ジェイソン・クーチャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイソン・クーチャック
Jason Kouchak
Musician Jason Kouchak.jpg
アビーロード Abbey Road
基本情報
ジャンル クラシック音楽, シャンソン, ニューエイジ
職業 ピアニスト、シンガー・ソングライター, 作曲家
担当楽器 ピアノ、歌、バイオリン
活動期間 1990年〜現在

ジェイソン・クーチャック(Jason Kouchak)は、フランス出身のピアニスト作曲家シンガーソングライター。音楽活動をはじめ、社会貢献・慈善活動など幅広い分野で世界的な活動を展開しており、過去にイギリスフランス日本シンガポールおよび香港などを訪問している。[1]

生い立ち[編集]

ジェイソン・マリアーノ・クーチャック(Jason Mariano Kouchak)はフランス・リヨンに生まれた。ウェストミンスター・スクールを卒業、王立音楽大学エディンバラ大学でクラシックピアノを専攻。ロシア帝国の海軍司令官アレクサンドル・コルチャークの子孫にあたる。

演奏およびレコーディング活動[編集]

ジェイソン・クーチャックは5枚のアルバムをスタジオ収録・リリースしており、うち2枚はアビー・ロード・スタジオで収録された。BBCおよびNHKでのテレビ出演では自作曲を披露。クラシックピアニストとしても香港、シンガポール、日本を含む世界各国で演奏活動を行っている。

これまでに、ロイヤル・フェスティバル・ホール(ロンドン)、サル・プレイヤル(パリ)およびマリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)で公演を行い、エディンバラ国際フェスティバルではリサイタルを行った。

その他の音楽活動として、ジュリアン・ロイド・ウェバーの60歳の誕生日記念コンサートに出演。また、ショパン生誕50年記念ギルドホールコンサートでは、歌手で女優のエレイン・ペイジと共演した。

また、ロンドンのクラブ、 Café de Paris(英語サイト)、同じくロンドンの高級ホテル、Café Royal(英語サイト)のキャバレーイベントでは歌を披露した。

2012年には、スリランカ・ゴールで開催されたゴール文芸フェスティバル(英語サイト)でトム・ストッパードと共演。また、ロンドン・チェス・クラシック[2]のオープニングでピアノ演奏を行った。同じく2012年ロンドンとエディンバラで開催された英国フランス映画際[3]の20周年記念イベントでは音楽監督に就任。パリのイギリス大使館[6]で行われたショパン生誕記念イベントで演奏を披露した。

抜粋[編集]

1990年、リッツホテルで行われたスノードン伯爵夫人マーガレット王女エリザベス2世女王の妹)の60歳の誕生日記念パーティーにゲストアーティストとして出演。また、同じ年にゼフィレッリの映画プレミア上映会でゲストピアニストとして出演した。

1998年には、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館において、明仁天皇の前で自らの編曲による“さくら”を披露。クーチャックは、1995年ロンドンで行われた阪神・淡路大震災チャリティーイベントでも同曲を演奏している。ジュリアン・ロイド・ウェバーと共演したこの曲はアルバム Cello Moods(英語サイト)に収録されており、1999年にはオリンピックフィギュアスケートの佐藤有香のプログラムに使用された。

2011年と2013年のヨーロッパ戦勝記念日には、ロイヤルフィルハーモニー交響楽団と共演、巡洋艦HMSベルファスト上でロシア歌曲 ”Dark is the Night” を歌った。

このほかに、人気作家ジョアンナ・トロロープ[4]著の”The Other Family”のための楽作詞・作曲を担当。The Sage Gateshead[9](英語サイト)で上演された。

社会貢献活動[編集]

2010年、英国チェスグランドマスターのStuart Conquest(英語サイト)と共にロンドンのホーランド・パークに子供のためのジャイアントチェスセット[5][6]を設置するプロジェクトを実施。2013年にはエディンバラのメドウズ・パークでもジャイアントチェスセットを設置[7]した。また、CSC[8]の公式チャリティーテーマ曲”Moving Forward”を作曲した。また、CSCの公式チャリティーテーマ曲”Moving Forward”を作曲した。

2011年には、ロンドンにてTsubasa Children’s Choirを設立。2012年にロンドンで毎年開かれるジャパン祭りでの合唱、また同年開催されたエリザベス女王即位60年記念ダイヤモンド・ジュビリーにおいてトラファルガー広場でホルストの組曲「惑星」から”木星”の合唱を指揮した。

ディスコグラフィ[編集]

  • Space between Notes (2017)[1]
  • Comme d'Habitude (2011)[1]
  • Midnight Classics (2008)[1]
  • Forever (2001)[1]
  • Watercolours (1999)[1]
  • Première Impression - 1997[1]
  • Cello Moods (Sakura only)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Kouchak, Jason. “Comme d'Habitude”. j. kouchak. 2011年5月25日閲覧。
  2. ^ London Chess Classic 2012”. londonchessclassic.com. 2012年11月30日閲覧。
  3. ^ French Film Festival 2012”. Frenchfilmfestival.org.uk. 2012年10月27日閲覧。
  4. ^ Joanna Trollope ~ Bestselling author of Friday Nights, Second Honeymoon and Britannia's Daughters: Women of the British Empire”. Joannatrollope.com. 2011年9月25日閲覧。
  5. ^ Making mates on giant chessboard in Holland Park | News”. Thisislondon.co.uk (2010年11月1日). 2011年9月25日閲覧。
  6. ^ Kouchak, Jason; Malcolm Pein (2011年5月11日). “How London is becoming the Chess capital of the world.”. Chess 76 (2): 1. 
  7. ^ Giant chess board bid to fight child obesity | News”. news.scotsman.com (2013年4月17日). 2013年4月18日閲覧。
  8. ^ CSC Chess in Schools and Communities”. chessinschools.co.uk. 2013年12月27日閲覧。