シーラカンス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーラカンス科 Coelacanthus
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
古生代ペルム紀 -
中生代ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 硬骨魚綱 Sarcopterygii
亜綱 : 総鰭亜綱 Coelacanthimorpha
: シーラカンス目 Coelacanthiformes
: コエラカントゥス科 Coelacanthidae
学名
Coelacanthidae
和名
シーラカンス科

シーラカンス科(Coelacanthidae)は、古生代ペルム紀に出現し、約1億4,500万年前(中生代ジュラ紀後期)までは世界中の海に広く生息していた硬骨魚類の一群()。

肉鰭綱-総鰭亜綱(シーラカンス亜綱)-シーラカンス目[1]に属する。しばしば誤解されることであるが、いわゆる現生の”シーラカンス”、すなわちラティメリア属Latimeria)はこのシーラカンス科ではなく、より後になって登場したラティメリア科に属している。

コエラカントゥス属Coelacanthus)を模式属とし、現在知られるシーラカンス科は、アクセリア、ティキネポミス、ウィマニア、インドコエラカントゥスなどの属を含む。

いくつかの属は三畳紀に現れ、しかしその時代のうちに滅び、コエラカントゥス属だけが約1億4,500万年前(中生代ジュラ紀後期)まで生き延びた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他に、硬骨魚綱-肉鰭亜綱-総鰭上目-管椎目とするなど、複数の分類法がある。