シールドアタッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シールドアタッカー(Shield Attacker)とはカプコンコンピュータゲームロックマンシリーズ」およびその派生シリーズに登場する敵キャラクターであり、それらバリエーションの総称をシールドアタッカーシリーズと呼ぶ。

概要[編集]

ロケットエンジンが付いた大きなのような敵キャラクター。元は警護用のシールドだったのを改造、ロケットエンジンで自ら飛ぶよう改造された。弱点はロケットエンジンの部分。様々なバリエーションが存在するが、一貫して往復移動するパターンしかない。

バリエーション[編集]

新シールドアタッカー(ロックマン5)
新たに地表検索システムを搭載したタイプ。
シールドアタッカーGTR(ロックマン6)
前面部分にトゲを付け、攻撃力を向上させたもの。
真シールドアタッカー(ロックマン7)
シールドを上下反転させることで旋回に要する時間を短縮した発展型。
ハンニャアタッカー(ロックマン8)
今までのシールドアタッカーシリーズに限界を感じたワイリーが、般若のお面をモチーフに作ったシールドアタッカー。この顔で一気に迫ってくるため、仲間からも怖がられているという。

登場作品[編集]