ジェイク・バウアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイク・バウアーズ
Jake Bauers
クリーブランド・インディアンス #10
Jake Bauers (48104134222) (cropped).jpg
クリーブランド・インディアンス時代
(2019年6月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチ
生年月日 (1995-10-06) 1995年10月6日(23歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2013年 MLBドラフト7巡目
初出場 2018年6月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイコブ・クリストファー・バウアーズJakob Christopher Bauers, 1995年10月6日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチ出身のプロ野球選手一塁手外野手)。左投左打。MLBクリーブランド・インディアンス所属。

経歴[編集]

プロ入りとパドレス傘下時代[編集]

2013年MLBドラフト7巡目(全体208位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のアリゾナリーグ・パドレスでプロデビュー。47試合に出場して打率.282、1本塁打、25打点、2盗塁を記録した。

2014年はA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版でプレーし、112試合に出場して打率.296、8本塁打、64打点、5盗塁を記録した。

レイズ時代[編集]

AAA級ダーラム時代
(2018年4月13日)

2014年12月19日にワシントン・ナショナルズタンパベイ・レイズ間の三角トレードで、レネ・リベラバーチ・スミスと共にレイズへ移籍した[1]

2015年は傘下のA+級シャーロット・ストーンクラブズとAA級モンゴメリー・ビスケッツでプレーし、128試合に出場して打率.272、11本塁打、74打点、8盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、メサ・ソーラーソックスに所属した。

2016年は傘下のAA級モンゴメリーでプレーし、135試合に出場して打率.274、14本塁打、78打点、10盗塁を記録した。

2017年はAAA級ダーラム・ブルズでプレーし、132試合に出場して打率.263、13本塁打、63打点、20盗塁を記録した。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[2]

2018年は開幕をAAA級ダーラムで迎え、6月7日にメジャー初昇格を果たした[3]。同日のシアトル・マリナーズ戦にて「6番・一塁手」で先発出場してメジャーデビュー(この試合は4打数無安打)[4]。以降メジャーに定着し、最終的に96試合に出場して打率.201、11本塁打、48打点、6盗塁を記録した。

インディアンス時代[編集]

2018年12月13日にレイズとクリーブランド・インディアンスとマリナーズによる三角トレードが行われ、レイズはインディアンスにバウアーズを放出し、ヤンディ・ディアスコール・サルサー英語版を獲得、マリナーズはインディアンスにカルロス・サンタナを放出し、エドウィン・エンカーナシオンを獲得した[5]

2019年6月14日の対デトロイト・タイガース戦(コメリカ・パーク)で、「8番・DH」で先発出場し、2回の第1打席で右二塁打を放つと、4回の第2打席は止めたバットでボテボテの投手内野安打。同じく4回に回ってきた第3打席で左中間へ三塁打を放ちサイクルに王手をかけ、第4打席は見逃し三振に倒れたが8回の第5打席で右越えに8号2ラン本塁打を放ち、サイクルヒットを達成した。チームでは史上9人目。また、前日の13日にはエンゼルス大谷翔平がサイクルヒットを達成しており、DHとしては大谷に続いて史上7人目。2日連続でのサイクル安打達成は1912年6月9日のトリス・スピーカー(当時レッドソックス)、翌10日のチーフ・メイヤーズが達成して以来107年ぶり3度目となった[6][7][8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 TB 96 388 323 48 65 22 2 11 122 48 6 1 2 6 54 0 3 107 3 .201 .316 .384 .700
MLB:1年 96 388 323 48 65 22 2 11 122 48 6 1 2 6 54 0 3 107 3 .201 .316 .384 .700
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2018 TB 76 557 29 5 57 .992 16 20 1 0 0 1.000 4 7 0 0 0 1.000
MLB 76 557 29 5 57 .992 16 20 1 0 0 1.000 4 7 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

サイクルヒット:1回(2019年6月14日)

背番号[編集]

  • 9(2018年)
  • 10(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Rays complete eleven-player trade with Padres, Nationals” (英語). MLB.com Rays Press Release (2014年12月20日). 2018年11月9日閲覧。
  2. ^ Bill Chastain (2017年11月20日). “Honeywell, Bauers added to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2018年11月9日閲覧。
  3. ^ Mike Rosenbaum (2018年6月7日). “What to expect from Bauers with Rays” (英語). MLB.com. 2018年11月9日閲覧。
  4. ^ Seattle Mariners at Tampa Bay Rays Box Score, June 7, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年11月9日閲覧。
  5. ^ Richard Justice (2018年12月13日). “Rays get infielder Diaz, trade Bauers to Tribe” (英語). MLB.com. 2019年1月14日閲覧。
  6. ^ インディアンス・バウアーズが大谷に続きサイクル - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年6月17日閲覧。
  7. ^ インディアンス・バウアーズのサイクル安打、大谷翔平に続く2日連続達成は107年ぶり” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年6月17日閲覧。
  8. ^ MLBで107年ぶり快挙!2日連続でサイクル安打誕生 大谷翔平に続いてインディアンス外野手が達成” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年6月17日閲覧。

関連項目[編集]