シーラカンス目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
シーラカンス目
生息年代: デボン紀白亜紀  (ただし、現生種あり)
Latimeria Chalumnae - Coelacanth - NHMW.jpg
Latimeria chalumnae
ウィーン自然史博物館に収蔵されている保存標本
地質時代
古生代デボン紀 -
新生代第四紀完新世(現世)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
亜綱 : 肉鰭亜綱 Sarcopterygii
下綱 : 総鰭下綱 Crossopterygii
: シーラカンス目 Coelacanthiformes
学名
Coelacanthiformes Berg1937
英名
Coelacanth

菅椎目(かんついもく)とも呼ばれる。化石種も現生種もいる。

現生するシーラカンス目は化石種と現生種の間で形態的な差異がほとんど見られない「生きている化石」の一つである。

目次

歴史

シーラカンス目は多くの化石種によって存在が知られており、古生代デボン紀[1]に出現して広く世界の水域に栄えたが、約6500万年前(中生代白亜紀末)の絶滅イベントK-T境界)を境にほとんど全ての種が絶滅し、1938年に至るまで、現生種が確認されなかった。

形態・生態

古生代と中生代のシーラカンス目は、、かつては世界中の淡水域や浅い海に広く分布していたと考えられる。体形・体長もさまざまなものが知られ、現生のラティメリア属に近い体形のものから、タイのように体高が高く扁平な体型をした種やアンコウのような丸い形のもいた。また、復元された全長が3mに達する巨大な種も知られている。

現生のシーラカンス2種はいずれも深海に生息し、魚やイカを捕食していると考えられている。ある個体を試食したところ、肉は脂っぽくて非常に不味く、食用としては無価値であるという。

現生種で確認できたことであるが、(うきぶくろ)に詰っているのは空気ではなく油脂であった。水より軽い油をうきぶくろに蓄えることで浮力を得ているのである。

化石からシーラカンス目は卵胎生であると推測されていたが、現生種の解剖で証明された。卵は直径10cmを超え魚卵としては非常に大きい。仔魚もかなり成長が進んでから生まれ、体長30cm近くにもなる。

呼称

シーラカンス目の中で最初に発見・分類された化石種は、名として Coelacanthus の名を与えられた。 これは 古典ギリシア語: κοῖλος (koilos) 「からっぽの」 + ἄκανθα (akantha) 「(植物の)棘、魚の骨」 に由来する合成語で、尾びれの鰭条が中空の構造をもつことによる命名であったという[2]。 また、国際動物命名規約によりここからCoelacanthidae が作られ、さらにCoelacanthiformes が命名された。

通称名としては、同目に属するさまざまな魚を指して英語で coelacanthシーラカンス[3]) と呼び、日本語でもこれに倣っている。 なかでも、後に発見され一躍有名になったラティメリア属(Latimeria)の現生種は、「シーラカンス」の名を担う看板的な存在となっている。

日本語の分類名としては Coelacanthiformesシーラカンス目Coelacanthidaeシーラカンス科と呼ぶのに対し、属名 Coelacanthus はいわゆるラテン語風にコエラカントゥス(属)と呼ぶことが多く、この点は注意が必要である。

分類

肉鰭類 (Sarcopterygii) は、シーラカンス以外の現生種を含む最小の分類群であり、シーラカンスとハイギョ、およびいくつかの化石目を含む。

総鰭類 (Crossopterygii) は肉鰭類に含まれるグループで、シーラカンス目と、特に近縁ないくつかの化石目のみを含む。(まれに、肉鰭類と同様に使われることもある)

これらは伝統的には、硬骨魚綱肉鰭亜綱総鰭下綱などとすることが多かった。しかし硬骨魚や肉鰭類は単系統ではないので綱として採用せず、総鰭綱とすることもある。肉鰭綱総鰭亜綱や硬骨魚綱総鰭亜綱などとする中間的な立場もある。

Actinistia は希に使われる分類群で、広義には総鰭類と同義とされ、狭義にはシーラカンス目のみを含む単型とされる。

Coelacanthimorpha は、シーラカンス目のみを含む単型である。

シーラカンス綱、シーラカンス亜綱、シーラカンス下綱、シーラカンス上目は、これらの語を恣意的に意訳したものであり、対応する分類群名や生物群は必ずしも一定しない。

管椎目はシーラカンス目の単なる直訳で、完全に同義語である。

科と属

キンレア(復元図)
カリドスクトル
ウンディナピスキス
ウンディナ
アクセルロディクティス
ウィテイア


関連項目

脚注

今日は何の日(8月23日

もっと見る

「シーラカンス目」のQ&A