ジェイソン・リバーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイソン・リバーモア Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Jason Livermore
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
競技 陸上競技短距離走
種目 100m, 200m
生年月日 (1988-04-25) 1988年4月25日(30歳)
出身地 ジャマイカの旗 キングストン[1]
身長 185cm[2]
体重 82kg[2]
成績
世界選手権 200m:準決勝2組5着(2013年
地域大会決勝 英連邦競技大会
100m:6位(2014年
200m:3位(2014年)
4x100mR:優勝(2014年)
国内大会決勝 ジャマイカ選手権
100m:2位(2014年)
200m:3位(2013年, 2014年)
自己ベスト
100m 10秒03(2016年)
10秒01w(2015年)
200m 20秒13(2013年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジェイソン・リバーモアJason Livermore1988年4月25日 ‐ )は、ジャマイカキングストン出身の陸上競技選手。専門は短距離走2013年モスクワ世界選手権男子200mのジャマイカ代表。

経歴[編集]

2013年6月、ジャマイカ選手権の男子200m決勝で20秒13(+0.9)の自己ベストをマークし、ウォーレン・ウィア(19秒79)、ニッケル・アシュミード(20秒06)に次ぐ3位に入った[3]

2013年8月、モスクワ世界選手権の男子200mで世界大会デビューを果たすと、予選を20秒59(-0.6)の組2着で突破し、初出場ながらセミファイナリストになったが、準決勝は20秒46(0.0)の組5着で敗退した[4]

2014年5月、世界リレーの男子4×200m予選でジャマイカチームの3走を務め[注 1]、1分20秒15の大会記録(当時)を樹立しての決勝進出に貢献したが、決勝での出番はなかった[5]

2014年6月、ジャマイカ選手権の男子100mと200mで決勝に進出し、100mはニッケル・アシュミード(10秒06)に敗れ10秒11(-1.5)の2位[6]、200mはラシード・ドワイヤー(20秒04)、ウォーレン・ウィア(20秒17)に次ぐ20秒25(+0.5)の3位に入り[7]ウサイン・ボルトヨハン・ブレークアサファ・パウエルなどの有力選手は不在だったものの、両種目で好成績を収めた。

2014年7-8月、英連邦競技大会に出場すると、男子100mはファイナリストになるも10秒18(0.0)の6位でメダルを逃した。しかし、同じくファイナリストになった男子200mでは20秒32(+0.5)をマークし、ラシード・ドワイヤー(20秒14)、ウォーレン・ウィア(20秒26)に次いで銅メダルを獲得した[8]。男子4×100mリレーでは決勝でジャマイカチームの1走を務め、37秒58の大会記録を樹立しての金メダル獲得に貢献し[9]、リレー種目ながら自身初となる主要国際大会のタイトルを獲得した。

2015年5月、世界リレーの男子4×200m決勝でジャマイカチームの3走を務め[注 2]、1分20秒97をマークしての金メダル獲得に貢献した[10][11]

2016年12月に受けたドーピング検査の尿サンプルからクロミフェンメステロロン英語版が検出されたため、2019年2月8日までの資格停止処分が下った[12]。治療目的での使用だったが、治療目的使用に係る除外措置適用措置の申請を怠っていた[13]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒03(+1.6) 2016年6月11日 ジャマイカの旗 キングストン
10秒01w(+3.0) 2015年8月7日 コスタリカの旗 サンホセ 追い風参考記録
200m 20秒13(+0.9) 2013年6月23日 ジャマイカの旗 キングストン

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2007 パンアメリカン競技大会 (en ブラジルの旗 リオデジャネイロ 100m 予選 10秒86(+1.5)
2010 北中米カリブU23選手権 (en アメリカ合衆国の旗 ミラマー 4x400mR 4位 3分10秒71(3走)
2011 パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 200m 準決勝 20秒76(+0.1)
4x100mR 予選 DQ(2走)
4x400mR 予選 3分10秒05(4走) 決勝進出
2013 中央アメリカ・カリブ選手権 (en メキシコの旗 モレリア 200m 3位 20秒29(+0.5)
4x100mR 2位 38秒86(4走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 200m 準決勝 20秒46(0.0)
2014 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x200mR 予選 1分20秒15(3走) 決勝進出[注 3]
大会記録
英連邦競技大会 (en イギリスの旗 グラスゴー 100m 6位 10秒18(0.0)
200m 3位 20秒32(+0.5)
4x100mR 優勝 37秒58(1走) 大会記録
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x200mR 優勝 1分20秒97(3走)
パンアメリカン競技大会 (en カナダの旗 トロント 100m 7位 10秒17(+1.1)
200m 予選 21秒02(+1.6)
4x100mR 決勝 DNF(1走)
北中米カリブ選手権 (en コスタリカの旗 サンホセ 100m 4位 10秒13(-0.1)
4x100mR 優勝 38秒07(2走) 大会記録
4x400mR 5位 3分06秒79(4走)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1走はラシード・ドワイヤー、2走はジャーメイン・ブラウン、4走はウォーレン・ウィア
  2. ^ 1走はニッケル・アシュミード、2走はラシード・ドワイヤー、4走はウォーレン・ウィア。
  3. ^ 予選のみ出場。決勝のジャマイカは1分18秒63で優勝。

出典[編集]

  1. ^ プロフィール”. 2014年英連邦競技大会公式サイト (2014年). 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ a b プロフィール”. 2015年パンアメリカン競技大会公式サイト (2015年). 2016年4月8日閲覧。
  3. ^ Fraser-Pryce world-leading 22.13, Weir 19.79 on final day of the Jamaican Champs”. 国際陸上競技連盟 (2013年6月24日). 2016年4月8日閲覧。
  4. ^ 第14回世界選手権男子200m準決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年4月8日閲覧。
  5. ^ 2014年世界リレー男子4×200mリレー予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年4月8日閲覧。
  6. ^ VCB, Ashmeade cop sprint titles”. Jamaica Observer (2014年6月28日). 2016年4月9日閲覧。
  7. ^ Dwyer, McLaughlin prevail”. Jamaica Observer (2014年6月30日). 2016年4月9日閲覧。
  8. ^ Amos defeats Rudisha over 800m at the Commonwealth Games”. 国際陸上競技連盟 (2014年7月31日). 2016年4月8日閲覧。
  9. ^ Bolt brings down the curtain on the Commonwealth Games”. 国際陸上競技連盟 (2014年8月2日). 2016年4月8日閲覧。
  10. ^ Men's 4x200m – IAAF/BTC World Relays, Bahamas 2015”. 国際陸上競技連盟 (2015年5月4日). 2016年4月8日閲覧。
  11. ^ 2015年世界リレー男子4×200mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年4月8日閲覧。
  12. ^ Sanctions for anti-doping rule violations in athletics as of 29 January 2018 (PDF, 154 KB) 国際陸上競技連盟(IAAF Newsletter) 2018年2月2日閲覧
  13. ^ Jamaican Commonwealth Games medallist Livermore given two-year doping ban”. insidethegames.biz (2017年10月29日). 2017年10月31日閲覧。