ジェイアール東日本物流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東日本旅客鉄道 > ジェイアール東日本物流
株式会社ジェイアール東日本物流
JR EAST LOGISTICS CO.,LTD
Arcaeast.jpg
本社が入居するアルカイースト
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
130-0013
東京都墨田区錦糸三丁目2番1号 アルカイースト6階
設立 1988年10月1日
業種 陸運業
法人番号 9010601022169
事業内容 物流業
代表者 代表取締役社長:唐澤 朝徳
資本金 1億円
売上高 103億47百万円(2016年3月期)[1]
純利益 5億7300万5000円(2019年03月31日時点)[2]
総資産 75億5858万4000円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 352人(2016年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 東日本旅客鉄道
JR東日本リテールネット
外部リンク http://www.jrbutsuryu.jregroup.ne.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジェイアール東日本物流(ジェイアールひがしにほんぶつりゅう)は、東京都墨田区に本社を置く東日本旅客鉄道(JR東日本)の物流子会社連結子会社)。

保有車両の例:コンビニエンスストアNewDaysロゴが記載された車両
保有車両の例:コンビニエンスストアNewDaysロゴが記載された車両
マスコット「Eロジ君」が描かれた車両
マスコット「Eロジ君」が描かれた車両
グループ会社・東日本物流サービスの車両
グループ会社・東日本物流サービスの車両

概要[編集]

前身は1949年創業の東京鉄道荷物株式会社であり、かつては国鉄の小荷物輸送を担っていたが、国鉄分割民営化に伴いその事業を承継して1988年10月1日付で設立された。現在は、JR東日本の駅構内物流や鉄道資材輸送等のほか、3PL事業者として親会社以外の一般顧客からの物流業務も受託する総合物流業社となっている。

JR東日本グループの一員であることから、駅構内や駅併設の店舗に対する食品物流業務を受託したり[3]、首都圏と東日本各地を結ぶネットワークを有するJR東日本グループの特長を生かして地産品物流専門会社を設立[4]、さらに、当日朝収穫された野菜を新幹線で首都圏に運ぶ試みに参画する[5]など、鉄道会社の物流子会社という立場を生かした取り組みを行っている。

事業内容[編集]

主な事業所[編集]

エキロジセンターは旧東日本キヨスク(現・JR東日本リテールネット)系列の東日本駅配送サービスを2007年に吸収合併、鉄道駅構内支店を経て再編

グループ企業[編集]

  • 東日本物流サービス
  • 東北鉄道運輸
  • 新潟鉄道荷物

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 輸送経済新聞社刊『2017年版 物流のすべて』216ページ。
  2. ^ a b 株式会社ジェイアール東日本物流 第89期決算公告
  3. ^ JR東日本物流のチルド物流事業が拡大、将来的には外販も『カーゴニュース』2017年04月13日付。
  4. ^ JR東日本/地産品専用の物流会社設立、高速バスのトランクも利用『LNEWS』2016年2月2日付。
  5. ^ JR東日本、JR東日本物流などが朝採れ野菜を新幹線でお届け『カーゴニュース』2017年8月8日付。
  6. ^ ビューカード会員限定特典”. ビューカード. 2016年8月15日閲覧。
  7. ^ JR東日本物流、館内物流初めて受託”. 物流ニッポン新聞社 (2015年11月19日). 2016年8月15日閲覧。
  8. ^ プロロジス、「プロロジスパーク市川 II」で株式会社ジェイアール東日本物流と賃貸契約を締結”. プロロジス (2010年3月10日). 2016年8月15日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 総合研修センターを開設しました (PDF)”. ジェイアール東日本物流 (2016年4月16日). 2016年9月2日閲覧。
  10. ^ JR東日本物流、総合研修センター開所 熱い「物流魂」体現”. 物流ニッポン新聞社 (2015年4月20日). 2016年8月15日閲覧。
  11. ^ 【急募】大黒ふ頭での仕分け作業 オープニングスタッフ募集開始 (PDF)”. ジェイアール東日本物流 (2016年1月14日). 2016年9月2日閲覧。
  12. ^ 東京ステーションシティ倶楽部「東京駅で働く人~ジェイアール東日本物流編」”. 東京ステーションシティ運営協議会 (2014年7月16日). 2016年8月15日閲覧。[リンク切れ]