ジェイレン・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイレン・ブラウン
Jaylen Brown
Jaylen Brown 2017.jpg
ボストン・セルティックスでのブラウン (2017年)
ボストン・セルティックス  No.7
ポジション SF/SG
背番号 7
身長 201cm (6 ft 7 in)
体重 102kg (225 lb)
ウィングスパン 213cm  (7 ft 0 in)[1]
シューズ アディダス
基本情報
本名 Jaylen Brown
ラテン文字 Jaylen Brown
誕生日 (1996-10-24) 1996年10月24日(22歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州の旗 ジョージア州マリエッタ
出身 カリフォルニア大学バークレー校
ドラフト 2016年 3位[2] 
選手経歴
2016 - ボストン・セルティックス
受賞歴

ジェイレン・ブラウン (Jaylen Brown , 1996年10月24日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州マリエッタ出身のバスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。ポジションはスモールフォワードまたはシューティングガード

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ジョージア州マリエッタジョセフ・ウィーラー高等学校英語版時代から、全米級の選手として名を馳せ、同高校を州王者に導き、2015年のマクダナルズ・オール・アメリカンゲームに出場[3]ベン・シモンズに匹敵する実力者として注目された[4]。大学はカリフォルニア大学バークレー校に進学[5]。1年生ながらスタメンで起用され、34試合の出場で平均14.6得点 5.4リバウンド 2.0アシストを記録し、Pac-12の1stチームとフレッシュマン賞を受賞した。

ブラウンは大学では1年間プレーしただけで2016年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明[6]。全体3位という高評価を受けてボストン・セルティックスから指名された[7]

ボストン・セルティックス[編集]

1年目の2016-17シーズンジェー・クロウダーの控えとして78試合で平均17.5分、6.6得点2.8リバウンド0.8アシスト0.4スティールの成績を残した。

2年目の2017-18シーズンは新人スモールフォワードジェイソン・テイタムの台頭によりシューティングガードとして出場した。2017年10月18日、開幕戦のクリーブランド・キャバリアーズ戦でキャリアハイの25得点をマークした[8]。2017年11月18日に行われたアトランタ・ホークス戦でキャリア・ハイとなる27得点を記録、試合はセルティックスが110-99で勝利し連勝を15に伸ばした[9]。2018年3月8日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でダンクを決めた後に勢い余って手が離れてしまい、後頭部をフロアに打ち付け脳震盪と診断された[10]。2週間(6試合)の離脱の後3月25日のサクラメント・キングス戦で復帰し19得点を記録、セルティックスが104-93で勝利した[11][12]。4月6日に行われたシカゴ・ブルズ戦でキャリア・ハイとなる32得点を記録、試合はセルティックスが111-104で勝利した[13]。4月17日のプレーオフ1回戦、対ミルウォーキー・バックスの2戦目でプレーオフでのキャリア・ハイとなる30得点を記録、試合は120-106で勝利した[14]。第4戦では34得点を記録したが107-102で敗れた[15]。第7戦で右ハムストリングを負傷して途中退場し、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのカンファレンス準決勝第1戦を欠場し[16]し、残りの4試合も出場時間を少なめに抑えた。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2016–17 BOS 78 20 17.2 .454 .341 .685 2.8 .8 .4 .2 .9 6.6
2017–18 70 70 30.7 .465 .395 .644 4.9 1.6 1.0 .4 1.8 14.5
通算:2年 148 90 23.6 .461 .379 .658 3.8 1.2 .7 .3 1.3 10.4

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2017 BOS 17 0 12.6 .479 .217 .667 2.1 .8 .4 .1 .8 5.0
2018 18 15 32.4 .466 .393 .640 4.8 1.4 .8 .6 1.3 18.0
出場:2回 35 15 22.8 .469 .363 .647 3.5 1.1 .6 .3 1.0 11.7

脚注[編集]

  1. ^ Jaylen-Brown”. draftexpress.com (2016年). 2017年閲覧。...
  2. ^ 2013年夏にブルックリン・ネッツと大型トレードを行った際に、将来の1巡目指名権として譲受されていた指名権を、セルティックスが当年のドラフトで行使した。
  3. ^ 2015 McDonald's All-American rosters announced
  4. ^ Jaylen Brown scouting: Evaluating No. 2 class of 2015 prospect (VIDEO & PHOTOS)
  5. ^ Jaylen Brown commits to Cal
  6. ^ Jaylen Brown: The 2016 NBA draft’s Renaissance man
  7. ^ BostonGlobe.com
  8. ^ Celtics' Jaylen Brown: Posts 25 in season opener
  9. ^ Irving, Brown help Celtics rally for 15th straight win” (英語). ESPN.com (2017年11月18日). 2018年2月17日閲覧。
  10. ^ セルティックスのプレイオフ進出が確定、カイリー・アービングは「早い段階で決められて嬉しい」”. NBA Japan (2018年3月9日). 2018年5月13日閲覧。
  11. ^ Rozier scores 33 as Celtics roll past Kings, 104-93” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月25日). 2018年3月30日閲覧。
  12. ^ Jaylen Brown scores 19 points in return from concussion” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月25日). 2018年3月30日閲覧。
  13. ^ Greg Monroe's triple-double lifts Celtics over Bulls 111-104” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月6日). 2018年4月8日閲覧。
  14. ^ Brown scores 30, Celtics roll to 120-106 win over Bucks” (英語). ESPN.com (2018年4月17日). 2018年4月18日閲覧。
  15. ^ Tied up: Giannis' tip-in lifts Bucks over Celtics in Game 4” (英語). ESPN.com (2018年4月22日). 2018年4月23日閲覧。
  16. ^ セルティックスのジェイレン・ブラウンが第2戦での復帰を宣言”. NBA Japan (2018年5月2日). 2018年5月13日閲覧。
[ヘルプ]