ分)
  15. ^ SD-160 Light Rail Vehicle Edomonton, Canada - ウェイバックマシン(2012年9月29日アーカイブ分)
  16. ^ Annual Review of 2010-2013 Council Initiatives - ウェイバックマシン(2013年11月1日アーカイブ分)
  17. ^ Light Rail Vehicles for North America”. Siemens. 2019年11月9日閲覧。