ジェイムズ・バーナード (第2代バンドン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第2代バンドン伯爵ジェイムズ・バーナード: James Bernard, 2nd Earl of Bandon1785年6月14日 - 1856年10月31日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の貴族、政治家。

フランシス・バーナード(後の初代バンドン伯爵)と、第2代シャノン伯爵英語版リチャード・ボイル英語版の娘レディ・キャサリン・ヘンリエッタ・ボイルの間に長男として生まれる[1]ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジで学び、1806年に学位(M.A.)を取得[2]

1806年から1807年までコーク州ヨール英語版選挙区選出の、1807年から1818年までコーク州選挙区選出の、1818年から1820年まで再びコーク州ヨール選挙区選出の、1820年から1826年まで及び1830年の8月から11月までコーク州バンドン英語版選挙区選出の庶民院議員[3][1]。議会では保守党に所属。1830年に父親の死去により爵位を相続した。1835年にアイルランド貴族貴族代表議員に選出され、グレートブリテン及びアイルランド連合王国貴族院議員となった[3][2][1]

バンドンは1842年にコーク州総督Lord Lieutenant of Cork[訳語疑問点]に任じられ、没するまでその地位にあった[2][1]。また1845年には王立協会フェローにも選出された[4]

妻はカシェル大司教英語版チャールズ・ブロードリック英語版の娘メアリ・スーザン・アルビニア・ブロードリックで、1809年3月13日にカシェル大聖堂で結婚した[3][2][1]。彼女との間に爵位を継承したフランシスのほか、チュアム・キララ・アチョンリー主教英語版となったチャールズ・バーナードらをもうけた。

1856年にコーク州バンドンのバーナード城で死去し、同地に葬られた[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1912). “BANDON” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 1 (1 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. p. 409. http://archive.org/stream/completepeerageo01coka#page/408/mode/2up 2013年8月7日閲覧。. 
  2. ^ a b c d "Bernard, Lord James. (BNRT804J)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  3. ^ a b c Jupp, P. J. (1986). “BERNARD, James, Visct. Bernard (1785-1856), of Castle Bernard, Bandon, co. Cork.”. In Thorne, R. G.. The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/bernard-james-1785-1856 2013年8月7日閲覧。. 
  4. ^ Bernard; James (1785 - 1856); 2nd Earl of Bandon” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2013年8月7日閲覧。
先代:
フランシス・バーナード
バンドン伯爵
第2代: 1830年 - 1856年
次代:
フランシス・バーナード