ジェイムズ・ミルトン・キャロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジェイムズ・ミルトン・キャロル(James Milton Carroll、1852年1月8日 - 1931年1月10日)とは、アメリカのバプテストの牧師、指導者、歴史家、著述家。

父もバプテストの教役者である。12人兄弟。1870年12月22日結婚。ベイラー大学卒業。1884年名誉学位。南部バプテスト連盟の指導者だった。ただし、現在彼の主著を紹介するサイトは南部バプテストらが「主イエスの教える新約の聖書バプテスト教会」から離れたとしている。[1]

1931年ランドマーク・バプテストの立場からバプテストの起源と歴史が書かれた『血まみれの道The Trail of Bloodを出版した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ "THE TRAIL OF BLOOD" by J.M. Carroll
  2. ^ William Hull, "William Heth Whitsitt: Martyrdom of a Moderate," Distinctively Baptist: Essays on Baptist History, ed. Marc A. Jolley, John D. Pierce, pp. 237-78, p. 255, note 70.

著書[編集]

  • 『血まみれの道』田嶋浩次訳 バプテスト文書出版 1974年 ASIN B000J4PM8C