ジェイムズ・トンプソン (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジェイムズ・トンプソン
James Thompson
誕生 1964年10月16日
アメリカ合衆国の旗 ケンタッキー州
死没 2014年8月2日(満49歳没)
フィンランドの旗 ラハティ
職業 作家
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェイムズ・トンプソンJames Thompson1964年10月16日 - 2014年8月2日)は、フィンランドラハティを拠点に活動した推理作家ヘルシンキ大学で英語文献学修士を取得。同校でフィンランド語を学び、流暢に話すまでに修得したほか、6か国語を学んでいた。フィンランド人のカリ・ヴァーラ警部を主人公とした推理小説を4編上梓した[1]

2014年11月には、アカシック・ブックスから自ら編み、自著も含むアンソロジー集"Helsinki Noir" (ヘルシンキ・ノワール)を上梓[2][3]

2014年8月、急死[2][4]

作品リスト[編集]

ヴァーラ警部シリーズ[編集]

カリ・ヴァーラは、ラップランド・キッティラの警察官。トンプソンの処女作『極夜/カーモス』(原題:Snow Angels )で初登場。シリーズ第2作『凍氷』(原題:Lucifer's Tears )で、ヘルシンキへ越す。最初の2作ではヴァーラは「良い警官」だったが、第3作『白の迷路』(原題:Helsinki White )で悪徳警官へと変わるのを読者は目の当たりにする。[5]

# 邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
訳者 出版社
1 極夜/カーモス Snow Angels 2009年 2013年2月 高里ひろ 集英社文庫
2 凍氷 Lucifer's Tears 2011年 2014年2月
3 白の迷路 Helsinki White 2012年 2014年12月
4 血の極点 Helsinki Blood 2013年 2016年1月
5 Helsinki Dead [注 1][6]

その他の文学関連のこと[編集]

トンプソンは、オンライン・レビューサイト『ニューヨーク・ジャーナル・オブ・ブックス』に最初にレビューをし、後にレビュアーとなった。運営元は、トンプソンの早すぎる死を悼み、彼のレビュー一覧のページに追悼の言葉を載せた[7]

フィンランド語のみでの出版物[編集]

  • Jerusalemin veri (2008)
  • Jumalan nimeen (2010)

その他[編集]

  • Helsinki Noir (2014年11月 ISBN 978-1617752414)[4] - トンプソンが編んだアンソロジー集

出典[編集]

注釈
  1. ^ 2014年に刊行予定だったが、著者の死去に伴い遅れている。
出典
  1. ^ Author Bio”. 2014年8月4日閲覧。
  2. ^ a b “Suomessa asunut huippudekkaristi Jim Thompson on kuollut” (フィンランド語). ヘルシンギン・サノマット: p. B 3. (2014年8月3日). http://www.hs.fi/kulttuuri/Suomessa+asunut+huippudekkaristi+Jim+Thompson+on+kuollut/a1407033166432 
  3. ^ Akashic Books
  4. ^ a b “Suomessa asunut suosittu kirjailija menehtyi” (フィンランド語). Iltalehti. (2014年8月4日). http://www.iltalehti.fi/viihde/2014080418539179_vi.shtml 2014年8月4日閲覧。 
  5. ^ List of Kari Vaara books”. 2014年8月4日閲覧。
  6. ^ Twitter”. Ann Rittenberg Literary Agency. 2014年8月5日閲覧。
  7. ^ http://www.nyjournalofbooks.com/reviewer/james-thompson-reviewer