ジェイ・ヤングブラッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジェイ・ヤングブラッド
プロフィール
リングネーム ジェイ・ヤングブラッド
ザ・レネゲード
シルバー・ストリーク
スティーブン・ロメロ
ニッキー・ロメロ
本名 スティーブン・ニクラス・ロメロ
ニックネーム 赤き狼
身長 180cm
体重 98kg(全盛時)
誕生日 1955年6月21日
死亡日 (1985-09-02) 1985年9月2日(30歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
サンバーナーディーノ郡フォンタナ[1]
トレーナー リッキー・ロメロ
ドリー・ファンク・ジュニア
テンプレートを表示

ジェイ・ヤングブラッド"The Renegade" Jay Youngblood、本名:Steven Nicolas Romero1955年6月21日 - 1985年9月2日)は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州フォンタナ出身[1]

インディアンギミックベビーフェイスとして活躍し、リッキー・スティムボートとのアイドル系タッグチームで人気を博した[2]。父親のリッキー・ロメロ、弟のマーク・ヤングブラッドクリス・ヤングブラッドもプロレスラーである。

来歴[編集]

デビュー当時は、父のリッキー・ロメロが主戦場としていたテキサス州アマリロ地区にて、シルバー・ストリークSilver Streak)のリングネームで活動[3]1976年2月27日にロメロとのコンビでNWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座を獲得している[4]

その後、ジェイ・ヤングブラッドJay Youngblood)に改名して、オレゴンおよびワシントン州をサーキット・エリアとする太平洋岸北西部のPNW(パシフィック・ノースウエスト・レスリング)にて活動。1977年10月には全日本プロレスに初来日、インディアン・レスラーの大御所ワフー・マクダニエルのパートナーを務めた[5]

1979年よりジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナNWAミッドアトランティック地区に進出して、リッキー・スティムボートとタッグを結成。同年10月24日、ポール・ジョーンズ&バロン・フォン・ラシクを破り、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を獲得した[6]。以降、レイ・スティーブンス&グレッグ・バレンタイン、スティーブンス&ジミー・スヌーカなどのチームと抗争を繰り広げ、同地区を代表する人気コンビとなる。1980年4月21日にはWWFにもゲスト出場、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてトーア・カマタ&ブルドッグ・ブラワーから勝利を収めた[7]

1981年は単身で古巣のPNWをサーキットし、NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を巡りバディ・ローズと抗争[8]1982年5月にはスティムボートと共に全日本に再来日、6月1日に札幌中島スポーツセンターにて大仁田厚NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座にも挑戦した[9]。全日本には同年11月の世界最強タッグ決定リーグ戦にもスティムボートとのコンビで出場[10]、開幕戦でのスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディミラクルパワーコンビとの対決は名勝負として語り草となった[11]

以降も本国ではNWAミッドアトランティック地区を主戦場にスティムボートと組んで活躍、1983年にはサージェント・スローター率いるコブラ・コープス(スローター、ドン・カヌードル&ジム・ネルソン)やブリスコ・ブラザーズ(ジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコ)とNWA世界タッグ王座を争った[6]

1984年よりマーク・ヤングブラッドとのインディアン兄弟コンビでフロリダのCWF(チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)に参戦して、1985年1月1日にクラッシャー・クルスチェフ&ジム・ナイドハートからNWA USタッグ王座を奪取[12]。その後も同王座を巡り、ココ・ウェアノーベル・オースチンのプリティ・ヤング・シングス(PYTエクスプレス)と抗争した。

同年9月2日、遠征先のニュージーランドで心臓発作を起こし死去[1]。30歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:4回[8]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:1回(w / ジョー・ライトフット)[14]
NWAオールスター・レスリング
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座(バンクーバー版):1回[15]
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ジョー・ベンチュラ)[16]
メープル・リーフ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Jay Nicklaus "Nicky" Youngblood”. Find a Grave. 2018年11月11日閲覧。
  2. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P59(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ Ricky Romero passes away”. SLAM! Sports (January 16, 2006). 2009年12月17日閲覧。
  4. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  5. ^ AJPW 1977 Giant Series”. Puroresu.com. 2015年9月14日閲覧。
  6. ^ a b c NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  7. ^ WWF on MSG Network”. Cagematch.net. 2015年9月14日閲覧。
  8. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  9. ^ AJPW Excite Series 1982 - Tag 16”. Cagematch.net. 2015年9月14日閲覧。
  10. ^ Real World Tag League 1982”. Cagematch.net. 2015年9月14日閲覧。
  11. ^ 『16文が行く (新装版) 』P153(1999年、ダイナミックセラーズ出版、ISBN 488493279X)
  12. ^ a b NWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  13. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年9月14日閲覧。
  14. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年9月14日閲覧。
  15. ^ NWA Pacific Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年9月14日閲覧。
  16. ^ NWA Canadian Tag Team Title [British Columbia]”. Wrestling-Titles.com. 2015年9月14日閲覧。
  17. ^ NWA Canadian Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年9月14日閲覧。