ジェイムズ・ガスコイン=セシル (第4代ソールズベリー侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第4代ソールズベリー侯爵
ジェイムズ・ガスコイン=セシル
James Gascoyne-Cecil,
4th Marquess of Salisbury
James Gascoyne-Cecil, 4th Marquess of Salisbury.jpg
4代ソールズベリー侯
生年月日 1861年10月23日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドンフィッツロイ・スクエア英語版
没年月日 1947年4月4日 (満85歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドン
出身校 オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジ
所属政党 保守党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
ロイヤル・ヴィクトリア勲章一等勲爵士 (GCVO)
バス勲章三等勲爵士 (CB)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 レディ・シシリー・ゴア
親族 第3代ソールズベリー侯爵 (父)
初代バルフォア伯爵 (従兄)
初代チェルウッドのセシル子爵 (弟)
第4代ハーレフ男爵 (娘婿)
第5代ソールズベリー侯爵 (子)

内閣 バルフォア内閣
在任期間 1903年10月17日 - 1905年12月4日
国王 エドワード7世

内閣 バルフォア内閣
在任期間 1905年3月14日 - 1905年12月4日
国王 エドワード7世

内閣 ボナー・ロー内閣・第1次ボールドウィン内閣
在任期間 1922年10月24日 - 1923年5月25日
国王 ジョージ5世

内閣 ボナー・ロー内閣・第1次ボールドウィン内閣
在任期間 1922年10月24日 - 1924年1月22日
国王 ジョージ5世

内閣 第2次ボールドウィン内閣
在任期間 1924年11月6日 - 1929年6月4日
国王 ジョージ5世
テンプレートを表示

第4代ソールズベリー侯爵ジェイムズ・エドワード・ヒューバート・ガスコイン=セシル: James Edward Hubert Gascoyne-Cecil, 4th Marquess of Salisbury1861年10月23日 - 1947年4月4日)は、イギリスの政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)、ロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCVO)、バス勲章コンパニオン勲爵士(CB)、枢密顧問官(PC)。

父親がソールズベリー侯爵となった1868年から自身が襲爵する1903年までは「クランボーン子爵」の儀礼称号で称された。

経歴[編集]

ロンドン生まれ。3度イギリスの首相となった第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルと妻のジョージアナ・アルダーソン英語版の間の長男[1]。弟に国際連盟の創設者の一人でノーベル平和賞受賞者である初代チェルウッドのセシル子爵ロバート・セシル、従兄に首相や外相を歴任した初代バルフォア伯爵アーサー・バルフォアがいる。

イートン・カレッジを経てオックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジ英語版へ入学し、1885年学士号、1889年修士号を取得[1]

1885年から1892年までランカシャーダーウェン英語版選挙区選出の[2][3]1893年からソールズベリー侯爵位を相続し貴族院に移る1903年までケントロチェスター選挙区選出[2][4]庶民院議員。

1900年、第3次ソールズベリー内閣においてシンジン・ブロードリック英語版の後任の外務政務次官Parliamentary Under-Secretary of State for Foreign Affairs)となる。続いて1903年に発足したバルフォア内閣では王璽尚書として入閣し[5]1905年には商務院総裁も兼ねた[6]

ソールズベリーは、1909年第1次アスキス内閣英語版財務大臣デビッド・ロイド・ジョージが提出した「人民予算」(People's Budget)やそれに続く1911年議会法に対する論争では、反対派の主導者であった。

1922年保守党が政権を奪還すると、アンドルー・ボナー・ロースタンリー・ボールドウィンの下で、1922年から1923年までランカスター公領大臣[7]、1922年から1924年まで枢密院議長[8]、1924年から1929年まで王璽尚書として入閣し[9]、さらに1925年から1929年まで貴族院における保守党の党首として貴族院院内総務も務めた。

1931年6月、貴族院の保守党党首を辞任。庶民院でウィンストン・チャーチルが行なっていたインド独立運動英語版反対の主張を貴族院から援護した。1936年秋、首相スタンリー・ボールドウィンと財務大臣ネヴィル・チェンバレンナチス・ドイツの脅威に対抗して軍備を強化するよう求めた両院代表に名を連ねた。これはサー・オースティン・チェンバレンが主導したもので、ソールズベリーの他にはウィンストン・チャーチルやレオ・アメリー英語版サー・ロジャー・キーズ英語版らが参加した。

1900年バス勲章コンパニオン[1]1909年ロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス[10]1917年ガーター勲章を授けられ[11]、また1903年枢密顧問官へ列せられた[5]1937年に行われたジョージ6世戴冠式においては、大家令を務めた[12]

1947年4月4日にロンドンで死去し、ハートフォードシャーハットフィールド英語版の聖エセルドレダ教会に葬られた。

家族[編集]

第5代アラン伯爵アーサー・ゴア英語版の次女であるレディ・シシリー・アリス・ゴア(1867年 - 1955年)と1887年5月17日に結婚し、二男二女をもうけた[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Lundy, Darryl. “James Edward Hubert Gascoyne-Cecil, 4th Marquess of Salisbury” (英語). thepeerage.com. 2012年12月25日閲覧。
  2. ^ a b Viscount Cranborne” (英語). Hansard Prototype: 1803-2005. UK Parliament. 2012年12月25日閲覧。
  3. ^ Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "D"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2012年12月25日閲覧。
  4. ^ Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "R"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2012年12月25日閲覧。
  5. ^ a b The London Gazette: no. 27607. p. 6368. 1903年10月20日。
  6. ^ The London Gazette: no. 27774. p. 2011. 1905年3月14日。
  7. ^ The London Gazette: no. 32761. p. 7533. 1922年10月27日。
  8. ^ The London Gazette: no. 32761. p. 7531. 1922年10月27日。
  9. ^ The London Gazette: no. 32989. p. 8042. 1924年11月7日。
  10. ^ The London Gazette: no. 28261. p. 4657. 1909年6月18日。
  11. ^ The London Gazette: no. 29986. p. 2627. 1917年3月16日。
  12. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 34453. p. 7051. 1937年11月10日。
  • Hansard 1803–2005: contributions in Parliament by Viscount Cranborne (英語)
  • ジェイムズ・ガスコイン=セシル - ナショナル・ポートレート・ギャラリー (英語)
  • "ジェイムズ・ガスコイン=セシルの関連資料一覧". イギリス国立公文書館. ウィキデータを編集
先代:
アーサー・バルフォア
王璽尚書
1903年 – 1905年
次代:
初代リポン侯爵
先代:
ジェラルド・バルフォア
商務院総裁
1905年
次代:
デビッド・ロイド・ジョージ
先代:
サー・ウィリアム・サザーランド
ランカスター公領大臣
1922年 – 1923年
次代:
J・C・C・デイヴィッドソン
先代:
アーサー・バルフォア
枢密院議長
1922年 – 1924年
次代:
初代パームア男爵
先代:
ジョン・ロバート・クラインス
王璽尚書
1924年 – 1929年
次代:
ジェイムズ・ヘンリー・トマス
先代:
初代ケドルストンのカーゾン侯爵
貴族院院内総務
1925年 – 1929年
次代:
初代パームア男爵
先代:
ロバート・ガスコイン=セシル
ソールズベリー侯爵
第4代: 1903年 – 1947年
次代:
ロバート・ガスコイン=セシル