ジェイミー・シルバースタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pix.gif ジェイミー・シルバースタイン
Jamie Silverstein
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: (1983-12-23) 1983年12月23日(34歳)
出生地: ペンシルベニア州ピッツバーグ
身長: 160 cm
パートナー: ライアン・オメラ
元パートナー: ジャスティン・ペカレック
元コーチ: イーゴリ・シュピリバンド
マリナ・ズエワ
元振付師: イーゴリ・シュピリバンド
所属クラブ: Arctic Edge, Canton MI
ISU パーソナルベストスコア
アイスダンス: 155.51 2005 GPスケートアメリカ
コンパルソリーダンス: 29.98 2006 四大陸選手権
オリジナルダンス: 48.28 2005 GPスケートアメリカ
フリーダンス: 78.79 2005 GPスケートアメリカ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2000 大阪 アイスダンス
世界ジュニア選手権
1999 ザグレブ アイスダンス
ジュニアグランプリファイナル
1998 デトロイト アイスダンス

ジェイミー・シルバースタイン英語: Jamie Silverstein1983年12月23日 - )は、アメリカ出身の女性フィギュアスケート選手。1999年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2006年トリノオリンピックアイスダンスアメリカ代表。パートナーはライアン・オメラジャスティン・ペカレック

経歴[編集]

ピッツバーグに生まれ、3歳のころにスケートをはじめた。1995年にジャスティン・ペカレックとカップルを結成し、1997-1998年シーズンからISUジュニアグランプリに参戦を果たした。1998-1999年シーズン、JGP中国で優勝し、2度目の進出となったJGPファイナルで初優勝を飾る。1999年世界ジュニア選手権でも初優勝を果たした。

翌1999-2000年シーズンからシニアクラスに転向し、ISUグランプリシリーズにも参戦を果たしたが、2000年世界選手権後に解散、一時学業のためにコーネル大学に通う。

2005年4月、ライアン・オメラとカップルを組み競技会へ復帰を果たした。2006年全米選手権で3位となり、トリノオリンピック出場権を獲得。トリノオリンピックでは16位。のちにオメラとはカップルを解消し、現在は休養している。

主な戦績[編集]

大会/年 1997-98 1998-99 1999-00 2005-06
オリンピック 16
世界選手権 12
四大陸選手権 3 6
全米選手権 2 3
GPスケートアメリカ 5 5
世界Jr.選手権 10 1
JGPファイナル 6 1
JGP中国 1
JGPサン・ジェルヴェ 2
JGPブラオエン・シュベルター杯 3
JGPソフィア杯 2

詳細[編集]

2005-2006 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 18
27.53
16
46.00
18
76.87
16
150.40
2006年1月23日-28日 2006年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 5
29.98
6
45.38
7
75.4
6
150.76
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権セントルイス 4
32.24
3
54.46
2
91.76
3
178.46
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ 6
28.44
4
48.28
5
78.79
5
155.51