ジェイコブ・メイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイコブ・メイ
Jacob May
シカゴ・ホワイトソックス (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ライカミング郡ウィリアムズポート
生年月日 (1992-01-23) 1992年1月23日(26歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 2013年 MLBドラフト3巡目(全体91位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2017年4月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表
プレミア12 2015年

ジェイコブ・アレクサンダー・メイ(Jacob Alexander May, 1992年1月23日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ライカミング郡ウィリアムズポート出身のプロ野球選手外野手)。MLBシカゴ・ホワイトソックス傘下所属。

祖父は元メジャーリーガーのリー・メイで、叔父は同じく元メジャーリーガーのカルロス・メイである[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2010年MLBドラフト39巡目(全体1177位)でシンシナティ・レッズから指名された[2]が、契約には至らず、コースタル・カロライナ大学英語版に進学した[3]

プロ入りとホワイトソックス時代[編集]

2013年MLBドラフト3巡目(全体91位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され[4]6月15日に契約を結び[5]、プロ入りを果たした。

6月19日に傘下のパイオニアリーグのルーキー級のグレートフォールズ・ボイジャーズ英語版に配属された[1]。ここでは12試合に出場し、打率.378、7打点、17安打、5盗塁を記録した[1]7月3日にA級カナポリス・インティミデイターズ英語版に配属された[1]。ここでは、54試合に出場し、打率.286・8本塁打・28打点・59安打・19盗塁を記録した[1]

オフにはオーストラリアウィンターリーグであるオーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)に参加し、シドニー・ブルーソックスに所属した[6]。45試合に出場し、打率.269・4本塁打・12打点・49安打・17盗塁を記録した[7]

2014年4月1日にA+級ウィンストン・セイラム・ダッシュ英語版に配属され[1]、開幕を迎えた。8月9日に故障者リストに登録された[1]9月2日故障者リストから復帰[1]。最終的に109試合に出場し、打率.258・2本塁打・27打点・107安打・37盗塁を記録した[1]

2015年3月12日にメジャーのスプリングトレーニングに招待され[1]4月9日にAA級バーミングハム・バロンズに配属され[1]、開幕を迎えた。6月3日に故障者リストに登録された[1]7月18日リハビリのためルーキー級アリゾナリーグ・ホワイトソックスに配属された[1]。ここでは3試合に出場した[1]7月23日にAA級バーミングハムへ復帰。シーズン途中にはサウス・アトランティックリーグ・オールスターゲームに選出された[1]。最終的にAA級バーミングハムでは98試合に出場し、打率.275・2本塁打・32打点・107安打・37盗塁を記録した[1]

オフの9月21日アリゾナ・フォールリーグに派遣され、グレンデール・デザートドッグスに配属された[1]10月21日第1回WBSCプレミア12アメリカ合衆国代表に選出され[8]代表入りし、チームを離脱した[要出典]同大会では決勝の韓国戦で敗北し、準優勝となった[要出典]

2016年1月26日に前年に続き2年連続でメジャーのスプリングトレーニングに招待されることが発表された[9]4月6日にAAA級シャーロット・ナイツへ配属され、開幕を迎えた[10]5月16日に故障者リストに登録された[1]6月20日に故障者リストから復帰した[1]7月26日に再び故障者リストに登録された[1]8月9日に故障者リストから復帰した[1]。この年AAA級シャーロットでは83試合に出場し、打率.266・1本塁打・24打点・80安打・19盗塁を記録した[1]。オフの11月20日ルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐためにホワイトソックスの40人枠入りした[11]

2017年はメジャーの開幕25人枠入りし[12]4月4日デトロイト・タイガースとの開幕戦にて「9番・中堅手」でメジャーデビュー。結果は4打数無安打だった。その後は14打席無安打と不振だったため、13日に先発を外れ同日から3試合休養を与えられた[13]クリーブランド・インディアンス戦でカルロス・カラスコからメジャー初安打を記録した[14]

2018年1月11日ミゲル・ゴンザレスとの契約に伴ってDFAとなり[15]、18日に40人枠を外れる形でAAA級シャーロットへ配属された。また、この年のスプリングトレーニングには招待選手として参加することになった[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 CWS 15 42 36 2 2 0 0 0 2 3 0 0 2 0 3 0 1 17 1 .056 .150 .056 .206
MLB:1年 15 42 36 2 2 0 0 0 2 3 0 0 2 0 3 0 1 17 1 .056 .150 .056 .206
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB
  • サウス・アトランティックリーグ・オールスターゲーム選出:1回(2015年)

背番号[編集]

  • 32(2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Jacob May stats MiLB.com (英語)
  2. ^ Cincinnati Reds 2010 Draft Selections MLB.com (英語) 2016年8月26日閲覧
  3. ^ Jacob May Baseball Reference (Minors) (英語)
  4. ^ White Sox 2013 First-Year Player Draft selections” (英語). MLB.com Chicago White Sox Press Release (2013年6月8日). 2016年8月26日閲覧。
  5. ^ Transaction June 2013” (英語). MLB.com (2013年6月15日). 2016年8月26日閲覧。
  6. ^ 2013 SYDNEY BLUE SOX HISTORICAL ROSTER ABL.com (英語) 2016年8月26日閲覧
  7. ^ Jacob May stats ABL.com (英語)
  8. ^ 2015 USA Baseball Premier12™ roster announced” (英語). USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (2015年10月21日). 2015年10月24日閲覧。
  9. ^ Patrick K. Flowers Sr. (2016年1月26日). “Tim Anderson, and Carson Fulmer headline Spring Training invites” (英語). FanSided. 2018年1月12日閲覧。
  10. ^ Knights 2016 Opening Day Roster Revealed” (英語). MiLB.com (2016年4月7日). 2016年8月26日閲覧。
  11. ^ http://www.chicagotribune.com/sports/baseball/whitesox/ct-white-sox-rule-5-draft-20161118-story.html
  12. ^ Scott Merkin (2017年4月1日). “White Sox Opening Day roster predictions”. MLB.com. 2018年1月20日閲覧。
  13. ^ Patrick Donnelly (2017年4月15日). “Garcia gets hit in first Major League at-bat” (英語). MLB.com. 2018年1月12日閲覧。
  14. ^ Scott Merkin (2017年4月23日). “May snaps slump, records first MLB hit” (英語). MLB.com. 2018年1月12日閲覧。
  15. ^ Scott Merkin (2018年1月11日). “Sox bring back Gonzalez on one-year deal” (英語). MLB.com. 2018年1月12日閲覧。
  16. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年1月23日閲覧。

関連項目[編集]