シーラカンス (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シーラカンス
ジャンル 少女漫画
漫画
作者 霜月かよ子
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 講談社コミックス
発表号 2008年1月号 - 2008年8月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

シーラカンス』は、霜月かよ子による日本漫画作品。『別冊フレンド』(講談社)にて2008年1月号から8月号まで連載されていた。単行本は全2巻。

タイトルは暗喩であり、化石生物シーラカンスとは関連がない。

あらすじ[編集]

複雑な家庭環境で育った高校生の久乃。ある日、自分が通う高校の教師が殺された。学校中が騒然とする中、久乃は冷静だった。

その夜、久乃は一人の青年と出会う。彼・雪成の持ち物から、彼が、10年前自宅アパートで起こった事故現場から走り去っていった少年だと確信する。

彼があの事件の犯人なのか……!? 疑心暗鬼になりながらも、久乃は彼に惹かれていく気持ちを抑えられない。

登場人物[編集]

里見 久乃(さとみ ひさの)
高校生。学級委員。周囲からはクールな性格だと思われている。複雑な家庭環境で育ち、現在は血のつながらない義母と義弟2人と暮らしている。
自分以外には見えない、自身の言動を非難する謎のが見える。
柳 雪成(やなぎ ゆきなり)
20歳。10年前の事件に関わっているらしい青年。幼い頃、母親から虐待をされていた。
小原 健太郎(こはら けんたろう)
久乃の同級生で、同じく学級委員。久乃のことが好き。叔父はフリーのジャーナリストで、10年前の事件を調べたこともある。
清水 来実(しみず くるみ)
21歳。医学部に首席で合格した現役の医学生。雪成と親しい。10年前の事件の関係者。
里見 波恵・陸・勇(さとみ なみえ・りく・ゆう)
久乃の実父の再婚相手とその連れ子。陸は小学生、勇は3,4歳。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ シーラカンス(1)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月26日閲覧。
  2. ^ シーラカンス(2)”. 講談社コミックプラス. 2018年7月26日閲覧。