ジェイソン・グッドウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイソン・グッドウィン
Jason Goodwin
Jason Goodwin.jpeg
誕生 1964年????
職業 作家歴史家
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
最終学歴 ケンブリッジ大学
ジャンル スリラー
代表作 『イスタンブールの群狼』
主な受賞歴 エドガー賞 長編賞(2007年)
配偶者 ケイト・グッドウィン
子供 4人
親族 ジョーカスタ・イネス(母)
ジョン・ミッチェル(実父)
テンプレートを表示
エストニアタリンのヘッドリード・フェスティバルにて(2011年)

ジェイソン・グッドウィンJason Goodwin1964年 - )は、イギリス小説家歴史家ケンブリッジ大学ビザンツ帝国について学んだ。著書"The Gunpowder Gardens or, A Time For Tea: Travels in China and India in Search of Tea" が好評を博し、ポーランドからイスタンブールを旅し、その体験を基に著した"On Foot to the Golden Horn" で、1993年ジョン・ルウェリン・ライス賞[1]を受賞した。

続いて発表した"Lords of the Horizons: A History of the Ottoman Empire" は『ニューヨーク・タイムズ』のブック・レビューで取り上げられた。2007年19世紀のイスタンブールを舞台に、宦官のヤシムが活躍する『イスタンブールの群狼』(原題:The Janissary Tree )でエドガー賞 長編賞を受賞し、より有名になり、同作から始まるシリーズは40か国語以上に翻訳されている。

ヤシム・シリーズの第3作"The Bellini Card" は舞台をベニスに移した。第4作"An Evil Eye"オスマン帝国のスルタン(皇帝)のハレムを舞台としている。

作家でジャーナリストのジョーカスタ・イネスと、作家ジョン・ミッチェルを両親に持つ[2]が、生まれる前に別れており、初めて実父に会ったのは、1992年、28歳の時だった[3]。実際に育ててくれたのは、母の最初の夫となった映画プロデューサーのリチャード・B・グッドウィンであった[4]。イギリスのテレビプロデューサーのデイジー・グッドウィンは異父妹[4]。既婚者で、4人の子供がいる。

著書[編集]

  • A Time For Tea: Travels in China and India in Search of Tea
  • On Foot to the Golden Horn
  • Lords of the Horizons: A History of the Ottoman Empire
  • Greenback: The Almighty Dollar and the Invention of America
オスマン帝国 ヤシム・シリーズ
  • イスタンブールの群狼 The Janissary Treeイギリスの旗 2006年 / 日本の旗 2008年1月 早川書房 和爾桃子訳)
  • イスタンブールの毒蛇 The Snake Stoneイギリスの旗 2007年 / 日本の旗 2009年4月 早川書房 和爾桃子訳)
  • The Bellini Card (2008)
  • An Evil Eye (2011)
  • The Baklava Club (2014)

出典・脚注[編集]

  1. ^ イギリス連邦を含む)イギリス国内で出版され、35歳以下の著者が英語で執筆した優れた文学作品(フィクション・ノンフィクション・演劇・詩)に与えられる賞。イギリスで2番目に古い文学賞。
  2. ^ Obituary: John Michell, The Daily Telegraph, 8 May 2009
  3. ^ "John Michell, Counterculture Author Who Cherished Idiosyncrasy, Dies at 76", New York Times, May 2, 2009.
  4. ^ a b Obituary: Jocasta Innes, telegraph.co.uk, 23 April 2013