シーラ・E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
シーラ・E
Sheila E.
Sheila E.jpg
シーラ・E(2008年)
基本情報
出生名 Sheila Escovedo
生誕 (1957-12-12) 1957年12月12日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド
ジャンル ポップスファンクラテン音楽サルサR&Bソウル
職業 シンガーソングライター、マルチ奏者、音楽プロデューサー、女優
担当楽器 ボーカルドラムパーカッション
活動期間 1976年 -
レーベル ワーナーパイオニア
ビクターエンタテインメント
公式サイト www.sheilae.com
シーラ・E(1985年)

シーラ・E[1](Sheila E.、本名:Sheila Escovedo、1957年12月12日 - )は、アメリカ合衆国歌手ドラマーパーカッション奏者。ソロ活動の他にプリンスのライブやツアーに参加した。

来歴[編集]

1957年12月12日カリフォルニア州オークランド生まれ。父はラテン・パーカッション奏者のピート・エスコヴェード英語版。プリンス・ファミリーの一員と見做され、プリンスとは短期間のロマンチックな関係もあった。しかしプリンスがウェンデイ英語版の双子の姉妹と交際したことやギャラの問題もあり、独立してアルバムを出したのが好評を博した。1984年に「グラマラス・ライフ英語版」が大ヒット[2]。その後、1986年「ラブ・ビザール英語版」もヒットした。プリンスとは、「ラブセクシー・ツアー英語版」の際に一時ツアーに協力した[3]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『グラマラス・ライフ』 - The Glamorous Life (1984年)
  • 『ロマンス1600』 - Romance 1600 (1985年)
  • 『SHEILA E.』 - Sheila E. (1987年)
  • 『セックス・シンバル』 - Sex Cymbal (1991年)
  • 『ライツ・オブ・パッセージ』 - Writes of Passage (2000年)
  • 『ヘヴン』 - Heaven (2001年)
  • Icon (2013年)
  • Iconic: Message 4 America (2017年)

シングル[編集]

  • 「グラマラス・ライフ」 - "The Glamorous Life" (1984年)
  • 「ベル・オブ・セント・マーク」 - "The Belle of St. Mark" (1984年)
  • "Oliver's House" (1984年)
  • 「シスター・フェイト」 - "Sister Fate" (1985年)
  • 「ラヴ・ビザール」 - "A Love Bizarre" (1985年)
  • 「ホリー・ロック」 - "Holly Rock" (1986年)
  • 「ラヴ・オン・ブルー・トレイン」 - "Love On a Blue Train" (1986年)※日本限定発売
  • 「ホールド・ミー」 - "Hold Me" (1987年)
  • 「クー・クー」 - "Koo Koo" (1987年)
  • 「セックス・シンバル」 - "Sex Cymbal" (1991年)
  • "Droppin' Like Flies" (1991年)
  • "Cry Baby" (1992年)
  • "Glorious Train" (2009年)

脚注[編集]

  1. ^ シーラ・E.」「シーラE」の表記もある。
  2. ^ ソウル・チャートだけでなく、ポップ・チャートでもヒットした
  3. ^ Sheila E. Looks Back on Prince: Their Collaborations, Engagement & Lifelong Love Shiela E back to Prince. Billboard. Retrieved 04 December 2020

関連項目[編集]