ジェイソン・カストロ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイソン・カストロ
Jason Castro
ミネソタ・ツインズ #21
Jason Castro 2017 (cropped).jpg
ミネソタ・ツインズ時代
(2017年5月23日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州アラメダ郡カストロバレー英語版
生年月日 (1987-06-18) 1987年6月18日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 MLBドラフト1巡目(全体10位)でヒューストン・アストロズから指名
初出場 2010年6月22日
年俸 $8,500,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイソン・マイケル・カストロJason Michael Castro, 1987年6月18日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州アラメダ郡カストロバレー英語版出身のプロ野球選手捕手)。右投左打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

愛称はストロ[2]

経歴[編集]

プロ入りとアストロズ時代[編集]

ヒューストン・アストロズ時代
(2015年3月7日)

スタンフォード大学出身。MLBドラフト1巡目(全体10位)でヒューストン・アストロズから指名され、プロ入り。プロ入り後もオフシーズンは社会学の学位取得を目指して大学に通っている[3]

2009年にはオールスター・フューチャーズゲームに出場し、ルイス・ペレスから3点本塁打を放った[4]

2010年6月22日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビューし、ティム・リンスカムから初打席初安打を記録した。

2011年は開幕前に左膝の前十字靭帯を断裂してシーズンを棒に振り[3]2012年に復帰した。

2013年は正捕手に抜擢され、前半戦で81試合に出場して打率.269・12本塁打・31打点・OPS0.806という打撃成績を残し[5]オールスターのメンバーに選出された。しかし、試合には出場しなかった[6]。後半戦では、ホームランの生産ペースがやや低下したが、それでも通年で打率.276・18本塁打・56打点・2盗塁・OPS0.835という好成績をマークした。この年、二塁打も35本放ったが、長打の生産ペースが上昇したのは打席でのアプローチを変えた事に起因する[7]。守備面では、ア・リーグワーストのキャッチャー防御率4.86を記録したが、これはカストロのリード力によるものではなく、投手陣の能力が伴っていない要素の方が大きい[7]

2014年1月17日にアストロズと1年契約に合意した[8]。この年も引き続き正捕手を務め、自身初の規定打席到達を果たした。しかし、打撃面では長打狙いに陥って打率が低下し、三振のペースも激増した[9]。守備面も芳しくなく、パスボール11はリーグワーストだった。また、先発投手との相性にも大きな差があった[9]

2015年、打撃は下降カーブを描き続け、3年連続2ケタ本塁打は達成したものの、打率.211・11本塁打・31打点という低調な成績に終わった。一方、守備面では大きな成長を見せ、1失策守備率.999・DRS +11・盗塁阻止率36%という素晴らしい成績を残した。

2016年は113試合に出場したが、前年に低下した打力が戻らずに打率.210・11本塁打・32打点と、ほぼ同等の成績に終わった。なお、2年ぶりに三塁打と盗塁を記録した。守備では、111試合で4失策・守備率.996・DRS +4という成績で、前年ほどの結果を残せなかったが、一方で自身初となるRF 9点台をマークした。11月3日にFAとなった[10]

ツインズ時代[編集]

2016年11月30日にミネソタ・ツインズと3年契約を結んだ[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 HOU 67 217 195 26 40 8 1 2 56 8 0 0 0 0 22 2 0 41 4 .205 .286 .287 .573
2012 87 295 257 29 66 15 2 6 103 29 0 0 2 4 31 2 1 61 8 .257 .334 .401 .735
2013 120 491 435 63 120 35 1 18 211 56 2 1 0 4 50 3 2 130 4 .276 .350 .485 .835
2014 126 512 465 43 103 21 2 14 170 56 1 0 1 3 34 1 9 151 11 .222 .286 .366 .651
2015 104 375 337 38 71 19 0 11 123 31 0 0 0 3 33 1 2 115 5 .211 .283 .365 .648
2016 113 376 329 41 69 16 3 11 124 32 2 1 1 0 45 0 1 123 9 .210 .307 .377 .684
2017 MIN 110 407 356 49 86 22 0 10 138 47 0 0 1 1 45 1 4 108 10 .242 .333 .388 .720
2018 19 74 63 4 9 3 0 1 15 3 0 0 0 1 9 0 1 26 2 .143 .257 .238 .495
MLB:8年 746 2747 2437 293 564 139 9 73 940 262 5 2 5 16 269 10 20 755 53 .231 .311 .386 .697
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 15(2010年、2012年 - 2016年)
  • 21(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jason Castro Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac. 2016年12月5日閲覧。
  2. ^ Twins Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  3. ^ a b Brian McTaggart (2011年11月3日). “Astros catcher Jason Castro is working his way back in the Arizona Fall League” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  4. ^ Anthony Castrovince (2009年7月12日). “World reigns victorious after final-frame rally” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  5. ^ Jason Castro 2013 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年11月1日閲覧。
  6. ^ July 16, 2013 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年11月1日閲覧。
  7. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、254頁。ISBN 978-4-331-51809-0。
  8. ^ “Astros agree to terms with Castro, Guzman” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Houston Astros), (2014年1月17日), http://houston.astros.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140117&content_id=66789792&vkey=pr_hou&c_id=hou 2014年1月18日閲覧。 
  9. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』、2015年、235頁。ISBN 978-4-331-51921-9。
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年12月5日閲覧。
  11. ^ Rhett Bollinger (2016年11月30日). “Twins finalize 3-year deal with catcher Castro” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。

関連項目[編集]